天理大学

人間学部教員・研究者情報

人間関係学科社会福祉専攻

教授 南彩子(ミナミ アヤコ) MINAMI Ayako
researchmap
http://researchmap.jp/read0181656/
このページを印刷

基本情報

学位 博士(総合政策)関西学院大学
担当科目 人間関係学概論2 社会福祉学演習1 ソーシャルワーク論3 ソーシャルワーク論4 社会福祉学演習4 社会福祉調査法 ソーシャルワーク実習 ソーシャルワーク実習指導2<b> ソーシャルワーク実習指導3<b> 社会福祉学演習5 社会福祉学演習6 精神保健福祉援助実習指導1 精神保健福祉援助実習 精神保健福祉援助実習指導2 精神保健福祉援助実習指導3
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 ソーシャルワーク、ソーシャルワークリサーチ
現在の研究課題 要介護高齢者を親にもつ精神障害者支援のためのデュアル・フォーカス・モデルの開発、ソーシャルワークにおけるレジリエンス研究及び感情労働尺度の開発
所属学会名 日本社会福祉学会、日本社会福祉教育学会、日本医療社会福祉学会、日本ソーシャルワーク学会、関西社会福祉学会、日本高齢者虐待防止学会
免許・資格等 社会福祉士・精神保健福祉士
経歴 日本医療社会福祉協会・日本社会福祉士会・日本精神保健福祉士会会員。天理市社会福祉事業団理事・天理市社会福祉事業団評議員。
関西学院大学大学院 総合政策研究科 博士後期課程修了
1993年4月〜2001年3月天理大学助教授
2001年4月より教授(現職)
メッセージ 大学とは、学び、経験する場所です。本を読んで多くの人の考え方を知り、体験から学んで下さい。人と関わる体験をすることは、他者との間に関係性が生じることです。そのなかで私たちは他者の考えを知ったり、自分の行動や考え方を内省しながら体験に意味づけをしていきます。援助者になっていくプロセスでも、多くの知識と意味ある経験が大事です。天理大学社会福祉専攻で,ともに学び,ともに体験するなかで,多くの人たちと繋がり,関係の輪を広げていって下さい.

研究活動詳細

著書

  • 社会福祉士養成教育における自己省察学習教育の有効性の検証 (単著),博士論文(関西学院大学),1頁〜181頁 2009年03月31日
  • ソーシャルワーク専門職性自己評価 (共著),相川書房,1頁〜211頁を共同執筆のため担当箇所抽出不可能 2004年03月15日

