天理大学

体育学部教員・研究者情報

体育学科

教授 中谷敏昭(ナカタニ トシアキ) NAKATANI Toshiaki
電子メール:
toshiaki
ホームページURL
http://www.eonet.ne.jp/~toshiaki
このページを印刷

基本情報

学位 博士(医学)(奈良県立医科大学)
体育学修士(筑波大学体育研究科)
担当科目 体育・スポーツ学特論 スポーツ科学研究法 体育学特別研究I<D> 体力科学特論 体力科学演習 体育学特別研究II<D> 体育学特別研究III<D> 体力学(体力診断の理論と体力測定法を含む)<A> 体力学(体力診断の理論と体力測定法を含む)<B> スポーツ方法(スキー)<秋期集中> スポーツ方法(スケート)<秋期集中> スポーツ方法(バドミントン)<A> スポーツ方法(バドミントン)<B> スポーツ方法(バドミントン)<C> 体育学演習1<K> 体育学演習2<K> 社会体育・スポーツ指導実習 体育学特別演習1<A> 体育学特別演習2<A> 卒業研究<I>
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 体育測定評価学 体力トレーニング論 運動生理学 バドミントン スキー
現在の研究課題 若年者から高齢者が共通で実施できる体力テスト種目と評価法の開発 自立高齢者および虚弱高齢者を対象とした身体トレーニングの効果と中止の影響 「じきんじゅば」運動の地域への普及
所属学会名 日本体力医学会,日本運動生理学会,日本体育学会,日本体育測定評価学会,アメリカスポーツ医学会,ヨーロッパスポーツ科学会,日本ノルディックウォーク学会,奈良体育学会
免許・資格等 中学校・高等学校教諭専修教員免許状(保健体育)
日本体育協会公認コーチ(バドミントン)・公認指導員(ソフトボール)
日本バドミントン協会2級公認審判員
全日本スキー連盟スキー正指導員・A級公認検定員,同スノーボード1級
赤十字救急法救急員
経歴 日本体育測定評価学会 常任理事(2009年〜),日本運動生理学会 評議員(2009年〜),日本体育学会 評議員(2014~),日本体力医学会 評議員(1999年〜),奈良体育学会 会長(2014~),全日本ノルディック・ウォーク連盟 理事,日本バドミントン協会普及指導開発部 委員,奈良県バドミントン協会 常任理事,奈良県スキー連盟 常任理事
筑波大学体育専門学群卒業(体育学士)
筑波大学大学院修士課程体育研究科コーチ学専攻修了(体育学修士)

筑波大学体育センター 文部技官(1990年8月)
  同 助手(1992年3月)
天理大学体育学部 助手(1992年4月)
  同 講師(1993年4月)
  同 助教授(1998年4月)
  同 教授(2005年4月)現在に至る.

筆頭研究者として,平成26年度日本体育測定評価学会第14回大会 兼 測定評価研究50周年記念大会 優秀発表賞受賞(2014年3月),平成25年度日本体育学会 測定評価専門領域 優秀発表賞受賞(2013年8月),平成22年度日本体育測定評価学会 学会賞受賞(2011年3月),平成15年度日本体育学会 学会賞(2003年9月),第60回日本体力医学会桃太郎アワード(マスカット賞)受賞(2005年9月),研究代表者として研究助成(民間財団)8件受賞,科学研究費補助5件,学術研究振興資金2件,受託研究6件,私学助成(研究設備)5件
メッセージ スポーツ・健康に関する素朴な疑問を解明したいと思っている人やスポーツ科学に興味のある人とともに学びたいと思います.「Where there is a will, there is a way」

研究活動詳細

著書

  • Medical Nordic Walking ノルディック・ウォークの医科学的基礎 (共著),一般社団法人全日本ノルディック・ウォーク連盟,16頁-21頁 2016年04月21日
  • 健康・スポーツ科学教科書シリーズ(全11巻) (編集・共著),化学同人,全11巻(編集)1巻「体力学」は第1章・2章担当 2013年04月
  • 地域高齢者のための転倒予防ー転倒の基礎理論から介入実践までー (共著),杏林書院,211頁-215頁 2012年03月20日
  • 医療からスポーツ現場まで驚きの効果を上げる 驚異のノルディックウォーキング (共著),ぎょうせい,抽出不可能 2010年09月01日
  • 『最新スポーツ科学事典』,「体力テスト:パワーテスト・筋持久力テスト・筋力テスト・巧緻性テスト・柔軟性テスト・瞬発力テスト・スキルテスト・全身持久力テスト・調整力テスト・敏捷性テスト・平衡性テスト」 (共著),平凡社,634頁〜636頁 2006年09月25日
  • 『運動生理学』 (共著),化学同人,51頁〜67頁(第4章),125頁〜130頁(第11章),131頁〜136頁(第12章) 2005年03月15日
  • 『ウィニング・バドミントン・シングルス』 (共訳),大修館書店,80頁〜102頁(第6章) 1990年12月15日

