天理大学

国際学部教員・研究者情報

地域文化学科ヨーロッパ・アフリカ研究コース

准教授 中祢勝美(ナカネ カツミ) NAKANE Katsumi
電子メール:
nakane
このページを印刷

基本情報

担当科目 基礎ゼミナール<3地域 9> 多文化共生論 異文化実習<ヨーロッパコース><秋期集中> 生活文化演習1<ヨーロッパ・アフリカA> 生活文化演習2<ヨーロッパ・アフリカA> ヨーロッパ地域統合論 ヨーロッパ地域統合論 ヨーロッパ・アフリカ現代事情 ヨーロッパ・アフリカ現代事情 生活文化演習3<ヨーロッパ・アフリカA> 生活文化演習4<ヨーロッパ・アフリカA>
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 ドイツ現代史,ドイツ語圏の文化と社会
現在の研究課題 独仏関係史,独仏文化交流
所属学会名 日本独文学会
経歴 奈良日独協会会員
天理の夜間中学をつくり育てる会会員
文学修士(1992.3)金沢大学大学院
メッセージ 授業では主にドイツを中心とするヨーロッパの現代史、文化、社会に関する講義やゼミを担当しています。外国人問題、環境、福祉、人権、教育など、今の日本社会が抱える諸問題を考えるうえで、ドイツの取り組みはとても参考になります。ゼミでは、文献調査はもとより、ドイツで1ヶ月間かけて行なわれる「文化実習」での体験や国内でのフィールドワークを踏まえて、「自分の頭で問いを立て、議論のなかでみんなで一緒に考える」をモットーにしています。

研究活動詳細

論文

  • バルバラの『ゲッティンゲン』-歌の成立に関わったゲッティンゲンの人々- (単著),シャンソン研究会,『シャンソン・フランセーズ研究』第7号,21~45頁 2015年12月20日
  • 東部ドイツから見たEU -旧東ドイツの再建とEUの東方拡大- (単著),天理大学EU研究会(編)『グローバル化時代のEU研究 環境保護・多文化共生の動向』,ミネルヴァ書房,91頁〜111頁 2010年04月10日
  • 現代史-ドイツ統一とEU (単著),『EUと現代ドイツ-歴史・文化・社会』 世界思想社,39頁〜61頁 2003年10月30日
  • ・「心の壁」は消えたか-内なる統一の達成度 ・公的介護保険-五番目の社会保険 ・ドイツ国際平和村-地道な活動を続けるNGOの底力 ・生命倫理-ヒトの誕生はどこまで操作すべきか (単著),『現代ドイツの社会・文化を知るための48章』 明石書店,111頁〜114頁、125頁〜128頁、133頁〜140頁 2003年04月02日
  • ナチ強制収容所における性暴力 (単著),独文研究室報 第17号 金沢大学独文学研究会,67頁〜80頁 2002年03月29日
  • 戦後ドイツの文学と社会 (単著),『知の扉新しいドイツへ』 晃洋書房,37頁〜41頁 1999年04月20日
  • ドイツにおける公的文学振興の構造[I] (単著),『金沢大学文学部論集 言語・文学篇』第17号 pp.79-91 1997年
  • ヴァイマル共和国の<俗悪・不潔>闘争──「非公式の民衆芸術」に対する了解── (単著),『独語独文学科研究年報』第21号 北海道大学ドイツ語学・文学研究会 pp.41-61 1995年

