天理大学

人間学部教員・研究者情報

総合教育研究センター

助教 田中 喜行(タナカ ヨシユキ)
電子メール:
y-tanaka
このページを印刷

基本情報

学位 博士(経済学)神戸大学
担当科目 基礎ゼミナール<1臨床・福祉2> 基礎からわかる現代世界 基礎からわかる現代世界 経済学概論1 経済学概論2 経済学概論2 キャリアプランニング<宗教・臨床> キャリアプランニング<体育B> キャリアデザイン1 労働と社会
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 経済学 労働経済学
現在の研究課題 若年雇用、ニート、生活保護、結婚・出生
所属学会名 日本経済学会、日本経済政策学会、神戸大学経済経営学会

研究活動詳細

著書

  • 貧困問題と生活保護政策「日本の労働市場-経済学者の視点」第10章 (共著),有斐閣,pp. 261-284 2017年11月15日

論文

  • 日本における結婚・出生状況の地域差 (単著),国民経済雑誌 第217巻 第3号,pp. 83-93 2018年03月
  • Welfare Benefits and Labor Supply: Evidence from a natural experiment in Japan (共著),RIETI Discussion Paper Series 17-E-109 2017年08月
  • 欧州の長期失業者の推移と対策 (共著),日本労働研究雑誌 第651号 ,pp.45-60 2014年10月

その他

  • 口頭発表:What Prolongs the Duration of NEET Status for Youth?- Evidence from Japanese Panel Data (単著),日本経済政策学会 第76回 全国大会 2019年06月02日
  • 口頭発表:若年雇用対策の政策効果 〜ジョブカフェを例とした自然実験アプローチ〜 (単著),日本経済学会 2016年度秋季大会 2016年09月11日
  • 口頭発表:What Prolong the Duration of NEET Status?– Evidence from the Japanese Longitudinal Survey of Adults in the 21st century  (単著),Presentation Workshop for Young Economists 2016年03月26日
  • ポスター報告:若年雇用対策の政策効果 〜ジョブカフェを例とした自然実験アプローチ〜 (単著),第18回 労働経済学コンファレンス 2015年09月12日
  • ポスター報告:若年無業問題に関する一考察〜サーチ理論のインプリケーションの検証より〜 (単著),第16回 労働経済学コンファレンス 2013年09月12日

学会・社会活動等

一般活動

  •  大阪府 人事委員会 アドバイザー 給与関係検討会議にて年に1〜2度、統計学的見地から助言 2017年06月-現在まで

講演・公開講座等

  • 毎日新聞 和歌山版 「ひきこもり:子の感情に任せて 天理大助教ひきこもり経験を語る」 新聞記事 https://mainichi.jp/articles/20190708/ddl/k30/040/191000c 2019年07月08日

受賞

  • 創立50周年記念 第4回 社会科学特別奨励賞(凌霜賞)  公益財団法人 神戸大学六甲台後援会 2011年05月27日

外部資金による研究・活動等

  • 若年無業の経済分析 独立行政法人 日本学術振興会 特別研究員(DC2) 課題番号:14J05426 2014年04月01日-2016年03月31日
このページの先頭へ