論文

  • 自覚的疲労スケールを用いた連続ジャンプが直後の足圧中心動揺に及ぼす影響 (共著),奈良体育学会研究年報20,36頁~41頁 本人分担当抽出不可  2016年03月31日
  • 虚弱高齢者における椅子からの立ち上がり能力 (共著),奈良体育学会研究年報20,30頁~35頁 全頁担当 2016年03月31日
  • 中学生男子野球部員に対する教育的介入を用いたhome-basedによる自重負荷トレーニング導入の試み (共著),天理大学学報242,1頁~9頁 本人分担当抽出不可  2016年03月20日
  • バドミントン選手におけるオンコートでの専門的フィジカルテストの信頼性と妥当性 (共著),トレーニング科学25(4),283頁~290頁 全頁担当  2015年03月
  • 活動筋の自覚的疲労スケールを用いた膝伸展運動における筋活動量の変化 (共著),奈良体育学会研究年報 18,51頁~56頁 全頁担当 2014年03月31日
  • 中高年男性における静止立位時の姿勢保持能力と下肢筋パワー発揮様式との関係 (共著),体育測定評価研究 13,9頁~16頁 本人分担当抽出不可 2014年03月
  • コーディネーション運動が幼児の運動能力に与える効果-投球・捕球能力の量的変化と質的変化- (共著),発育発達研究59,27頁〜40頁 本人分担当抽出不可 2013年05月
  • 一般健常高齢者を対象とした椅座位体前屈テストの信頼性と妥当性および標準値 (共著),体育測定評価研究 12,17頁〜24頁 本人分担当抽出不可 2013年03月
  • 幼稚園児における運動技能の質的評価と運動能力の縦断的変化 (共著),奈良体育学会研究年報17,31頁〜36頁 本人分担当抽出不可 2013年03月
  • 自覚的疲労スケールを用いた複合的なトレーニングが下肢の筋機能に及ぼす効果の年代比較 (共著),教育医学 58(3),255頁〜263頁 本人分担当抽出不可 2012年11月
  • 運動継続の支援方法としての携帯電話の利用可能性 (共著),公衆衛生 77(1),79頁〜83頁 本人分担当抽出不可 2012年10月
  • 活動筋の自覚的疲労感を強度の指標とした自重負荷トレーニングの有効性:中高年者を対象とした無作為化比較対照試験による検討 (共著),体育学研究 第57巻,191頁〜199頁 本人分担当抽出不可 2012年06月
  • 大学体育におけるステップトレーニングが女子学生の体力および運動実施を規定する心理社会的要因に及ぼす影響について (共著),体育・スポーツ教育研究 第12巻1号,10頁〜19頁 本人分担当抽出不可 2012年03月
  • 8秒間の自転車全力ペダリングテストの信頼性と妥当性および無酸素性ピークパワーの加齢変化 (共著),体育測定評価研究.10,51頁〜59頁 2011年03月01日
  • 中高年者に対する自覚的疲労感に基づく強度を用いた自重負荷トレーニングの有効性 (共著),奈良体育学会研究年報第15巻,37頁〜42頁 本人分担当抽出不可 2011年03月
  • 中高年者に対する自覚的疲労感に基づく強度を用いた自重負荷トレーニングの有効性 (共著),奈良体育学会研究年報.15,37頁〜42頁 2011年03月
  • 中高年者を対象とした機能的体力評価のためのテスト・バッテリー (共著),奈良体育学会研究年報 第15巻,43頁〜48頁 全頁担当 2011年03月
  • 徒手セルフマッサージによるセルフケアを加えた監視・非監視併用型の健康づくりトレーニングの効果 (共著),健康医科学26,68頁〜77頁 本人分担分抽出不可 2011年03月
  • 徒手セルフマッサージによるセルフケアを加えた監視・非監視併用型の健康づくりトレーニングの効果 (共著),健康医科学.26,68頁〜77頁 2011年03月
  • 地域の公共施設に脚の健康度を測定評価できる機器設置と介護予防運動教室の効果検討-脚の健康度を自らが知り低下予防に役立てる- (共著),大阪ガスグループ福祉財団研究・調査助成報告書.23,93頁〜99頁 2010年06月
  • Increasing the number of steps walked each day improves physical fitness in Japanese community-dwelling adults (共著),International Journal of Sports Medicine.31,277頁〜282頁 2010年04月
  • 筋力運動で用いる自覚的疲労スケールの開発とトレーニングへの応用  (共著),体育測定評価研究.9,23頁〜31頁 2010年03月
  • 中高齢者のスポーツ障害予防・治療のための実際-ウォーキング- (共著),臨床スポーツ医学.27,951頁〜956頁 本人分担当抽出不可 2010年
  • 2年間の横断的及び縦断的データからみた高齢者の体力の加齢に伴う変化 (共著),教育医学.56,160頁〜170頁 2010年
  • 肩関節の水平屈曲および水平伸展動作を用いた筋力テストの信頼性 (共著),天理大学学報第218輯,1頁〜7頁 2009年03月
  • 一般在宅健常高齢者を対象としたアップアンドゴー テストの有用性 (共著),日本運動生理学雑誌.15(1),1頁〜10頁 2009年01月
  • 目的に応じたノルディックウォーキング手法の確立 (共著),ウォーキング研究.13,27頁〜32頁 2009年
  • 高齢者におけるウォーキング教室の評価 (共著),日本臨床スポーツ医学.25,1035頁〜1041頁 2008年
  • Home-Based Walking Improves Cardiopulmonary Function and Health-Related QOL in Community-Dwelling Adults (共著),International Journal of Sports Medicine. 28,1040頁〜1045頁 2007年11月
  • 体力の概念 (単著),総合リハビリテーション,687頁〜693頁 2007年07月10日
  • インターネット活用型運動プログラムとは? (共著),肥満と糖尿病.6(3),500頁〜502頁 2007年03月
  • 保育内容・領域「健康」からみた幼児の瞬発力と下肢筋力測定について-性・年齢の影響と新しい測定に対する子ども達の反応- (共著),福岡女学院大学紀要 人間関係学部.8,51頁〜56頁 2007年03月