論文

  • 「ソーシャルワークにおける危機介入アプローチとレジリエンス」 (単著),『天理大学社会福祉学研究室紀要』第18号 ,13-25 2016年03月22日
  • 「要介護高齢者を親にもつ精神障害者支援 —精神保健福祉士による援助の実際」 (共著),『神戸女子大学健康福祉学部紀要』第8巻,41-54頁 2016年03月
  • 「ソーシャルワークにおける共感疲労とレジリエンス」 (単著),『天理大学社会福祉学研究室紀要』第17号,15頁-23頁 2015年03月22日
  • 専門職としてのソーシャルワーク再考  -ソーシャルワーク倫理に基づく意思決定とそのプロセスについて (単著),天理大学社会福祉学研究室紀要第16号,3-12頁 2014年03月22日
  • カリキュラム・マップに基づく達成課題別到達度自己評価結果について (単著),天理大学社会福祉学研究室紀要第15号,13-20頁 2013年03月22日
  • ソーシャルワーク関連科目におけるカリキュラム・マップ作成の試み (共著),天理大学学報第64巻第1号,63-92頁 2012年10月26日
  • 社会福祉学教育における到達度評価の効果 (単著),天理大学社会福祉学研究室紀要第14号,3頁〜14頁 2012年03月22日
  • 実践の評価・記録(第2節記録) (共著),中央法規出版,47-56頁,79-82頁 2009年11月10日
  • 自己省察学習の効果と影響要因の消失 (単著),天理大学社会福祉学研究室紀要第11号,14頁〜24頁 2009年03月22日
  • 実習の事前・事中・事後における省察学習教育の方法について —対人援助の隣接領域における省察学習教育の文献レビューから— (単著),天理大学社会福祉学研究室紀要 第10号,27頁〜38頁 2008年03月22日
  • ソーシャルワークにおける省察および省察学習について (単著),天理大学社会福祉学研究室紀要 第9号,3頁〜19頁 2007年03月22日
  • 学習・体験・対象者観がソーシャルワーク専門職性形成に及ぼす影響-共分散構造分析の方法を用いて- (単著),天理大学社会福祉学研究室紀要 第8号,5頁〜18頁 2006年03月22日
  • 学生のソーシャルワーク専門職性到達度とその関連要因の分析 (共著),天理大学学報 第210輯,17頁〜29頁を共同執筆のため抽出不可能 2005年10月26日
  • 高齢者イメージについて考える(2)—テキストマイニングによる大学生の抱く高齢者イメージの分析— (単著),天理大学社会福祉学研究室紀要第7号,5頁〜19頁 2005年03月22日
  • Proficiency Inventoryの開発 -ソーシャルワーカーの資質向上のために— (共著),2002〜2004年度科学研究費補助金研究成果報告書,1頁〜75頁を共同執筆のため担当箇所抽出不可能 2005年03月
  • 記録 (共著),中央法規出版,47頁〜53頁,77頁〜83頁 2004年06月20日
  • エイジズム:その意味と大学生への調査に見る高齢者差別意識 (単著),天理大学人権問題研究室紀要 第7号,1頁〜14頁 2004年03月
  • 高齢者イメージについて考える —『元気・自立カテゴリー』を問い直すー (単著),天理大学社会福祉学研究室紀要 第6号,5頁〜14頁 2004年03月
  • MSWと他機関ソーシャルワーカーの専門職性認知傾向の比較 (共著),医療と福祉第37巻 第1号 日本医療社会事業協会,23頁〜27頁を共同執筆のため担当箇所抽出不可能 2004年03月
  • 福祉相談機関におけるソーシャルワーカーの専門職性認知傾向の比較 (共著),医療社会福祉学研究第11巻第1号・第12巻第1号(合併号),25頁〜33頁を共同執筆のため担当箇所抽出不可能  2003年12月31日
  • ソーシャルワークの専門職性評価指標作成の試み (共著),社会福祉学 第42巻第1号 日本社会福祉学会,32頁〜42頁を共同執筆のため担当箇所抽出不可能 2002年03月31日
  • ボランティアの原点を求めて  -生き方としてのボランタリズム- (単著),天理大学人権問題研究室紀要 第5号,13頁〜21頁 2002年03月31日
  • ソーシャルワーカーの職務の専門職性を構成する諸要件に関する調査研究報告(第二報) (共著),医療と福祉第36巻 第1号  日本医療社会事業協会,12頁〜16頁を共同執筆のため担当箇所抽出不可能 2002年03月28日
