天理大学

文学部教員・研究者情報

歴史文化学科考古学・民俗学専攻

准教授 橋本英将(ハシモト ヒデマサ) HASHIMOTO Hidemasa
このページを印刷

基本情報

学位 修士(文学)京都大学
担当科目 考古学・民俗学基礎演習1 飛鳥・奈良時代の考古学 考古学・民俗学特講5 原書講読1 考古学実習1 考古学実習2 考古学実習3 考古学実習4 考古学・民俗学課題研究2<A> 卒業論文演習1<A><秋学期末成績発表> 卒業論文演習2<A> 博物館資料保存論<2012年度以降>
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 考古学・文化財科学
現在の研究課題 古墳時代から奈良時代の装飾大刀、金属生産史(日本・西アジア)
所属学会名 史学研究会、日本文化財科学会、古代学協会、日本西アジア考古学会
免許・資格等 博物館学芸員資格、X線作業主任者免許
経歴 1998年3月京都大学文学部史学科卒業(考古学)
2004年3月京都大学大学院博士後期課程指導認定退学(考古学)
2004年4月~2013年4月元興寺文化財研究所研究員
2013年5月~2014年3月東京国立博物館研究員
2014年4月~現職
メッセージ 天理大学は布留遺跡、石上神宮、杣之内古墳群などに囲まれた豊かな歴史的環境の中に位置し、研究室には最新の考古学調査、保存科学の方法を学ぶことのできる機材や設備が充実しています。加えて天理参考館には世界中の考古資料・民俗資料が所蔵されており、環境・設備・資料すべてにおいて恵まれたなかで考古学を学ぶことができます。

研究活動詳細

論文

  • 東大寺金堂鎮壇具—大刀を中心として— (単著),東大寺の新研究1東大寺の美術と考古、法蔵館,87-110 2016年03月31日
  • 龍・鳳凰・鬼—怪獣を纏った大刀— (単著),モノと図像から探る妖怪・怪獣の誕生、勉誠出版,107-127 2016年03月20日
  • 4.奈良時代の装飾大刀 (単著),『国宝東大寺金堂鎮壇具保存修理調査報告書』東大寺,273-278 2015年03月31日
  • 金銅装頭椎大刀の製作技術と佩用者像 (単著),『兵庫県香美町村岡文堂古墳』 大手前大学史学研究所研究報告大13号,163-176 2014年05月08日
  • 装飾大刀 (単著),『古墳時代の考古学第4巻 副葬品の型式と編年』同成社,95-110 2013年05月31日
  • 寺山古墳出土の象嵌刀装具 (単著),『明石を掘るII』発掘された明石の歴史展実行委員会,71-76 2012年11月
  • 陰劔・陽劔の発見と出土大刀の考古学的意義 (単著),『考古学雑誌』第96巻 第2号、日本考古学会,36-50 2012年06月
  • Chronological Position of Pottery (単著),『EL-ZAYYAN2007-2010』、Tokyo Institute of Technology,49-58 2012年03月
  • ものつくりの科学 鉄 (単著),『古墳時代の考古学 第8巻 隣接科学と古墳時代研究』、同成社,47-56 2012年03月
  • 中村1号墳出土装飾大刀群の位置付け (単著),『中村1号墳』 出雲市教育委員会,197-206 2012年03月
  • エジプト西方砂漠ハルガオアシスのローマ時代土器 (単著),『坪井清足先生卒寿記念論文集 埋文行政と研究のはざまで』、坪井清足先生の卒寿をお祝いする会,541-548 2010年11月
  • 金銅装頭椎大刀から検出されるAgの解釈 (単著),『遠古登攀—遠山昭登君追悼論文集—』、真陽社,1-16 2010年06月
  • 古墳時代刀剣の変遷に関する覚書 (単著),『元興寺文化財研究所研究報告2007』(財)元興寺文化財研究所,35-40 2008年03月
  • 「折衷系」装飾大刀考 (単著),『古代武器研究』第7号 古代武器研究会,50-57 2006年12月
  • らせん状柄巻きをもつ装飾大刀—中村1号墳出土大刀の検討から— (単著),『出雲市埋蔵文化財調査報告第16集』出雲市教育委員会,23-32 2006年03月
  • 双葉剣菱形杏葉の検討 (単著),『福井県遠敷郡上中町所在大谷古墳』上中町教育委員会,34-37 2005年03月
  • 心合寺山古墳出土の鉄製武具 (単著),『史跡心合寺山古墳整備事業報告書』八尾市教育委員会,133-143 2005年03月
  • 心合寺山古墳出土鉄製三葉環頭大刀の構造と意義 (単著),『史跡心合寺山古墳整備事業報告書』八尾市教育委員会,144-149 2005年03月
  • 伝統系装飾大刀の製作系譜 (単著),『元興寺文化財研究』№85元興寺文化財研究所,1-9 2004年07月
  • 外装からみる装飾大刀 (単著),『鉄器研究の方向性を探る』鉄器文化研究会・大手前大学,131-144 2003年11月
  • 刀剣装具の復元と位置づけ (単著),『史跡昼飯大塚古墳』大垣市教育委員会,439-447 2003年03月

