天理大学

体育学部教員・研究者情報

体育学科

講師 岩山 海渡(イワヤマ カイト) IWAYAMA Kaito
このページを印刷

基本情報

学位 博士(スポーツ医学)
担当科目 体育・スポーツ学特論 スポーツ科学研究法 スポーツ栄養学特論 スポーツ栄養学演習 健康学概論<B> 健康学概論<A> スポーツ方法(陸上競技)<B> スポーツ栄養学<A> スポーツ栄養学<B> 健康栄養学<A> 健康栄養学<B> 体育学演習1<S> 体育学演習2<S> 卒業研究<D> スポーツ方法(陸上競技)<D> スポーツ方法(陸上競技)<体育学部以外男子>
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 エネルギー代謝

研究活動詳細

論文

  • 炭素磁気共鳴分光法による肝臓のグリコーゲン評価方法の確立及び日内変動の検討 (共著),デサントスポーツ科学. 39巻,152-157 2018年
  • 運動や食事のタイミングがエネルギー代謝に及ぼす影響 (単著),体力科学. 67巻,351-356 2018年
  • Energy metabolism differs between sleep stages and begins to increase prior to awakening (共著),Metabolism. 69.,14-23 2017年
  • Exercise before breakfast increases 24-h fat oxidation in female subjects (共著),PLoS ONE. 12.,e0180472 2017年
  • Exercise increases 24-h fat oxidation only when it is performed before breakfast (共著),E BioMedicine. 2.,2003-2009 2015年
  • Transient energy deficit induced by exercise increases 24-h fat oxidation in young trained men (共著),J Appl Phsyiol. 118.,80-85 2015年
  • 朝練習のトレーニング効果 (共著),ランニング学研究.26巻1号,1-13 2015年
  • Effects of nutrient composition of dinner on sleep architecture and energy metabolism during sleep. (共著),J.Nutr.Sci.Vitaminol. 60,114-121 2014年
  • The effect of nocturnal blue light exposure from light-emitting diodes on wakefulness and energy metabolism the following morning (共著),Environ Health Prev Med. 19,354-361 2014年
  • Effect of exercise performed before or after breakfast on 24 h fat oxidation (共著),Metabolism. 62,793-800 2013年
  • Changes in substrate oxidation persist overnight after marathon race (共著),Jpn. J. Phys. Fitness Sports Med. 57,163-168 2008年

その他

  • 依頼原稿:早朝運動が促す日中の糖・脂質代謝量の増加 (単著),体育の科学.69巻3号.221-226 2019年03月
  • 教育講演:ノルディック・ウォークの効果を高める食事と時間の考え方 (単独),第7回日本ノルディック・ウォーク学会学術大会 2018年11月10日
  • 口頭発表:運動前の高脂肪食摂取がグリコーゲン利用に及ぼす影響 (共同),第73回日本体力医学会 2018年09月07日-2018年09月09日
  • ポスター発表:Diurnal variation in the glycogen content of human liver and muscle using 13C MRS (共同),RACMEM 2017 2017年10月20日-2017年10月22日
  • ポスター発表:13C-MRSによる非侵襲的な肝グリコーゲン濃度の評価方法の確立 (共同),第72回日本体力医学会 2017年09月16日-2017年09月18日
  • 依頼原稿:運動のタイミングと脂肪燃焼 (共著),臨床栄養.130巻3号.315-320 2017年03月
  • 招待講演:朝食前に行う運動が24時間の脂肪酸化を促す (単独),第3回時間栄養科学研究会/第11回ニュートリズム検討会 2016年08月26日
  • ポスター発表:朝食前の運動が24時間の脂質酸化量に及ぼす影響 (共同),第28回ランニング学会 2016年03月12日-2016年03月13日
  • ポスター発表:運動実施時間帯の違いが血中脂肪酸組成に及ぼす影響 (共同),第70回日本体力医学会 2015年09月18日-2015年09月20日
  • ポスター発表:Transient energy deficit after exercise performed in a postabsorptive state increases 24-h fat oxidation (共同),ACSM's 62nd Annual Meeting 2015年05月26日-2016年05月30日
  • ポスター発表:Transient deficit in energy and carbohydrate increases 24-h fat oxidation. (共同),12th Asian Congress of Nutrition 2015年05月14日-2015年05月18日
  • ポスター発表:Exercise increases 24 h fat oxidation if performed before breakfast. (共同),RACMEM 2014 2014年10月10日-2014年10月12日
  • ポスター発表:Timing of exercise relative to meal ingestion affects 24 hours fat oxidation. (共同),Obesity week 2013 2013年11月13日-2013年11月16日
  • 口頭発表:“いつ”運動するかが24時間の脂質酸化量に影響する (共同),第34回日本肥満学会 2013年10月11日-2013年10月12日
  • 口頭発表:体内貯蔵エネルギー量の日内変動が24時間脂質酸化量に及ぼす影響 (共同),第68回日本体力医学会 2013年09月21日-2013年09月23日
  • ポスター発表:授業でフルマラソンに挑戦することが大学生の心理に及ぼす影響. (共同),第25回ランニング学会 2013年03月23日-2013年03月24日
  • 依頼原稿:早朝運動と24時間脂質代謝 -朝練は本当に脂肪燃焼に効果的か- (共著),体育の科学.62巻11号.845-850 2012年11月
  • エネルギー代謝の測定法:直接熱量測定と間接熱量測定 (共著),内分泌・糖尿病・代謝内科.35巻4号.302-308 2012年10月
  • 口頭発表:早朝空腹時の運動は24時間エネルギー代謝に影響するか (共同),第67回日本体力医学会 2012年09月14日-2012年09月16日
  • 依頼原稿:Exercise in a metabolic chamber - Effects of exercise on 24h fat oxidation (共著),J Phys Fitness Sports Med. 1(2): 307-316 2012年06月
  • ポスター発表:授業「つくばマラソン」受講生のフルマラソン挑戦過程における心理的変化 (共同),第24回ランニング学会 2012年03月18日-2012年03月19日
  • 依頼原稿:長時間運動とエネルギー代謝 (単著),体育の科学.61巻8号.562-568 2011年08月

