天理大学

文学部教員・研究者情報

国文学国語学科

准教授 佐藤愛弓(サトウ アユミ) sato ayumi
電子メール:
sato-ayu
このページを印刷

基本情報

学位 博士(文学)(名古屋大学)
担当科目 基礎ゼミナール<2国文2> 中世文学講読1 中世文学講読2 作品研究3 中世文学特論1 中世文学特論2 国文学演習(中世)1 国文学演習(中世)2 卒業論文演習1<C><秋学期末成績発表> 卒業論文演習2<C>
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 中世文学
現在の研究課題 説話文学
所属学会名 中世文学会会員 説話文学会会員 仏教文学会会員 韓国日本文化学会会員 日本文学協会会員 全国大学国語国文学会会員
経歴 博士(文学)(名古屋大学) 名古屋大学文学部COE研究員(2003年1月〜2004年3月) 日本学術振興会特別研究員(PD)(2004年4月〜2007年3月) 大谷大学文学部任期制助教(2009年4月〜2012年3月)

研究活動詳細

著書

  • 『中世真言僧の言説と歴史認識』 (単著),勉誠出版,P720 2015年02月27日

論文

  • 〔翻刻〕真福寺大須文庫蔵『袈裟表相』 (単著),『山辺道』第55号,P31-P40 2014年03月31日
  • 真言僧における政治と文学—慈尊院栄海を中心として— (単著),『中世文学と寺院資料・聖教』〈中世文学と隣接諸学2〉(竹林舍),p576〜p593 2010年10月
  • 袈裟と女人-真福寺大須文庫蔵『袈裟表相』を中心として- (単著),『説話文学研究』(説話文学会)第45号,p114〜p125 2010年07月
  • 大谷大学図書館蔵『小野六帖事』について-付翻刻— (単著),『大谷大学真宗総合研究所紀要』(真宗総合研究所)第27号,p51〜p67 2010年03月
  • 鳥羽宝蔵と勧修寺流 (単著),『勧修寺論輯』(勧修寺聖教文書調査団)第5号,p5〜p26 2009年07月
  • 『真言伝』における仏法と王法(二)-摂関家関係説話を中心として- (単著),『唱導文学研究』第7集(三弥井書店),p107〜p136 2009年05月
  • 「儼避羅抄」「釈門三十六人歌合」「古今和歌相伝灌頂次第」「太平記理尽抄」 (単著),『近世仏教文化文献の基礎的研究』(大谷大学真宗総合研究所),p20、p21、p42、p43 2009年03月
  • 『真言伝』の冒頭話について (単著),『文芸論叢』(大谷大学国文学会)第72号,p13〜p26 2009年03月
  • 調査経緯報告ならびに調査目録 (単著(編)),『近世仏教文化文献の基礎的研究』(大谷大学真宗総合研究所),p47〜p65 2009年03月
  • 書評「清水眞澄著『音声表現思想史の基礎的研究—信仰・学問・支配構造の連関—』 (単著),『日本文学』(日本文学協会)第58巻、第1号,p66〜p68 2009年01月
  • 『釈教三十六人歌仙図』の編纂について—栄海における和歌と国家— (単著),『仏教文学』(仏教文学会)第32号,p13〜p25 2008年03月
  • 慈尊院栄海の活動と言説—『真言伝』の編纂から入滅まで— (単著),『勧修寺論輯』(勧修寺聖教文書調査団)第3・4合併号,p25〜p44 2007年07月
  • 聖教に記された夢—慈尊院栄海の夢想記述— (単著),『説話文学研究』(説話文学会)第42号,p42〜p53 2007年07月
  • 『応長元年具支日記』について (単著),『科学研究費基盤研究(B)「中世寺院の知的体系の研究」報告書』,p146〜p152 2007年03月
  • 栄海作『滅罪講式』について—その本文の特徴と背景— (単著),『唱導文学研究』第5集(三弥井書店),p88〜p108 2007年03月
  • 真福寺大須文庫基幹聖教抄出目録 (単著),『科学研究費基盤研究(B)「中世寺院の知的体系の研究」報告書』,p218〜p271 2007年03月
  • 慈尊院栄海における宗教と文学 (単著),『中世文学』(中世文学会)第51号,p50〜p60 2006年06月
  • 『伊呂波略釈』解題ならびに翻刻 (単著),『豊田史料叢書』(第十八回配本)猿投神社聖教典籍目録(豊田市教育委員会),p222〜p229 2005年03月
  • 慈尊院栄海の活動と言説—『真言伝』の編纂まで— (単著),『勧修寺論輯』(勧修寺聖教文書調査団)第2号,p5〜p24 2005年03月
  • 栄海作『弘法大師講式』について—付翻刻— (単著),『唱道文学研究』第4集(三弥井書店) ,p47〜p66 2004年10月
  • 頭を打ち砕かれる天狗—真言僧栄海における天狗像を中心に— (単著),『日本文化学報』(韓国日本文化学会)第21輯 ,p115〜p132 2004年05月
  • 『伝法灌頂師資相承血脈』と『血脈類集記』 (単著),『名古屋大学比較人文年報』(名古屋大学文学研究科比較人文研究室)第4集,p95〜p112 2004年03月
  • 栄海作「題未詳講式」について (単著),『勧修寺論輯』(勧修寺聖教文書調査団)第1号,p71〜p76 2004年03月
  • 真言僧における夢の機能について—灌頂の場を中心に— (単著),『説話・伝承学』(説話・伝承学会)第12号,p28〜p40 2004年03月
  • 翻刻・索引『伝法灌頂師資相承血脈』 (共著),『名古屋大学比較人文年報』(名古屋大学文学研究科比較人文研究室)第4集,p1〜p67 2004年03月
  • 灌頂と夢想——『杲宝入壇紀』を中心に—— (単著),『SITES 統合テクスト科学研究』(名古屋大学大学院文学研究科COE)VOL.1,NO.2,p137〜p158 2003年10月
  • 真言僧栄海における天狗像—『杲宝入壇記』を中心として— (単著),『説話文学研究』(説話文学会)第38号 ,p34〜p43 2003年06月
  • 『真言伝』における浄蔵伝の形成について (単著),『名古屋大学国語国文学』(名古屋大学国語国文学会)第90号 ,p31〜p46 2002年07月
  • 共同翻刻天理図書館蔵「鶴林寺本太子伝」 (共著),『磯馴帖』伊藤正義先生古稀記念古典研究資料集〔村雨篇〕(和泉書院),p239〜p307 2002年07月
  • 『日本古典文学を読む』担当「空海」「往生伝・神仙伝」「十訓抄」「幸若舞と説教節」 (共著),「空海」「往生伝・神仙伝」「十訓抄」「幸若舞と説教節」,p32〜p33、p74〜p75、p148〜p149、p194〜p195 2002年02月
  • 中世の高僧伝(僧伝から高僧伝へ)—『真言伝』と『元亨釈書』—、(シンポジウム「僧伝の系譜」報告Ⅱ) (単著),『仏教文学』(仏教文学会)第25号,p9〜p18 2001年03月
  • 『真言伝』における相応伝の形成 (単著),『唱導文学研究』第3集(三弥井書店)  ,p112〜p133 2001年02月
  • 『真言伝』における仏法と王法—その宣揚の文脈について— (単著),『唱導文学研究』第2集(三弥井書店) ,p110〜p128 1999年02月
  • 新刊紹介『冷泉家時雨亭叢書隠岐本新古今和歌集』 (単著),『名古屋大学国語国文学』(名古屋大学国語国文学会)第80号 1997年07月
  • 栄海の著作活動としての『真言伝』 (単著),『説話文学研究』(説話文学会)第32号,p59〜p68 1997年06月
  • 『釈門三十六人歌仙絵』の構想について (単著),『女子大文学』国文篇(大阪女子大学国語国文学会)第48号,p15〜p27 1997年03月
  • 『真言伝』における往生ということ (単著),『仏教文学』(仏教文学会)第19号,p76〜p87 1995年03月