  • 女子学生の椅子立ち上がりテスト成績と体力およびSAQ能力との関係 (共著),福岡女学院大学紀要 人間関係学部.8,45頁〜50頁 2007年03月
  • 運動時間と休息時間を一定にした間欠的トレーニング時の心拍数変動 (共著),天理大学学報 第215輯,17頁〜24頁 2007年03月
  • 高校生における運動部活動実施の有無が30秒椅子立ち上がりテストと体力・運動能力に及ぼす影響 (共著),天理大学学報第212輯,1頁〜8頁 全頁担当 2006年02月01日
  • 高校生を対象とした30秒椅子立ち上がりテスト成績と体力・運動能力との関係 (共著),体育の科学 第55巻第10号,801頁〜805頁 全頁担当 2005年10月01日
  • 特別養護老人ホームに居住する虚弱高齢者の下肢筋機能と歩行能力 (共著),体育・スポーツ年報21,15頁〜20頁 2005年03月20日
  • ゲートボールを愛好している高齢男性の歩行能力、バランス能力、下肢筋力と日常生活活動度との関係 (共著),体育・スポーツ年報 第20巻,18頁〜23頁 本人分担当抽出不可 2004年03月26日
  • 健康増進プログラムとしてのWell-rounded Trainingの有効性 (単著),健康医科学 第19巻,53頁〜61頁 2004年03月26日
  • 高齢者用フィットネステストの提案 (単著),奈良体育学会研究年報 第8巻,63頁〜66頁 2004年03月23日
  • 硬式野球選手におけるバットスイング反応時間の検討 (共著),天理大学学報 第206輯,23頁〜32頁 本人分担当抽出不可 2004年02月26日
  • 椅子からの立ち上がり動作を利用した下肢筋力評価法 (共著),体力科学 第53巻1号,183頁〜188頁 全頁担当 2004年02月01日
  • Effects of exposure to cigarette smoke at different dosage levels on EDL muscle fibers in WKY and SHR (共著),Clinical and experimental Pharmacology and Physiology 30,671頁〜677頁 全頁担当 2003年09月20日
  • Cell size and oxidative enzyme activity of type-identified fibers in rat hindlimb muscles : a review (共著),Acta Histochemica et Cytochemica. 36 (2),105頁〜114頁 全頁担当 2003年06月10日
  • Nicotine-Induced Inflammatory Decreasing Effect on Passive Skin Arthus Reaction in Paraventricular Nucleus-Lesioned Wistar Rats (共著),Pharmacology and Toxicology. 92(3),125頁〜130頁 本人分担当抽出不可 2003年06月06日
  • レギュラーシーズンにおけるトレーニングが女子ソフトボール選手の筋力、筋パワー、敏捷性能力に及ぼす影響 (共著),体育測定評価研究 第2巻,41頁〜48頁 全頁担当 2003年04月06日
  • 若草山ハイキング登山時の運動負荷量の推定 (共著),奈良体育学会研究年報 第7巻,87頁〜92頁 全頁担当 2003年03月28日
  • 中学生野球選手におけるバットスイング反応時間に関する妥当性の検討 (共著),天理大学学報 第203輯,69頁〜77頁 本人分担当抽出不可 2003年03月24日
  • 女子平泳ぎ選手の等速性筋力特性と下肢筋機能 (共著),天理大学学報 第203輯,37頁〜43巻 全頁担当 2003年03月24日
  • 30秒椅子立ち上がりテスト(CS-30テスト)成績の加齢変化と標準値の作成 (共著),臨床スポーツ医学 第20巻第3号,349頁〜355頁 全頁担当 2003年03月01日
  • 介護施設に居住する高齢女性の日常生活自立度と下肢筋機能 (共著),体育・スポーツ年報 第19巻,23頁〜28頁 本人分担当抽出不可 2003年03月01日
  • Fiber type distribution, cross-sectional area, and succinate dehydrogenage activity of soleus and extensor digitorum longus muscles in spontaneously hypertensive rats (共著),Acta Histochemica et Cytochemica. 35(4),315頁〜322頁 全頁担当 2002年10月24日
  • Responses of exposure to cigarette smoke at three dosage levels on soleus muscle fibers in Wistar-Kyoto and spontaneously hypertensive rats (共著),Japanese Journal of Pharmacology. 90,157頁〜163頁 全頁担当 2002年10月20日
  • 日本人高齢者の下肢筋力を簡便に評価する30秒椅子立ち上がりテストの妥当性 (共著),体育学研究 第47巻第5号,451頁〜461頁 全頁担当 2002年09月10日
  • Cardiac functions and Taurine's actions at different extracellular calcium con centrations in forced swimming stress-loaded rats (共著),Biological Trace Element Research. 87,171頁〜182頁 本人分担当抽出不可 2002年08月13日
  • 若年者の下肢筋パワーを簡便に評価する30秒椅子立ち上がりテスト(CS-30テスト)の有効性 (共著),体育の科学 第52巻第8号,65頁〜69頁 全頁担当 2002年08月01日
  • 高齢者の下肢筋力を簡便に評価する30秒椅子立ち上がりテストの有効性  (共著),奈良体育学会研究年報 6,25頁〜30頁 2002年03月22日