その他

  • 翻訳: 『ヒトラー暗殺計画・42』(ヴィル・ベルトルト著) (共訳),社会評論社,115頁~178頁(第5章,第6章) 2015年08月31日
  • 実践報告(講演と解説):講演 福島俊弘:「夜間中学の窓から見える私たちの社会」,解説 中祢勝美「多文化共生論」における特別授業 (共著),天理大学人権問題研究室,『天理大学人権問題研究室紀要』第18号,49~66頁,「7.解説:「多文化共生論」における特別授業の試み」(63~66頁) 2015年03月31日
  • 口頭発表:「バルバラの『ゲッティンゲン』-「仏独和解の成立をめぐって-」(第24回シャンソン研究会で) (単独 ),シャンソン研究会(代表:吉田正明信州大学人部学部教授),発表要旨:『シャンソン研究会会報』No.24,6~8頁 2014年11月08日
  • エリゼ条約と独仏交流 -ドイツ・フライブルクの独仏幼稚園・小学校を訪問して-(天理大学EU研究会第17会研究報告会での発表要旨) (単著),天理大学EU研究会発行,『Newsletter』No.1,5頁〜6頁 2013年07月15日
  • 報告書:「『ベルリンの壁』崩壊から20年-東西の格差と『心の壁』-』(天理大学公開講座 2009年度,ヨーロッパ学・アメリカ学への招待(共催:奈良新聞社),第3回(2009年5月16日) (単著),天理大学広報委員会・学校法人天理大学広報部『天理大学公開講座』第6号(2009年度/2010年度),10頁 2011年08月
  • 新聞記事:「「ベルリンの壁」崩壊から20年-「心の壁」と東西格差」 (単著),奈良新聞,5面  2009年07月10日
  • 新聞記事:「『ピサショック』に揺れるドイツの教育制度改革」 (単著),奈良新聞,5面 2002年10月01日
  • 「ドナドナ」とカツェネルソン (単著),「わたしらしくあたならしく天理大学人権ブックレット」天理大学人権教育推進会議,23頁〜24頁 2002年04月01日
  • 報告書:調査報告-「留学生日本語教育に関するアンケート」- (共著),外国語教育 第27号 天理大学外国語教育センター,51頁〜67頁 共同執筆のため担当個所特定できず 2001年03月15日
  • 報告書:「体験的ドイツ事情-変遷するドイツ」平成12年度文部省ドイツ語教育担当教員ドイツ派遣研修に参加して (単著),独文研究室報 第16号 金沢大学独文研究会,21頁〜39頁 2001年03月
  • 翻訳: 『ヨーロッパの差別論』(ヤン・C.ヨェルデン編) (共訳),明石書店,47頁〜124頁,235頁〜253頁 (449頁中97頁を担当) 1999年12月20日
  • 翻訳: 「インターネットを使ったタンデムによる外国語学習の手引」 (共訳),翻訳・編集:インターネットタンデム・外国語学習研究会,18頁〜23頁 1998年03月

学会・社会活動等

一般活動

  •  独立行政法人大学入試センターが実施する大学入試センター試験の教科科目第一委員会委員(ドイツ語部会) 2012年04月01日-2014年03月31日

外部資金による研究・活動等

  • 2014年度ドイツ語教育担当教員ドイツ派遣プログラムへの参加 ドイツ政府の機関であるゲーテ・インスティテュート(別称「ドイツ文化センター」)が世界中のドイツ語教員を対象に実施している研修プログラムに申し込み、書類審査の結果、奨学金を頂いて参加した。研修テーマは「ベルリンの暮らし」。短期間ながら、さまざまな国から集まったドイツ語教員とともに躍動するドイツの首都で生活しながら、19世紀以前の歴史、ナチスの過去およびそれに向き合う活動、冷戦による分断時代、移民との共存を模索する地区ごとの試みなど、現場を訪ねてインタビューを行い、他の参加者と議論するスタイルのプログラムであった。2回目の参加だったが、今回も大いに刺激を受けた。,ゲーテ・インスティテュート(ドイツ文化センター,ドイツ政府機関) 2014年08月10日-2014年08月16日

大学運営等

大学、学部運営等に関する諸活動

  • 天理大学国際交流協力協議会委員  2015年04月01日-現在まで
  • FD委員会委員  2014年04月01日-現在まで
このページの先頭へ