その他

  • 口伝・記録と説話—寺院資料を中心に— (単著),全国国語国文学会(於同志社女子大学) 2010年06月
  • 袈裟と女人—真福寺大須文庫所蔵『袈裟表相』について— (単著),説話文学会(於奈良女子大学) 2009年06月
  • 『真言伝』における仏法と王法—摂関家関係説話を中心に— (単著),仏教文学会(於大谷大学) 2008年01月
  • 栄海における和歌と国家—『釈教三十六人歌仙絵』の編纂を中心に』— (単著),仏教文学会(於京都女子大学) 2006年09月
  • 聖教に記された夢 (単著),説話文学会大会(於仏教大学) 2006年06月
  • 慈尊院栄海における宗教と文学 (単著),中世文学会秋季大会(於琉球大学) 2005年11月
  • 灌頂と夢想 (単著),説話・伝承学会(於キャンパスプラザ京都) 2003年09月
  • 中世真言僧における文学 (単著),韓国日本文化学会(於大田大学校、韓国大田広域市) 2002年10月
  • 真言僧栄海における天狗説話—『真言伝』と『杲宝入壇記』をめぐって— (単著),説話文学会例会(於愛知淑徳大学) 2001年12月
  • シンポジウム【高僧伝の系譜】中世の高僧伝—僧伝から高僧伝へ— (単著),仏教文学会例会(於大阪女子大学) 1999年11月
  • 栄海の著作活動と『真言伝』 (単著),説話文学会春季大会 (於國學院短期大学) 1996年06月
  • 『真言伝』の定位 (単著),仏教文学会春季大会 (於仏教大学) 1994年06月
このページの先頭へ