  • 女子短距離走者における脚伸展パワーとパフォーマンス (共著),滋賀県立スポーツ会館 体育・スポーツ年報 18,23頁〜26頁 2002年03月20日
  • 高校野球選手におけるレギュラーシーズントレーニングが筋パワーと骨強度に及ぼす影響 (共著),天理大学学報 第200輯,1頁〜10頁 2002年02月26日
  • Effects of running exercise with increasing loads on tibiais anterior muscle fibres in mice. (共著),Experimental Physiology. 87,113頁〜116頁 2001年12月17日
  • 身体的動揺に及ぼすバランスボール・トレーニングの効果 (共著),体力科学 第50号,643頁〜646頁 2001年10月12日
  • The response of tibialis anterior muscle fibers in mice to increased muscle activity. (共著),Acta Medica et Biologica. 49(1),5頁〜10頁 2001年04月01日
  • 高校野球選手におけるオフシーズンのトレーニングが筋パワーと骨強度に与える影響 (共著),天理大学学報 第197輯,25頁〜35頁中 本人分担分抽出不可 2001年02月26日
  • 中学生女子バドミントン選手におけるシングルス試合時の生理的強度 (共著),日本体育学会測定評価専門分科会機関誌 61号,総頁数7頁中7頁を担当 2000年12月31日
  • 高校野球選手における筋力とパフォーマンス-レギュラー選手と非レギュラー選手の比較- (共著),日本体育学会測定評価専門分科会機関誌 61号,総頁数8頁分担執筆ではなく本人担当分抽出不可 2000年12月31日
  • Cell size and succinate dehydrogenase activity of different types of fibers in different regions of the tibialis anterior muscle in mice and rats (共著),Acta Histochemica et Cytochemica,総頁数9頁分担執筆ではなく本人担当分抽出不可 2000年11月
  • Cell size and oxidative enzyme activity of different types of fibers in different regions of the rat plantaris and tibialis anterior muscles (共著),Japanese Journal of Physiology,総頁数6頁中3頁を担当 2000年08月
  • 高齢者における筋力および持久的トレーニングの併用が下肢の筋機能と骨構造に及ぼす影響-虚弱高齢者を対象とした低強度トレーニングの検討- (共著),デサントスポーツ科学 21巻,総頁数11頁中11頁を担当 2000年06月08日
  • 高齢者の下肢筋機能に及ぼす適切な well-rounded training program の検討 (共著),健康医科学,8頁 分担執筆ではなく本人分担分抽出不可 2000年03月15日
  • Succinate dehydrogenase activities of fibers in the rat extensor digitorum longus,soleus,and cardiac muscle (共著),Arch.Histol.Cytol.62(4),7頁 分担執筆ではなく本人分担分抽出不可 1999年11月01日
  • 高齢者の行動的体力向上に及ぼす習慣的な筋力トレーニングと持久的トレーニングの併用効果 (共著),大阪ガスグループ福祉財団研究調査報告書12巻,6頁 分担執筆ではなく本人分担分抽出不可 1999年07月01日
  • 高齢者の下肢筋機能と加齢による影響 (共著),天理大学学報191,25頁〜32頁 1999年
  • 女性競泳選手における間欠的水泳トレーニングの運動強度 (共著),天理大学学報188,21頁〜32頁 1998年
  • 思春期における持久的トレーニングは左室形態に影響を与えるのか (共著),日本運動生理学雑誌5(1),101頁〜110頁 1998年
  • 休息の長さを変化させたインターバル・トレーニングが呼吸循環機能とパフォーマンスに及ぼす影響 (共著),天理大学学報185,115頁〜124頁 1997年
  • 呼吸制限運動が動脈血酸素飽和度と呼吸循環機能に及ぼす影響 (共著),日本体育学会測定評価専門分科会Circular58,133頁〜141頁 1997年
  • 体育学部女子学生にみられるA型行動パターンと生活習慣 (単著),天理大学学報182,29頁〜37頁 1996年
  • 競泳選手のインターバル・トレーニング-耐乳酸トレーニングについて- (共著),体育の科学46(7),552頁〜556頁 1996年
  • 間欠的水泳トレーニングが呼吸循環機能へ与える影響 (共著),日本体育学会測定評価専門分科会Circular.56,63頁〜69頁 1996年
  • Nicotine actions on the action potentials and the contractile force in the rat atrial muscles-Comparison between the right and left atria- (共著),Niigata. Dent. J. 25(1),1頁〜7頁 1995年
  • 最大発育速度(PHV)からみた発育期における持久性競技者の左室形態と機能-最大発育速度発現後について- (共著),天理大学学報179,107頁〜118頁 1995年
  • Negative Chronotropic and Inotropic Responses to Nicotine in Rat Right and Left Atria (共著),General Pharmacology. 25,865頁〜873頁 1994年
  • ラット左・右心房筋におけるニコチンの変時・変力作用の比較 (共著),奈良医学雑誌44(5),284頁〜296頁 1993年

