天理大学

人間学部教員・研究者情報

人間関係学科社会福祉専攻

准教授 鳥巣佳子(トリス ケイコ) Torisu Keiko
電子メール:
k-tori
このページを印刷

基本情報

学位 修士(社会福祉学)日本福祉大学
担当科目 人間論5 人間関係学概論1 ソーシャルワーク論1 ソーシャルワーク論2 社会福祉学演習3 医療社会福祉論 社会福祉学演習4 ソーシャルワーク実習 ソーシャルワーク実習指導2<b> ソーシャルワーク実習指導3<b> 社会福祉学演習5 社会福祉学演習6 精神保健福祉援助実習指導1
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 医療ソーシャルワーク
現在の研究課題 周産期医療における家族支援、児童虐待予防のための多機関連携、現任者教育
所属学会名 日本社会福祉学会、日本医療社会福祉学会、日本ソーシャルワーク学会
免許・資格等 社会福祉士・認定社会福祉士(医療分野)・精神保健福祉士・認定医療社会福祉士・介護支援専門員
経歴 医療ソーシャルワーカーとして大阪厚生年金病院・兵庫医科大学病院などで勤務。2014年4月より現職。
メッセージ 最近は、周産期・小児医療においてソーシャルワークがどのように展開されることがクライエントの幸せにつながるかということを研究しています。
人間は、生きるうえで社会での生活困難に陥るときがあります。そんなときにその人と一緒に歩んで小さな灯りをともすのが社会福祉の力だと考えています。天理大学の恵まれた環境で仲間や教員と共に学び成長していきましょう。

研究活動詳細

著書

  • 介護・福祉の支援人材養成開発論 (共著),勁草書房,34-39,104-108,161-164 2016年08月20日
  • 社会福祉の理論と制度(福祉の基本体系シリーズ8) (共著),勁草書房,133-144  2010年
  • 医療福祉相談ガイド (共著),中央法規,8063-8072  2007年

論文

  • 1年次学生への社会福祉演習教育とその効果—自己評価評定数値の変化とコメントに注目して (共著),天理大学社会福祉学研究室紀要第18号,81-94 2016年03月22日
  • 電話相談における医療ソーシャルワークの意味—その限界と可能性— (単著),医療社会福祉研究 第22巻・第23巻,51-65 2015年03月31日
  • 天理大学社会福祉演習教育とその効果—達成課題別到達度自己評価結果の分析 (共著),天理大学社会福祉学研究室紀要第17号,69-80 2015年03月20日
  • 周産期・新生児医療におけるソーシャルワークに関する調査研究 (共著),医療と福祉42巻2号,26-34 2009年
  • 関係機関を支える技術援助-兵庫県老人性認知症センターの実践と考察- (共著),医療と福祉41巻2号,32-37 2008年
  • 実験的面接での応答の長さに及ぼす質問の流れの効果 (共著),奈良教育大学紀要40巻1号,199-212  1991年

その他

  • 口頭発表:精神疾患合併妊婦に対する周産期ソーシャルワークへの取り組みと課題—6年間のチーム医療における活動の報告- (共同),第62回公益社団法人日本医療社会福祉協会全国大会・第34回日本医療社会事業学会 2014年05月24日
  • 口頭発表:MSWの専門職化のプロセス分析—実習指導者講習会の側面より— (共同),第59回日本医療社会事業全国大会・第31回日本医療社会事業学会 2011年
  • 口頭発表:医療ソーシャルワーカーの実習指導に関する考察—実習指導者養成認定研修会プログラムが提起するもの— (共同),第58回日本医療社会事業全国大会・第30回日本医療社会事業学会 2010年
  • 口頭発表:脳腫瘍患者におけるソーシャルワーカーの関わり方について (共同),第58回日本医療社会事業全国大会・第30回日本医療社会事業学会 2010年
  • 口頭発表:アスベスト疾患患者にソーシャルワーカーが関わる意義—当院での実践を振り返って— (共同),第57回日本医療社会事業全国大会・第29回日本医療社会事業学会 2009年
  • 口頭発表:老人性認知症センターのソーシャルワーク実践の内実調査—認知症者と家族への電話相談を通して— (単独),日本医療社会福祉学会第19回大会 2009年
  • 口頭発表:老人性認知症センターの電話相談におけるソーシャルワーク実践の意義と役割—ソーシャルワーカーの相談者理解のプロセスの質的調査を通して— (単独),日本社会福祉学会第57回全国大会 2009年
  • 口頭発表:周産期・新生児期からの生活支援における医療ソーシャルワークの現状把握と課題解決を目指して (共同),第56回日本医療社会事業全国大会・第28回日本医療社会事業学会 2008年
  • 口頭発表:関係機関を支える技術援助-兵庫県老人性認知症センターの実践と考察- (共同),日本医療社会福祉学会第16回大会 2006年
  • 口頭発表:ソーシャルワーク部門における受付業務の検証-リスクマネジメントの視点から- (共同),日本医療社会福祉学会第15回大会 2005年

教育活動詳細

作成した教科書、教材、参考書

  • 『介護福祉学への招待』(クリエイツかもがわ)  2015年04月30日
  • 『ソーシャルワーク実習 養成校と実習先との連携のために』(久美)  2011年12月09日

教育方法・教育実践に関する発表、講演等

  • 福祉系大学生への医療機関における現場体験提供への試み—現場から教育機関との連携を考える—  2007年

学会・社会活動等

一般活動

  •  (公社)日本医療社会福祉協会実習指導者養成研修担当員 2015年06月-現在まで
  •  日本医療社会福祉協会 研修部実習指導者養成研修担当会議委員 2009年06月-2015年06月
  •  日本医療社会福祉協会 調査研究部小児支援担当会議委員 2008年11月-2012年03月

講演・公開講座等

  • 「ツナグ~子ども家族と医療と地域」~児童虐待対応におけるMSWの活躍~(シンポジウム) 日本子ども虐待医学研究会,大阪市 2014年05月31日
  • メンタルヘルス問題を抱えた妊産婦と家族への周産期支援—兵庫医科大学病院の実践—(講演) 支援が必要な妊産婦の早期発見・早期支援体制の構築事業に係る研修会,宝塚市 2013年06月
  • 周産期医療チームにおける精神疾患合併妊婦への支援—ソーシャルワーカー介入事例の分析—(口頭発表) 平成24年度兵庫県医師会周産期医療事例検討会,神戸市 2013年03月
  • 虐待の今を考える~地域ネットワーク構築の視点から~(シンポジウム) 平成23年度兵庫県看護協会助産師職能集会,神戸市 2011年06月
このページの先頭へ