その他

  • 岐阜県大野町における考古学調査(2015年) (共著),古事第20号、天理大学文学部歴史文化学科考古学・民俗学専攻,43-56 2016年03月31日
  • 西アジアに出現した大帝国の支配を探る—テル・レヘシュ遺跡第9次発掘調査— (共著),平成27年度考古学が語る古代オリエント 第23回西アジア発掘調査報告会報告集,15-19 2016年03月26日
  • コラム 龍 (単著),『モノと図像から探る怪異・妖怪の世界』 天理大学考古学・民俗学研究室(編),101-107 2015年03月20日
  • イスラエル国テル・レヘシュ遺跡第8次発掘調査(口頭発表) (小野塚拓造と共同),イスラエル考古学研究会 2014年12月20日
  • キトラ古墳出土遺物とその意義 (単著),『特別展キトラ古墳壁画』 東京国立博物館,99-102 2014年04月22日
  • 一夜塚古墳出土遺物調査報告書 (共編),朝霞市教育委員会 2011年03月
  • (図録)もの・ワザ・情報—古の匠に挑む— (編集),(宗)元興寺・(財)元興寺文化財研究所 2009年10月
  • ハンドヘルド蛍光X線を活用した古墳時代装飾大刀の調査(口頭発表) (単独),日本文化財科学会第26回大会、名古屋大学 2009年07月
  • エジプト西方砂漠ハルガオアシス、アル・ザヤーン神殿遺跡の発掘調査(口頭発表) (共同),日本西アジア考古学会発掘報告会、古代オリエント博物館 2008年03月
  • 鷹島海底遺跡出土大刀の構造復元—蒙古襲来の考古学的検討へ向けて—(口頭発表) (共同),東アジア文化遺産保存国際シンポジウム2007、大韓民国国立中央博物館 2007年11月
  • 装飾大刀の佩用者論(口頭発表) (単独),第7回古代武器研究会、滋賀県立大学 2006年01月
  • ヤマトの大刀とエミシの大刀—材質・技法・デザインにみる地域間交流—(口頭発表) (共同),日本文化財科学会第22回大会、北海道大学 2005年07月

学会・社会活動等

一般活動

  •  日本考古学会幹事 2013年06月01日-現在まで

講演・公開講座等

  • 東大寺金堂鎮壇具 -大刀を中心に- 東大寺金堂鎮壇具について、大刀を中心に発見の経緯、派生する問題などについて講演した。,東京国立博物館・東大寺,東京国立博物館平成館大講堂 2013年10月30日
  • 鎮壇具の大刀について 東大寺金堂鎮壇具の大刀について、発見の経緯、派生する論点、大刀の構造について講演をおこなった。,東大寺,東大寺総合文化センター 2013年04月
  • 陰劔・陽劔の発見と出土大刀の考古学的意義 東大寺金堂鎮壇具より発見された陰陽剣の考古k学的意義について講演をおこなった。,日本考古学会,東京文化財研究所 2011年05月

外部資金による研究・活動等

  • ポータブル蛍光X線分析計を活用した装飾大刀の網羅的調査研究  日本列島古墳時代の装飾大刀全般について、ポータブル蛍光X線分析計による、製作技法の調査を網羅的に実施した。装飾大刀製作技法の変遷を解明するための基礎となるデータを収集することができた。,科学研究費補助金(若手A) 2007年04月01日-2009年03月31日
このページの先頭へ