その他

  • ポスター発表:活動筋の自覚的疲労感を用いたジャンプトレーニングが高齢者のNeuromotor fitnessに及ぼす影響 (共同),日本体育測定評価学会第14回大会(金沢市) 2015年02月28日
  • ポスター発表:力量感覚機能の年齢差およびトレーニング効果について (共同),第69回日本体力医学会大会 (長崎大学) 2014年09月
  • 口頭発表:バドミントン競技におけるオン・コートでの専門的フィジカルテストの検討 (単独),日本体育学会第65回大会(岩手大学) 2014年08月28日
  • e-Poster発表:Age-related changes in lower-extremity muscle power in healthy Japanase men (共同),The 19th annual Congress of the European College of Sport Science (ECSS) (Amsteldam, The Netherlands) 2014年07月02日
  • e-Poster発表::Combined effects of self-massage and exercise intervention on mental health and health related quality of life (HRQOL) in middle-aged Japanese men (共同),The 19th annual Congress of the European College of Sport Science (ECSS)  (Amsteldam, The Netherlands) 2014年07月02日
  • 口頭発表:中高年者を対象としたノルディック・ウォーク運動教室の効果 (単独),第2回ノルディック・ウォーク学会大会 (於 マイドーム大阪) 2013年11月
  • ポスター発表:活動筋の自覚的疲労感を用いたジャンプトレーニングが高齢者の下肢筋パワーとバランス能力に及ぼす影響 (共同),日本体育学会第64回大会 (於 立命館大学) 2013年08月
  • e-Poster発表:Contributing factors of the motivation for receiving therapy about acupancture in athletes (共同),The 18th annual Congress of the European College of Sport Science (ECSS) (Barcelona, Spain) 2013年06月
  • e-Poster発表:Effects of coordination exercises on motion capacity of preschool children? quantitative and qualitative changes in throwing and catching ability? (共同),The 18th annual Congress of the European College of Sport Science (ECSS) (Barcelona, Spain) 2013年06月
  • e-Poster発表:Reliability and validity of the chair sit-and-reach test in Japanese elderly adults (共同),The 18th annual Congress of the European College of Sport Science (ECSS) (Barcelona, Spain) 2013年06月
  • e-Poster発表:Relationship between Static Balance and Type of Muscle Power Output in Middle-aged and Older Men (共同),The 60th Annual Meeting and 4th World Congress on Exercise is Medicine of the American College of Sports Medicine: Indianapolis (Indianapolis, United States) 2013年05月31日
  • シンポジウム:「最新の測定機器と開発に向けて」指導現場の発想に基づく体力測定機器の開発と健康づくり・介護予防現場への活用 (単独),日本体育測定評価学会第12回大会 (於 とつか湘南YMCA専門学校) 2013年02月
  • 口頭発表:幼稚園児の運動技能と体力の縦断的変化 (共同),平成24年度奈良体育学会大会 (於 奈良女子大学) 2012年12月08日
  • シンポジウム:高齢者の身体活動を促進し介護予防に貢献する体力医学的アプローチ:下肢筋力の保持を企図した健康づくり運動の効果 (単独),第67回日本体力医学会大会 2012年09月15日
  • ポスター発表:自立・虚弱・要介護高齢者における椅子立ち上がり動作時の床反力とアップアンドゴー (共同),日本体育学会第63回大会 2012年08月23日
  • e-Poster発表:Evaluation of peripheral vascular impairment in the fingers of baseball players by using a laser Doppler blood perfusion imager (report 2): comparison among positions (共同),17th annual Congress of the European College of Sport Science(Bruges, Belgium) 2012年07月05日
  • e-Poster発表:EFFECTS OF COMBINED STRENGTH AND POWER TRAINING ON LOWER EXTREMITY MUSCLE FUNCTION IN YOUNGER AND OLDER MIDDLE-AGED MALES (共同),17th annual Congress of the European College of Sport Science(Bruges, Belgium) 2012年07月04日
  • e-Poster発表:The Efficacy of Combining Weight-bearing Exercises with a Newly-developed Perceived Exertion Scale in Middle-aged Men (共同),The 59th Annual Meeting and 3rd World Congress on Exercise is Medicine of the American College of Sports Medicine(San Francisco, United States) 2012年05月29日
  • ポスター発表:ジャンプ・トレーニングが下肢筋パワー、敏捷性、バランス能力に及ぼす影響—高齢者を対象とした無作為化比較対照試験— (単著),第11回日本体育測定評価学会大会(日本医科大学) 2012年02月26日
  • ポスター発表:中高年者に対するセルフマッサージを加味した健康づくりトレーニングの効果-無作為化比較対照試験による検討- (共同),日本体育学会第62回大会(鹿屋体育大学) 2011年09月25日
  • ポスター発表:高齢男女の筋パワー発揮能力に及ぼす加齢の影響 (共同),日本体育学会第62回大会(鹿屋体育大学) 2011年09月25日
