天理大学

人間学部教員・研究者情報

人間関係学科臨床心理専攻

准教授 松井華子(マツイ ハナコ)
このページを印刷

基本情報

学位 修士(教育学)京都大学大学院
博士(教育学)京都大学大学院
担当科目 臨床心理面接特論2 臨床心理実習1<2コマ登録> 臨床心理実習2<2コマ登録> 心理療法特論 臨床心理学課題研究 人間関係学概論2 臨床心理学入門演習2 臨床心理学概論2 臨床心理学課題演習1 臨床心理学課題演習2 プレイセラピー実習<2コマ登録> 臨床心理学研究演習1 臨床心理学研究演習2
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 臨床心理学
現在の研究課題 現代の心理臨床における描画法の意義について
所属学会名 日本心理臨床学会、日本箱庭療法学会、日本ユング心理学会

研究活動詳細

著書

  • 心理臨床における見立て——出会いと主体の生成をめぐって  (共著),心理療法における「私」との出会い: 心理療法・表現療法の本質を問い直す (京大心理臨床シリーズ10) ,78-84 2014年04月03日

論文

  • セラピストは何を目指すのか-「肉体言語」が生ずる場としての心理臨床- (単著),天理大学カウンセリングルーム紀要,61-66 2014年02月
  • 描画法の現代的意義に関する心理臨床学的研究 —否定の作用と主体の生成に着目してー (単著),学位論文(京都大学) 2013年05月23日
  • 詩の“ことば” (単著),東洋英和女学院大学心理相談室紀要 第16号,pp.1-5 2013年04月06日
  • 心理臨床における混沌からの「出会い」について (単著),東洋英和女学院大学心理相談室紀要 第15号,74-81 2012年04月07日
  • 風景構成法における彩色過程の基礎的研究—彩色指標作成の試み— (共著),箱庭療法学研究,25(1),103-110 2012年
  • 山と里の間に生きること〜「タヌキ」イメージを手がかりに〜 (単著),東洋英和女学院大学心理相談室紀要 第14号,57-67 2011年04月02日
  • 風景構成法から見た対人恐怖的心性について-自己意識のあり方に着目して- (単著),箱庭療法学研究,24(2),21-37 2011年
  • 風景構成法における彩色過程 (単著),ぎょうせい発行、現代のエスプリ 第505号,120-128 2009年08月
  • 風景構成法の彩色過程研究の可能性について (単著),京都大学大学院教育学研究科紀要 第55号,215-225 2009年03月

学会・社会活動等

講演・公開講座等

  • 発達障害が疑われるケースの査定をめぐって シンポジストとして参加。発達障害が疑われる事例の査定のあり方について、特に風景構成法について検討。,包括システムによる日本ロールシャッハ学会,山梨英和大学 2013年06月29日-2013年06月30日
  • こころの相談室から 大学院附属心理相談室における心理臨床活動について、広く一般へ知っていただくための公開講座。,東洋英和女学院大学生涯学習センター・東洋英和こころの相談室,東洋英和女学院大学 2012年10月19日-2012年11月02日
このページの先頭へ