  • 志望動機の類型化と社会福祉教育の可能性 (単著),天理大学社会福祉学研究室紀要 第4号,7頁〜16頁 2002年03月
  • ソーシャルワーカーの職務の専門職性を構成する諸要件に関する調査研究報告(第一報) (共著),医療と福祉第35巻 第1号  日本医療社会事業協会,23頁〜27頁を共同執筆のため担当箇所抽出不可能 2001年11月05日
  • ソーシャルワークの機能 (共著),相川書房,33頁〜48頁 2001年05月25日
  • 他の医療職種との対比から捉えた医療ソーシャルワーカーの存在意義  -Grounded Theoryを用いて分析 (単著),ソーシャルワーカー第6号  日本ソーシャルワーカー協会,71頁〜82頁 2001年04月01日
  • 医師・看護婦によるMSWの職務認知 (共著),医療社会福祉研究第9巻 第1号 日本医療社会福祉学会,11頁〜21頁を共同執筆のため担当箇所抽出不可能 2001年04月
  • ソーシャルワーカーの専門職性を求めて-米国における専門職業化 の流れに関する文献レビュー (単著),天理大学社会福祉学研究室紀要 第3号,41頁〜49頁 2001年03月22日
  • 医療ソーシャルワーカーの職務の特徴-アイデアルイメージと実践的意識の比較- (共著),社会福祉学 第41巻第1号 日本社会福祉学会,111頁〜120頁を共同執筆のため担当箇所抽出不可能 2000年07月10日
  • 社会福祉援助技術現場実習における総合的評価をめざして -学生・実習指導者・教員の三者による評価を通して- (共著),社会福祉実践理論研究 第9号,89頁〜100頁を共同執筆のため担当箇所抽出不可能 2000年06月30日
  • 社会福祉従事者が抱える職務上のストレス構造の分析 (単著),天理大学社会福祉学研究室紀要 第2号,17頁〜29頁 2000年03月22日
  • 医療ソーシャルワークの専門性確立のための研究 -Grounded Theoryの手法を用いて— (単著),1997〜1999年度文部省科学研究費補助金研究成果報告書,1頁〜69頁 2000年01月30日
  • わが国における医療ソーシャルワーカーの専門職としての条件の検討 (単著),天理大学学報 第192輯,141頁〜154頁  1999年10月26日
  • 視覚障害学生の教育と人権 (共著),『天理大学人権問題研究室紀要』第2号,39頁〜49頁 1999年
  • 医療ソーシャルワーカーの専門性について (共著),『医療と福祉』第31巻第1号,64頁〜72頁 1997年
  • ソーシャルワークへの Grounded Theory の適用について (単著),『天理大学学報』第181輯,79頁〜90頁 1996年
  • ソーシャルワーク実践における価値 —医師・看護婦・ソーシャルワーカーへのアンケート調査から (共著),『社会福祉学』日本社会福祉学会第37巻第2号,101頁〜115頁 1996年
  • ソーシャルワークにおける価値・倫理の研究動向と課題 (単著),『天理大学学報』第175輯,17頁〜32頁  1994年
  • 価値実現とソーシャルワークの役割 (共著),『医療社会福祉研究』第3巻第1号,8頁〜18頁 1994年
  • 高齢者との効果的なコミュニケーション (単著),『大和福祉会叢書』第9巻,29頁〜33頁 1994年
  • 記録 (共著),中央法規出版『保健医療ソーシャルワークハンドブック』第1部第4章1節,206頁〜220頁 1990年
  • 保健医療におけるソーシャルワーク面接の構造分析 (共著),『社会福祉学』(日本社会福祉学会)第30巻第2号,41頁〜63頁 1988年
  • 医療ソーシャルワークにおけるリサーチ (共著),相川書房,189頁〜204頁 1985年
  • 危機理論とそれに基づくケースワーク (共著),『兵庫医科大学誌』第12巻第2号,30頁〜36頁 1984年
  • 医療ソーシャルワークの業務分類枠組みの検討(Ⅱ) —医療ソーシャルワークの機能 (共著),『兵庫医科大学誌』第11巻第2号,147頁〜151頁 1983年03月
  • 医療ソーシャルワークの業務分類枠組みの検討(Ⅰ) —医療ソーシャルワークの対象 (共著),『兵庫医科大学誌』第11巻第1号,51頁〜58頁 1982年09月
  • 精神障害者の社会復帰の一方法としての外勤療法について (単著),『ソーシャルワーク研究』第7巻第4号,51頁〜57頁 1981年
  • 危機志向ケースワーク (共著),『青少年問題研究』第26号,27頁〜42頁 1977年