  • ポスター発表:レーザードップラー血流画像化装置を用いた野球選手の手指循環障害に対する評価の試み(第2報)-循環障害の有無と血流動態の特徴との関係性- (共同),第66回日本体力医学会大会(山口・海峡メッセ下関) 2011年09月16日
  • ポスター発表:Comparison of Effects of Sort-Term Hopping and Balance Training on Muscle Power and Functional Fitness in The Elderly: Single-Blind Randomized Controlled Trial (共同),16th annual Congress of the European College of Sport Science 2011年07月06日
  • ポスター発表:Evaluation of peripheral vascular impairment in the hands of baseball players by using a laser Doppler blood perfusion imager (共同),16th annual Congress of the European College of Sport Science 2011年07月06日
  • ポスター発表:Interactive influence of self-massage intervention on effects of exercise in middle-aged and elderly persons (共同),The 58th Annual Meeting and 2nd World Congress on Exercise is Medicine of the American College of Sports Medicine 2011年06月04日
  • ポスター発表:中高年者を対象とした監視型および自宅実践型運動を併用した包括的トレーニングの効果 (単独),第10回日本体育測定評価学会大会 2011年02月27日
  • 口頭発表: 中高年者に対する自覚的疲労感に基づく強度を用いた自重負荷トレーニングの有効性 (共同),平成22年度奈良体育学会大会 2010年11月27日
  • 口頭発表:中高年者を対象とした機能的体力評価のためのテストバッテリー (共同),平成22年度奈良体育学会大会 2010年11月27日
  • 口頭発表:中高年齢の男性現業労働者における静的平衡機能とアクティブな体力指標との関係 (共同),第69回日本公衆衛生学会総会 2010年10月27日
  • 口頭発表:高齢者の椅子立ち上がり能力からみた下肢筋力と生活体力との関係 (共同),第69回日本公衆衛生学会総会 2010年10月27日
  • 口頭発表:レーザードップラー血流画像化装置を用いた野球選手の手指循環障害に対する評価の試み (共同),第65回日本体力医学会大会 2010年09月16日
  • 口頭発表:中高年者における筋力発揮時の主観的な努力感と目標値の誤差に対する体力およびADLとの関係性 (共同),第65回日本体力医学会大会 2010年09月16日
  • 口頭発表:地域の公共施設への下肢筋力を測定評価できる機器の設置と健康づくり運動教室への応用 (共同),第65回日本体力医学会大会 2010年09月16日
  • 口頭発表:8秒間の自転車全力ペダリングによる筋パワー測定の信頼性 (共同),日本体育学会第61回大会 2010年09月08日
  • 口頭発表:Age-related changes in peak anaerobic power in Japanese elderly women aged 62 to 85 years (共同),15th annual Congress of the European College of Sport Science (ECSS),Antalya, Turkey   2010年06月24日
  • 口頭発表:Effect of acupuncture using press tack needle on pain and physical fitness in long distance walking: a randomized, double-blind, placebo-controled trial (共同),15th annual Congress of the European College of Sport Science (ECSS),Antalya, Turkey 2010年06月24日
  • 口頭発表:二重盲検無作為化比較試験を用いた長時間歩行時の自覚症状と運動パフォーマンスに及ぼす円皮鍼貼付の効果 (共同),スポーツ鍼灸リサーチミーティングin Tsukuba,茨城・筑波大学  2010年03月07日
  • 口頭発表:筋力運動で用いる自覚的疲労スケールの開発とトレーニングへの応用 (単独),第9回日本体育測定評価学会大会,東京・日本医科大学 2010年02月28日
  • 口頭発表:経穴への円皮鍼貼付が長時間歩行時の自覚症状と体力に及ぼす影響-二重盲検無作為化比較試験による検討- (共同),第64回日本体力医学会大会,要旨集1頁 2009年09月20日
  • 口頭発表:中高年齢者におけるハムストリングス柔軟性と腰痛経験 (共同),第64回日本体力医学会大会,要旨集1頁 2009年09月18日
  • シンポジウム:「介護予防のための体力評価」:介護予防現場で有効活用するための体力測定評価 (単独),日本体育学会第60回大会,要旨集1頁 2009年08月27日
  • 口頭発表:Increasing the Number of Steps Walked Each Day Improves Endurance Capacity in Japanese Community-dwelling Adults  (共同),The first Asia-Pacific Conference on health promotion and Education (APHPE),要旨集1頁 2009年07月18日
  • 口頭発表:椅子からの立ち上がり動作を用いた虚弱高齢者の下肢筋力評価  (共同),第16回日本運動生理学会大会,要旨集1頁 2008年08月03日
  • 口頭発表:Effect of community-based well-rounded training on functional fitness in elderly women  (共同),7th World Congress on Aging and Physical Activity,要旨集1頁 2008年07月27日
  • 口頭発表:Increasing the daily number of steps improves physical fitness in community-dwelling adults  (共同),7th World Congress on Aging and Physical Activity,要旨集1頁 2008年07月27日
  • 口頭発表:活動筋の自覚的疲労感を指標とした強度スケールの検討 (共同),第62回日本体力医学会大会(秋田・ノースアジア大学),要旨集1頁 2007年09月16日
  • 口頭発表:在宅健常高齢者を対象とした椅座位体前屈テストの有用性 (共同),日本体育学会第58回大会(神戸・神戸大学) ,要旨集1頁 2007年09月07日
  • シンポジウム:「測定データの指導現場,地域への還元と活用」:体力測定データの活用と健康づくりへの応用 (共同),日本体育学会第58回大会(神戸・神戸大学),要旨集1頁 2007年09月06日
