天理大学

人間学部教員・研究者情報

人間関係学科臨床心理専攻

教授 高森淳一(タカモリ ジュンイチ) TAKAMORI Junichi
このページを印刷

基本情報

学位 教育学修士(1993年3月)京都大学大学院教育学研究科
担当科目 臨床心理学特論1 臨床心理実習1<2コマ登録> 臨床心理実習2<2コマ登録> 臨床心理学課題演習 臨床心理学課題研究 人間関係学概論1 児童・青年心理臨床学 臨床心理学課題演習2 心理検査投影法実習<2コマ登録> 臨床心理学研究演習1 臨床心理学研究演習2
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 心理療法の実践と理論
現在の研究課題 シゾイド人格 道徳的マゾヒズム 罪悪感 prepersonal psychology
メッセージ 天理大学の臨床心理専攻は、少人数教育のもとで、心理学の基礎から心理臨床の実践に至るまで学べます。ともに学びましょう。

研究活動詳細

論文

  • 関係論からみた心理療法の終結:治療者のリンボ界への退場 (単著),天理大学カウンセリングルーム紀要 12号,3頁~19頁 2016年02月01日
  • 関係論から見た3つの治療機序と治療展開:安全感、旧来対象、新規対象 (単著),天理大学カウンセリングルーム紀要 11号,3頁~50頁 2015年02月
  • プレイセラピーにおける解釈と洞察:潜在的な関係性知識に向けて (単著),『心理療法における<私>との出会い:心理療法・表現療法の本質を問い直す』(創元社) ,118頁~128頁 2014年04月01日
  • プロテウス的理解とプロクルステス的理解:治療者の自己同一性からみたクライエント理解 (単著),天理大学カウンセリングルーム紀要 10号,17頁~41頁 2014年02月01日
  • 職業としての心理療法:プレイセラピーを具体例として (単著),天理大学学報 第232輯,59頁〜84頁 2013年02月01日
  • 関係論パラダイムからみた並行親面接:面接者の内的ポジションとパラレルプロセス (単著),天理大学学報(学術研究会誌) 229輯,31頁〜55頁 2012年02月01日
  • 口唇的世界における愛と不安:絵本『あんぱんまん』を手がかり (分担執筆),『心理臨床と宗教』(創元社),137頁〜165頁 2010年09月16日
  • 制御-克服理論からみた来談者中心療法の一事例 (単著),天理大学学報 第223輯,21頁〜48頁 2010年03月24日
  • 心・体・家:場所としてのこころ (分担執筆),『心理臨床関係における身体』(創元社),123頁〜137頁 2009年09月20日
  • 悲嘆夢からみた喪の作業:現代の夢理論から (単著),天理大学学報 第219輯  ,19頁〜78頁 2008年10月
  • イメージを手がかりとした行為障碍の了解:ある青年期前期の事例から (分担執筆),『心理臨床における臨床イメージ体験』(創元社) ,498頁〜514頁 2008年03月20日
  • 子どもを使った錬金術:親からの投影同一化 (分担執筆 ),『心理臨床における個と集団』 創元社   ,142頁〜153頁 2007年03月20日
  • Weissの制御-克服理論:能動反転テスト (単著),天理大学学報 第214輯,61頁〜87頁 2007年02月26日
  • 罪悪感再考:対象関係と愛他性を視点として (単著),天理大学学報 第205輯,79頁〜121頁 2004年02月26日
  • 物語のメタファーからみた心理療法 (単著),天理大学学報 第199輯,21頁〜57頁 2002年03月26日
  • 苦悩のパラドクスからみた心理療法 (分担執筆 ),『魂と心の知の探求:心理臨床学と精神医学』(創元社) ,200頁〜207頁 2001年
  • 子どものプレイ・セラピーにおける暴力 (単著),心理臨床11(1),27頁〜32頁 1998年03月01日
  • 魔女狩り—影と悪について (分担執筆),『身体像とこころの癒し』(岩崎学術出版社) ,239頁〜246頁 1994年03月27日
このページの先頭へ