その他

  • 口頭発表:『高齢者福祉施設における社会福祉・介護福祉従事者の共感疲労から共感満足へ —インタビュー調査結果の質的分析より—』  (共同発表),日本社会福祉学会 第64回秋季大会 (佛教大学)   2016年09月11日
  •  感情労働としての社会福祉・介護福祉従事者のメンタルヘルス対策と支援~インタビュー調査結果の質的分析~    (共著),天理大学人間学部人間関係学科社会福祉専攻(平成27年度天理大学学術・教育・研究活動助成による研究報告書) ,1-37  2016年01月18日
  • 口頭発表:要介護高齢者を親にもつ精神障害者支援 -虐待に至るプロセスと精神保健福祉士の支援の実際 (共同),第12回日本高齢者虐待防止学会(JAPEA)京都大会 (於 京都ノートルダム女子大学),報告要旨集60頁 2015年07月11日
  • 特定課題セッション(口頭発表と共同討議):社会福祉教育における評価の方法と課題 (単独),第58回日本社会福祉学会 (於 日本福祉大学),要旨集2ページ分(CD版:PDF資料で頁記載なし) 2010年10月10日
  • 口頭発表:ソーシャルワーク教育における自己省察学習教育の効果測定の方法 -量的評価と質的評価を用いて- (単独),第25回日本社会福祉実践理論学会  (於 関西学院大学),報告要旨集60頁 2008年06月22日
  • 口頭発表:省察学習教育の実施による学生の省察力の変化と影響要因 -Mezirowモデルに基づいた省察学習教育の効果測定から- (単独),第55回日本社会福祉学会 (於 大阪市立大学),報告要旨集389頁 2007年09月22日
  • 口頭発表:ソーシャルワークにおける省察学習の教育実践モデルの枠組 -省察的実践家養成のための教育プログラムの現状と問題点の整理からー (単独),第24回日本社会福祉実践理論学会 (於 大妻女子大学),報告要旨集66頁 2007年06月24日
  • 口頭発表:ソーシャルワークにおけるリフレクティブ・ラーニング教育の可能性 (単独),第16回日本医療社会福祉学会 (於 同志社大学),報告要旨集58頁〜59頁 2006年09月18日
  • 口頭発表:ソーシャルワーク教育における<体験>と<学習>の重要性 (単独),第53回日本社会福祉学会 (於 東北福祉大学),報告要旨集408頁 2005年10月08日
  • 口頭発表:実習教育教材開発研究 (共同),第15回日本医療社会福祉学会 (於 日本女子大学),報告要旨集48頁〜49頁 2005年08月19日
  • 口頭発表:質的データの量的分析の可能性—福祉分野におけるテキスト型データ解析の試み— (単独),第22回日本社会福祉実践理論学会 (於 同志社大学),報告要旨集56頁 2005年06月26日
  • 改訂新版社会福祉実践基本用語辞典 (共著),川島書店,「オ-プンエンド」「音楽療法」「レスパイトケア」の項、担当 2004年
  • 口頭発表:Social Work Proficiency Inventory(試案) (共同),第51回日本社会福祉学会 (於 四天王寺国際仏教大学),要旨集341頁 2003年10月13日
  • 口頭発表:福祉相談機関におけるソーシャルワーカーの専門職性認知傾向 (共同),第13回日本医療社会福祉学会 (於 同志社女子大学),要旨集64頁〜65頁 2003年09月28日
  • 口頭発表:MSWと他機関ソーシャルワーカーの専門職性認知の比較 (共同),第23回日本医療社会事業学会 (於 品川プリンスホテル),要旨集88頁〜89頁 2003年05月17日
  • 口頭発表:MSWの専門職性構成要件にみる理想と現実 (共同),第11回日本医療福祉学会 (於 東海大学),要旨集48頁〜49頁 2001年09月
  • 口頭発表:白い5線紙に書く詩:ボランティアの原点を問う—生き方としてのボランタリズムを求めて— (単独),天理大学人権問題研究室公開研究会 2001年05月16日
  • 口頭発表:ソーシャルワーカーの職務の専門職性を構成する諸要件に関する調査 (共同),第21回日本社会医療事業学会 (於 郡山市民文化センター),要旨集128頁〜129頁 2001年05月
  • ポスター発表:ソーシャルワークの専門職性構成要件に関する整理 (共同),第49回日本社会福祉学会 (於 日本女子大学),ポスター2枚 2000年11月04日
  • 口頭発表:ソーシャルワークの専門性構成要素 (共同),第10回日本医療社会福祉学会 (於 兵庫医科大学),要旨集58頁〜59頁 2000年10月22日
  • 多様な個性をもつ人々を支えるボランタリーコミュニティをめざして (単著),天理大学人権問題研究室ニュース第5号,7頁 2000年10月
  • 口頭発表:医療ソーシャルワーカーの職務の特徴——他職種のMSWの職務認知 (共同),第20回日本医療社会事業学会  (於 千葉幕張メッセ国際会議場),要旨集114頁〜115頁 2000年05月20日
  • シリーズ人権を考える「個性のユニバースをめざして」 (単著),天理大学広報,2頁 2000年05月12日