  • 口頭発表:立ち上がり動作を用いた簡単な下肢筋力評価法 (共同),2006年度奈良本体育学会大会(奈良・奈良教育大学),要旨集4頁 2006年12月09日
  • 口頭発表:歩行を主体としたインターネット活用型運動プログラム (共同),第65回日本公衆衛生学会総会 (於 富山・富山市),要旨集1頁 2006年10月25日
  • シンポジウム:「運動と介護予防ーよりよい介護予防に向けてー」:スポーツ実践を目指しての介護予防活動ー奈良県河合町豆筋クラブー (単独),第61回日本体力医学会大会 (於 兵庫・神戸市),要旨集1頁 2006年09月24日
  • 口頭発表:地域住民におけるhome-based walkingの介入効果 (共同),第61回日本体力医学会大会 (於 兵庫・神戸市),要旨集1頁 2006年09月24日
  • 口頭発表:高齢者におけるアップアンドゴー・タイムの標準値 (共同),第61回日本体力医学会大会 (於 兵庫・神戸市),要旨集1頁 2006年09月24日
  • 口頭発表:後期高齢者における椅子立ち上がり動作を用いた下肢筋力評価値と機能的体力 (単独),日本体育学会第56回大会 (於 筑波大学),要旨集1頁 2005年11月23日
  • 口頭発表:立ち上がり動作を用いた下肢筋力評価値と加齢変化 (共同),第60回日本体力医学会 (於 岡山・川崎医療福祉大学),要旨集1頁 2005年09月23日
  • 口頭発表:Randomized controlled trial of walk-based exercise programs on cardiorespiratory fitness and lower body strength among the elderly (共同),The International Epidemiological Association, World Congress of Epidemiology,共同研究につき本人担当頁抽出不可能 2005年08月21日
  • 口頭発表:歩行を主体とした運動プログラムの地域介入 (共同),第75回日本衛生学会総会 (於 新潟・朱鷺メッセ),要旨集1頁 2005年03月27日
  • 口頭発表:長期運動介入による健康関連QOLとHealth Locus of Controlの変化 (共同),第15回日本疫学会学術総会 (於 滋賀・ピアザ淡海),要旨集1頁 2005年01月21日
  • シンポジウム:測定評価分科会シンポジウム:高齢者の下肢筋力の評価法 (単独),日本体育学会第55回大会 (於 長野・信州大学),要旨集1頁 2004年09月25日
  • 口頭発表:高齢者を対象とした簡易体力テストバッテリの提案 (単独),日本体育学会第55回大会 (於 長野・信州大学),要旨集1頁 2004年09月24日
  • 口頭発表:高齢者の機能的体力に及ぼす実践的なWell-rounded Trainingの影響 (単独),第59回日本体力医学会大会 (於 埼玉・大宮),要旨集1頁 2004年09月14日
  • 口頭発表:The effectiveness of a well-rounded training program for health promotion in Japanese elderly women (共同),American College of Sports Medicine Annual Meeting,Indianapolis : United States,要旨集1頁 2004年06月04日
  • 口頭発表:高齢者用フィットネステストの提案 (単独),平成15年度奈良体育学会大会 (於 奈良女子大学),要旨集4頁 2003年12月06日
  • 口頭発表:椅子立ち上がりテストパフォーマンスに及ぼす膝関節角度の影響 (単独),日本体育測定評価学会 第3回大会 (於 成城大学),要旨集1頁 2003年11月09日
  • 口頭発表:長期間のシガレット煙曝露がヒラメ筋線維特性に及ぼす影響 (共同),第11回日本運動生理学会大会 (於 中京大学),要旨集1頁 2003年08月02日
  • 口頭発表:「シンポジウム:高齢者の身体機能開発法」:30秒椅子立ち上がりテスト (共同),日本体育測定評価学会第2回大会 (於 日本医科大学),要旨集1頁 2002年11月10日
  • 口頭発表:高齢者の下肢筋力を評価する30秒椅子立ち上がりテストとパフォーマンスとの関係 (共同),第10回日本運動生理学会大会 (於 つくば市),要旨集1頁 2002年07月25日
  • 口頭発表:高校野球選手におけるレギュラーシーズントレーニングが筋パワーと骨強度に及ぼす影響について (共同),日本体力医学会 第16回近畿地方会 (於 大阪),要旨集1頁 2002年01月26日
  • 口頭発表:日本人高齢者の下肢筋力を簡便に評価する30秒椅子立ち上がりテストの有効性 (共同),2001年度奈良体育学会大会 (於 天理),要旨集1頁 2001年12月01日
  • 口頭発表:日本人高齢者の下肢筋力を簡便に評価する30秒椅子立ち上がりテストの有効性 (共同),第1回日本体育則定評価学会大会 (於 東京),要旨集1頁 2001年11月23日
  • 口頭発表:野球の打撃におけるバットスイング反応時間の測定法について(共同研究) (共同),第1回日本体育則定評価学会大会 (於 東京),要旨集1頁 2001年11月23日
  • 口頭発表:30-s Chair-Stand Testの妥当性と加齢変化 (共同),第56回日本体力医学会  (於 仙台),要旨集1頁 2001年09月19日
  • 口頭発表:高血圧自然発症ラットの循環動態に及ぼす喫煙の影響 (共同),第74回日本薬理学会年会 (於 横浜市),要旨集1頁 2001年03月21日
  • 口頭発表:高血圧自然発症ラットの長指伸筋およびヒラメ筋の横断面積とSDH活性に及ぼす喫煙の影響 (共同),第74回日本薬理学会年会 (於 横浜市),要旨集1頁 2001年03月21日
  • 口頭発表:スポーツ選手のコンディショニングに対する鍼治療の利用実態 (共同),第55回日本体力医学会大会  (於 富山市),要旨集1頁 2000年09月20日
  • 口頭発表:虚弱高齢者における軽強度のトレーニングと運動休止が下肢の筋機能に及ぼす影響 (共同),第55回日本体力医学会大会 (於 富山市),要旨集1頁 2000年09月20日
  • 口頭発表:Effects of resistance and endurance training on functional fitness and mood states in Japanese elderly men   (共同),第47回American College of Sports Medicine Annual Meeting (アメリカスポーツ医学会) Indianapolis:United States,要旨集1頁 2000年05月31日
  • 口頭発表:短期間のwell-rounded trainingが高齢者のfunctional fitnessに及ぼす影響 (共同),平成11年度奈良体育学会 (於 奈良市) 1999年11月06日
  • 口頭発表:短期間の筋力および持久的トレーニングが高齢者の行動体力に及ぼす影響 (共同),第54回日本体力医学会大会 (於 熊本市) 1999年09月30日
  • バドミントン・ビデオ:トレーニング編1,2,3 (共著),ジャパンライム社 1995年
  • バドミントン・ビデオ:技術編1,2,3 (共著),ジャパンライム社 1994年
  • 翻訳:ウィニングバドミントンシングルス (分担翻訳),大修館書店,pp80-102 1992年

