天理大学

附属施設教員・研究者情報

おやさと研究所

講師 尾上 貴行(オノウエ タカユキ) ONOUE, Takayuki
電子メール:
t-onoue
このページを印刷

基本情報

学位 学士号(英米研究)天理大学
Graduate Diploma (Communications) & Master of Arts (Communications), National Centre for Australian Studies, Monash University
担当科目 建学の精神と現代社会<国文・韓国・日本・西伯・地域> 英語D(Reading)<B> 北アメリカ地域文化概論 北アメリカ地域文化概論 英語E(Reading)<C> 英語E(Reading)<D> 英語F(Rapid Reading)<B> アメリカス現代事情 アメリカス現代事情
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 日系移民研究、天理教海外伝道史、地域研究(オーストラリア、イギリス)
現在の研究課題 北米日系移民、天理教北米伝道史
所属学会名 天理大学アメリカス学会、日本移民学会、「宗教と社会」学会、オーストラリア学会、マイグレーション研究会

研究活動詳細

論文

  • 「戦前から戦後復興期のハワイ日系移民社会における天理教伝道に関する一考察」 (単著),天理大学おやさと研究所、『天理大学おやさと研究所年報』第24号,25~46頁 2018年03月26日
  • 「戦前のアメリカ日系移民社会における日系宗教 : 天理教の展開とその特徴について」 (単著),天理大学おやさと研究所、『天理大学おやさと研究所年報』第23号,25~46頁 2017年03月26日
  • 「アメリカ本土へ渡った『戦争花嫁』の異文化適応とアイデンティティ—『日米間の草の根親善大使』言説についての一考察—」 (単著),天理大学アメリカス学会、『アメリカス研究』第21号,49~85頁 2016年11月25日
  • “Japanese War Brides and Post-War Non-European Immigration Policy in Australia” (単著),天理インターカルチャー研究所「研究論叢」第9号,105~122ページ 2000年03月

その他

  • 口頭発表「カナダBC州の日系カナダ人と日系新宗教—戦前の天理教の活動を事例として—」 (単独),天理大学アメリカス学会2018年研究発表会 於天理大学 2018年07月14日
  • 口頭発表「日系人の文化活動とニューヨーク社会—ニューヨーク天理文化協会を事例として」 (単独),日本移民学会第28回年次大会 於南山大学 2018年06月24日
  • 書評「小山騰著『ロンドン日本人村を作った男 謎の興行師タナカー・ブヒクロサン1839-94』(藤原書店、2015年)」 (単著),『グローカル天理』第19巻2月号,13頁 2018年02月01日
  • 口頭発表「戦前の英国における日本人の歴史と天理教のロンドン伝道」 (単独),天理大学EU研究会 2017年12月21日
  • 口頭発表「戦時抑留所における日系人の食生活—逮捕・抑留体験者の日記、回顧録より」 (単独),マイグレーション研究会12月例会 於京都女子大学 2017年12月02日
  • 口頭発表「もっと結構」 (単独),おやさと研究所 研究報告会 2017年10月19日
  • 口頭発表「戦時強制収容と天理教—北米における天理教布教師たちの抑留体験」 (単独),日本移民学会第27回年次大会 於東洋大学 2017年06月25日
  • 口頭発表「戦前のアメリカ本土における天理教と日系移民社会」 (単独),おやさと研究所 研究報告会 2016年11月17日

学会・社会活動等

講演・公開講座等

  • 「もっと結構」 公開教学講座「『逸話篇』に学ぶ3」 ,天理大学おやさと研究所,天理教道友社 2017年10月25日
  • 「アメリカ伝道の開始と展開」 第8回伝道フォーラム「アメリカに渡った天理教—移民・戦争・青年の力—」,おやさと研究所,天理大学研究棟第一会議室 2017年03月27日

大学運営等

学生指導(課外活動など)

  • よふぼく会顧問  2017年11月-現在まで
このページの先頭へ