  • 介護するときされるとき~互いに支え合う社会をめざして~ (単著),GENKI宣言(奈良県)第21号 2000年04月
  • 口頭発表:ソーシャルワーカーとケアワーカーの抱えるストレス構造の分析 (単独),第1回関西社会福祉学会 (於 梅花女子大学) 2000年02月26日
  • 口頭発表:医療ソーシャルワーカーの職務の特徴 (共同),第9回日本医療社会福祉学会(於関西学院大学),要旨集48頁〜49頁 1999年10月24日
  • 口頭発表:質的調査法を用いた医療ソーシャルワーク研究について-Grounded Theory Approachを中心として (単独),第19回日本医療社会事業学会(於 金沢文化ホール),報告要旨集48頁〜49頁 1999年05月22日
  • 口頭発表:社会福祉援助技術現場実習における事前評価・事後評価に関する研究 -評価票を用いての学生・現場指導者・教員の総合的評価の効果の検討 (共同),第47回日本社会福祉学会(於 川崎医療福祉大学) 1998年10月12日
  • 翻訳:ケースマネージメントと社会福祉 (共著),ミネルヴァ書房,(Stephen.M.Rose.,Case Management and Social Work Practiceの翻訳.第4部第14章担当) 1997年
  • 口頭発表:医療ソーシャルワークの専門性——事例を用いての調査より (共同),第6回日本医療社会福祉学会 1996年10月
  • 口頭発表:医療ソーシャルワークの専門性——調査結果に見るMSWの業務を中心として (共同),第44回日本社会福祉学会 1996年10月
  • 口頭発表:医療ソーシャルワークの専門性について——近畿地方在住のMSWの実態調査から (共同),第16回日本医療社会事業学会 1996年05月
  • 辞典:改訂版社会福祉実践基本用語辞典 (共著),川島書店,「受容」「コンサルテーション」の項担当 1996年
  • 口頭発表:ソーシャルワーク実践における価値——医師・看護婦・ソーシャルワーカーに対するアンケート調査を通じて (共同),第42回日本社会福祉学会 1994年10月
  • 口頭発表:価値を担う活動としてのソーシャルワーク—事例に基づく分析 (共同),第3回日本医療社会福祉学会 1993年10月
  • 口頭発表:ソーシャルワーク実践における価値・倫理 (共同),第41回日本社会福祉学会 1993年09月
  • 口頭発表:ソーシャルワークにおける面接技法について——スキルの分析を中心として (共同),第2回日本医療社会福祉学会 1992年10月
  • 口頭発表:社会福祉援助技術におけるアセスメントについて (共同),第40回日本社会福祉学会 1992年10月
  • 口頭発表:医科大学病院におけるソーシャルワーク部門の現状——実態調査より (共同),第12回日本医療社会事業学会 1992年05月
  • 翻訳:児童虐待 —ソーシャルワーク・アセスメント (共著),ミネルヴァ書房,(英国保健省;Protecting Children.-A Guide for Social Workers Undertaking a Comprehensive Assessmentの翻訳.共訳) 1992年
  • 口頭発表:社会福祉援助技術におけるアセスメント——データコレクションとアセスメントマニュアル作成に向けて (共同),第38回日本社会福祉学会 1991年10月
  • 口頭発表:包括的アセスメントの枠組みと,情報収集・判断のための面接——児童虐待ケースのlong-term planningのために (共同),第38回日本社会福祉学会 1990年10月
  • 翻訳:面接のプログラム学習 (共著),相川書房,(第6章・第11章・第12章担当 Evans.,D,R.,Hearn.M.T.,Uhulemann.M.R.,Ivey.A.E: Essential Interviewing.2nd.ed.の翻訳) 1990年
  • 口頭発表:保健・医療におけるソーシャルワーク研究の視点——その① 保健医療におけるソーシャルワークの分析枠組み (共同),第36回日本社会福祉学会 1988年10月
  • 口頭発表:保健・医療におけるソーシャルワーク研究の視点——その②ソーシャルワーカー・クライエント相互交流の分析 (共同),第36回日本社会福祉学会 1988年10月
  • 翻訳:Essential Interviewing 5 (共同),『ソーシャルワーク研究』13巻4号,206-216頁 1987年10月31日
  • 口頭発表:医療ソーシャルワークの業務分類枠組の検討(Ⅲ) (共同),第31回日本医療社会事業学会 1983年05月
  • 口頭発表:医療ソーシャルワークの業務分類枠組の検討(Ⅱ) (共同),第30回日本社会福祉学会 1982年10月
  • 口頭発表:医療ソーシャルワークの業務分類枠組みの検討(Ⅰ) (共同),第30回日本医療社会事業学会 1982年05月
  • 口頭発表:精神障害者の社会復帰における外勤療法の試み (単独),第26回日本社会福祉学会 1981年10月
  • 口頭発表:危機理論とケースワーク (共同),第26回日本社会福祉学会 1978年10月