教育活動詳細

作成した教科書、教材、参考書

  • スポーツ科学演習・実験、体育学演習・体育学特別演習の実験テキスト作成  2008年04月-現在まで

学会・社会活動等

一般活動

  •  日本体育学会 評議員 2014年04月
  •  奈良体育学会会長 2014年04月
  •  奈良県子どもの体力向上支援委員会委員 2010年04月01日-現在まで
  •  天理市保健計画策定(推進)委員会 委員長 2009年04月01日-2012年03月31日
  •  (社)日本ノルディック・ウオーク連盟理事 2009年04月01日-現在まで
  •  日本運動生理学会理事 2008年04月01日-現在まで
  •  日本体育測定評価学会常任理事(編集委員会委員長) 2008年04月01日-現在まで
  •  社会福祉法人 近江ふるさと会 高齢者問題研究所 研究員 2005年09月-現在まで

講演・公開講座等

  • 大学体育連合中央研修会 研修Ⅲ「バドミントン」の講師を務めた,大学体育連合,明治大学 2014年08月20日-2014年08月21日
  • 奈良市教育委員会研修講座(体力向上) 奈良市の現職教員に対して体力向上のための講演を行った,奈良市教育委員会,奈良市教育総合センター 2014年08月05日
  • 福岡県体力つくり研修会 講師 中高年者を対象とした体力つくりの理論と実技を指導した,福岡県体育協会,アクシオン福岡 2014年06月14日
  • 天理市体力測定認定講習会 天理大学簡易体力テストの測定員を認定した,天理市健康推進課,天理市保健センター 2014年05月26日
  • 「平成18年度介護予防研修会」 奈良県吉野保健所管内の介護予防に携わる老人ホーム等の職員に対して介護予防における運動器の機能向上プログラムの実施と評価について講演を行った,吉野保健所,下市町公民館 2006年07月03日
  • 「中高年者の簡易体力測定の実際」 吉野保健所主催「平成18年度ミドルエイジのための健康づくり研修会および地域運動推進検討会」の講師として簡易体力テストについて講義と実技を行った,吉野保健所,大淀町平畑運動公園体育館 2006年06月16日
  • 「体育学の立場から見た介護予防」 社会福祉法人の職員を対象に介護予防に関する講演を行った,社会福祉法人 近江ふるさと会,第二近江ふるさと園 2006年05月15日
  • 奈良大学附属高等学校教育講演会講師 高校生を対象に教育講演を行った,奈良大学附属高等学校,奈良大学附属高等学校 2006年02月22日
  • 河合町高齢者セミナー講師 奈良県河合町在住の高齢者に対し「健康体操」と題して介護予防に関する講演を行った,河合町住民福祉課,河合町立中央公民館 2005年11月09日
  • 「百歳天理事業」天理市ピュアカウンセラー講座講師 ピュアカウンセラー講座の講師として,高齢者の健康づくりについて講演した,天理市,天理市教育総合センター 2005年09月20日
  • 介護予防と運動指導講師 生駒郡4町の保健活動担当職員への情報提供,生駒郡保健事業担当者会,いかるがホール 2005年06月18日
  • 平成16年度健康運動指導者研修会講師 「高齢者介護予防事業(奈良県河合町豆筋クラブ紹介)」,岐阜県健康長寿財団,岐阜県健康科学センター 2005年03月17日
  • 奈良県香芝市運動講演会講師 「運動はなんでいいの?〜10年後も元気でいるために〜」,香芝市保健センター,香芝市総合福祉センター 2005年03月15日
  • 天理市健康づくりグループ交流会講師 「自主グループ活動講評」,天理市健康増進課,天理市中央公民館 2005年03月11日
  • 平成16年度奈良県健康運動指導者研修会(応用研修)講師 「体力測定の活用」,奈良県健康づくり財団,奈良県健康づくりセンター 2005年03月03日
  • 第2回ウエルラウンドエクササイズシンポジウム シンポジスト 「介護予防事業の実際-じきんじゅば運動-」紹介,財 日本健康スポーツ連盟・ウェルラウンド普及協会,東京・科学技術館サイエンスホール  2004年12月12日
  • 平成16年度スポーツボランティア研修会講師 「トレーニング概論/健康と安全」,奈良県障害者スポーツ協会,奈良県身障者リハビリテーションセンター 2004年12月11日
  • 健康運動実践指導者養成講習会講師 「運動生理学」,奈良県福祉部健康局,奈良県健康づくりセンター 2004年11月22日
  • ソフトボールC級指導者養成講習会講師 「体力トレーニング法」の講義及び実技指導,奈良県ソフトボール協会,天理大学体育学部 2004年11月21日
  • NHK「かんさいニュース1番」出演 「週2日で体力が10歳若返る!?」超回復と家庭できるトレーニングを紹介,NHK大阪放送局,NHK大阪放送局 2004年10月12日
  • 介護予防指導者養成研修会講師 「在宅でできる介護予防について-河合町の介護予防地域づくり活動を通して-」,奈良県福祉部高齢福祉課,奈良県広域地場産業振興センター 2004年07月26日

受賞

  • 日本体育測定評価学会第14回大会兼測定評価研究50周年記念大会 優秀発表賞 日本体育測定評価学会 2015年03月01日
  • 日本体育学会第64回大会測定評価専門領域優秀発表賞(ポスター)受賞  2013年08月
  • 平成22年度日本体育測定評価学会 学会賞(筆頭著者)  2011年02月
  • 第60回日本体力医学会大会桃太郎アワード(マスカット賞)受賞  2005年09月
  • 平成15年度日本体育学会 学会賞(筆頭著者)  2004年09月

外部資金による研究・活動等

  • 高齢者の下肢筋機能に及ぼす活動筋の自覚的疲労感を用いたトレーニングの検討 科学研究費補助金:基盤研究(C) 2014年04月01日-2017年03月31日
  • 筋パワーの加齢変化と高齢者のトレーナビリティに関する研究 学術研究振興資金 2011年05月10日-2012年03月31日
  • 高齢者が自立生活を維持するために必要なSSC運動プログラムの開発 科学研究費補助金:基盤研究(C) 2011年04月28日-2014年03月31日
  • 中高年の砂入れボールを使用した筋力体操 受託研究(池田工業社) 2007年10月01日-2008年03月31日
  • 香芝市国保ヘルスアップモデル事業 受託研究(香芝市) 2007年06月01日-2008年03月31日
  • 生活習慣病予防対策事業(冬季運動教室・中学生運動教育) 受託研究(曽爾村) 2007年04月01日-2008年03月31日
  • 冬季運動教室 受託研究(曽爾村) 2006年10月01日-2007年03月31日
  • 香芝市国保ヘルスアップモデル事業 受託研究(香芝市) 2006年04月01日-2007年03月31日
  • 河合町筋力向上トレーニング事業 (豆筋クラブ〜まめきんくらぶ〜) 受託研究(河合町) 2005年04月01日-2006年03月31日
  • 総合健康指導事業・高齢者健康指導事業—生活習慣病予防のための運動プログラムの実施— 受託研究(橿原市) 2005年04月01日-2006年03月31日
  • 香芝市国保ヘルスアップモデル事業 受託研究(香芝市) 2005年04月01日-2006年03月31日
  • 河合町筋力向上トレーニング事業 (豆筋クラブ〜まめきんくらぶ〜) 受託研究(河合町) 2004年04月01日-2005年03月31日
  • 総合健康指導事業・高齢者健康指導事業—生活習慣病予防のための運動プログラムの研究開発— 受託研究(橿原市) 2004年04月01日-2005年03月31日
  • 香芝市国保ヘルスアップモデル事業(すこやか教室) 受託研究(香芝市) 2004年04月01日-2005年03月31日
  • 地域健康づくりとしてのイン・ハウス・トレーニングの開発と実践 科学研究費補助金:基盤研究(C) 2004年-2007年
  • 河合町筋力向上トレーニング事業 (豆筋クラブ〜まめきんくらぶ〜) 受託研究(河合町) 2003年04月01日-2004年03月31日
  • 総合健康指導事業・高齢者健康指導事業—生活習慣病予防のための運動プログラムの研究開発— 受託研究(橿原市) 2003年04月01日-2004年03月31日
  • 虚弱高齢者におけるトレーニング、脱トレーニング、再トレーニングに関する研究 科学研究費補助金:奨励研究(A) 2001年-2002年
  • 小児成人病発症予防のための運動処方内容の検討 科学研究費補助金:奨励研究(A) 1996年-1996年
  • 成人病予防のためのストレス軽減に及ぼす運動処方内容の検討 科学研究費補助金:奨励研究(A) 1995年-1995年

大学運営等

学生指導(課外活動など)

  • バドミントン部部長  2010年04月01日-現在まで
このページの先頭へ