学会・社会活動等

一般活動

  •  ランニング学会 理事 2017年04月-現在まで
  •  NPO法人日本市民スポーツ海外交流協会 理事 2011年04月-現在まで

講演・公開講座等

  • 平成31年度学術研修会・スキルアップセミナー・市民公開講座 知的に走ろう!市民ランナーの為のランニング教室,三重県鍼灸師会 2019年04月14日
  • 天理市ヘルスアンバサダー養成講座 栄養摂取と運動,天理市 2018年10月29日
  • 寄稿:ランニングの実践科学「いかに考え、いかに走るか」 ランニングの世界(創文企画)21号 2016年04月
  • 連載:科学のちからで速くなる 月刊ランナーズ(株式会社アールビーズ)2016年6月号~2017年6月号 2016年04月-2017年04月
  • 連載:若手ランナー・研究者が伝えたい「ランニングの」技術」 ランニングの世界(創文企画)17号~20号 2014年04月-2016年03月
  • 寄稿:とにもかくにもランニング ランニングの世界(創文企画)11号 2011年04月

受賞

  • 授業でフルマラソンに挑戦することが大学生の心理に及ぼす影響 一般研究発表B優秀発表賞:ランニング学会 2014年03月

外部資金による研究・活動等

  • 高脂肪食摂取が運動中の脂質代謝および骨格筋・肝臓グリコーゲン濃度に及ぼす影響 科学研究費基金:若手研究 2018年04月01日-2020年03月31日
  • 持久的運動時のグリコーゲン節約を狙った高脂肪食摂取の検討 公益財団法人ヤマハ発動機:スポーツチャレンジ研究助成 2017年04月01日-2018年03月31日
  • 炭素磁気共鳴分光法による肝臓のグリコーゲン評価方法の確立及び日内変動の検討 公益財団法人石本記念デサントスポーツ科学研究助成 2017年04月01日-2017年10月31日
  • 肝臓グリコーゲン濃度の変動が脂肪酸化に及ぼす影響:炭素磁気共鳴分光法を用いた検討 科学研究費補助金: 研究活動スタート支援 2016年10月01日-2018年03月31日
  • 運動実施時間帯の違いは24時間の脂肪燃焼量に影響するか 科学研究費補助金:特別研究員奨励費 2014年04月01日-2016年03月31日
  • 朝練習は24時間の脂肪酸化量を増大させるか ~ヒューマン・カロリメーターを用いた長時間のエネルギー代謝測定による検討~  上月財団:スポーツ研究助成 2013年-2014年
  • 朝練習は本当に脂肪燃焼に効果的か ランニング学研究基金 2013年-2014年

大学運営等

学生指導(課外活動など)

  • 陸上競技部 コーチ  2019年04月01日-現在まで
このページの先頭へ