教育活動詳細

教育内容・方法の工夫

  • ソーシャルワークの理論と方法に関する講義概要のビジュアル化とビデオ活用(随時)  2000年04月-現在まで

作成した教科書、教材、参考書

  • 『介護福祉学への招待』  2015年04月30日

教育方法・教育実践に関する発表、講演等

  • 「1年次学生への社会福祉演習教育とその効果 -自己評価評定数値の変化とコメントに着目して」  2016年03月22日
  • 「天理大学社会福祉演習教育とその効果——達成課題別到達度自己評価結果の分析」  2015年03月22日

学会・社会活動等

一般活動

  •  天理市社会福祉事業団理事 1994年11月-現在まで

講演・公開講座等

  • 日本医療社会福祉学会第22回大会、分科会 座長  分科会司会および総括討論・コメント,於 同志社大学 2012年09月02日
  • 天理大学人権週間『パネルディスカッション』 パネリスト 「障害者との共生を考える~ボランティアの現状と課題~」,天理大学 2001年10月05日
  • 第47回日本医療社会福祉学会 分科会司会 川崎医療福祉大学 1998年10月12日

外部資金による研究・活動等

  • 『介護人材の離職ストップのための支援ツールの開発 ~ストレスマネジメントの観点から~』     高齢者介護福祉分野で働く対人援助者の感情労働からくるストレスの実態を量的調査によって解明し,その後,ストレスマネジメントに資する支援ツールの開発を行う.,外部資金名称 :平成28年度文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究C (分担研究者) 2016年04月01日-2018年03月31日

大学運営等

大学、学部運営等に関する諸活動

  • 人間関係学科主任  2010年04月01日-2012年03月31日
このページの先頭へ