天理大学

体育学部教員・研究者情報

体育学科

講師 岩山 海渡(イワヤマ カイト) IWAYAMA Kaito
このページを印刷

基本情報

学位 博士(スポーツ医学)
担当科目 体育・スポーツ学特論 スポーツ科学研究法 スポーツ栄養学特論 スポーツ栄養学演習 体育学特別研究I<L> 健康学概論<B> 健康学概論<A> スポーツ方法(陸上競技)<B1> スポーツ栄養学<A> スポーツ栄養学<B> 健康栄養学<A> 健康栄養学<B> 体育学演習1<S> 体育学演習2<S> 卒業研究<D> スポーツ方法(陸上競技)<B2>
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 エネルギー代謝

研究活動詳細

論文

  • Exercise improves the quality of slow-wave sleep by increasing slow-wave stability. (共著),Sci Rep. 11,4410 2021年
  • Diurnal variation in the glycogen content of the human liver using 13C MRS (共著),NMR in Biomedicine.,e4289. 2020年
  • Effect of low energy availability during three consecutive days of endurance training on iron metabolism in male long distance runners (共著),Physiol Rep. 8,e14494 2020年
  • Effects of exercise before breakfast on plasma free fatty acid profile and 24-h fat oxidation. (共著),Metabolism Open. 2020年
  • Muscle glycogen content during endurance training under low energy availability.  (共著),Med Sci Sports Exerc. 52,187-195 2020年
  • 大学陸上競技部員を対象とした血液生化学検査実施の意義 (共著),天理大学学報. 71巻3号,1-25 2020年
  • 日本トップレベルの陸上競技十種競技選手における各種ジャンプ能力の特徴:国内トップレベルの跳躍選手との比較から (共著),陸上競技学会誌. 18巻,1-6 2020年
  • Effect of skipping breakfast for six days on energy metabolism and diurnal rhythm of blood glucose. (共著),Am J Clin Nutr. 110,41-52 2019年
  • Hepatic Sdf2l1 controls feeding-induced ER stress and regulates metabolism. (共著),Nat Commun. 10,947 2019年
  • Downregulation of macrophage Irs2 by hyperinsulinemia impairs IL-4-indeuced M2a-subtype macrophage activation in obesity (共著),Nat Commun. 9,4863 2018年
  • Meal rich in rapeseed oil increases 24-h fat oxidation more than meal rich in palm oil (共著),PLoS ONE. 13,e0198858 2018年
  • 炭素磁気共鳴分光法による肝臓のグリコーゲン評価方法の確立及び日内変動の検討 (共著),デサントスポーツ科学. 39巻,152-157 2018年
  • 運動や食事のタイミングがエネルギー代謝に及ぼす影響 (単著),体力科学. 67巻,351-356 2018年
  • Deficiency of the hepatokine selenoprotein P increases responsiveness to exercise in mice through upregulation of reactive oxygen species and AMP-activated protein kinase in muscle (共著),Nat Med. 23,508-516 2017年
  • Energy metabolism differs between sleep stages and begins to increase prior to awakening (共著),Metabolism. 69.,14-23 2017年
  • Exercise before breakfast increases 24-h fat oxidation in female subjects (共著),PLoS ONE. 12.,e0180472 2017年
  • Anagliptin increases insulin-induced skeletal muscle glucose uptake via an NO-dependent mechanism in mice. (共著),Diabetologia. 59,2426-2434 2016年
  • Tofogliflozin Improves Insulin Resistance in Skeletal Muscle and Accelerates Lipolysis in Adipose Tissue in Male Mice (共著),Endocrinology. 157,1029-1042 2016年
  • Exercise increases 24-h fat oxidation only when it is performed before breakfast (共著),E BioMedicine. 2.,2003-2009 2015年
  • Transient energy deficit induced by exercise increases 24-h fat oxidation in young trained men (共著),J Appl Phsyiol. 118.,80-85 2015年
  • 朝練習のトレーニング効果 (共著),ランニング学研究.26巻1号,1-13 2015年
  • Effects of nutrient composition of dinner on sleep architecture and energy metabolism during sleep. (共著),J.Nutr.Sci.Vitaminol. 60,114-121 2014年
  • LECT2 functions as a hepatokine that links obesity to skeletal muscle insulin resistance (共著),Diabetes. 63,1649-1664 2014年
  • The effect of nocturnal blue light exposure from light-emitting diodes on wakefulness and energy metabolism the following morning (共著),Environ Health Prev Med. 19,354-361 2014年
  • Combined treatment with low-dose pioglitazone and beraprost sodium improves glucose intolerance without causing body weight gain. (共著),Diabetology International. 4,226-232 2013年
  • Effect of exercise performed before or after breakfast on 24 h fat oxidation (共著),Metabolism. 62,793-800 2013年
  • Proteasome Dysfunction Mediates Obesity-Induced Endoplasmic Reticulum Stress and Insulin Resistance in the Liver  (共著),Diabetes. 62,811-824 2013年
  • Changes in substrate oxidation persist overnight after marathon race (共著),Jpn. J. Phys. Fitness Sports Med. 57,163-168 2008年

その他

  • 依頼原稿:運動しすぎは、アンチ・アンチエイジングなのか (単著),アンチ・エイジング医学,46-50 2020年01月
  • 依頼原稿:早朝運動が促す日中の糖・脂質代謝量の増加 (単著),体育の科学.69巻3号.221-226 2019年03月
  • 教育講演:ノルディック・ウォークの効果を高める食事と時間の考え方 (単独),第7回日本ノルディック・ウォーク学会学術大会 2018年11月10日
  • 口頭発表:運動前の高脂肪食摂取がグリコーゲン利用に及ぼす影響 (共同),第73回日本体力医学会 2018年09月07日-2018年09月09日
  • ポスター発表:Diurnal variation in the glycogen content of human liver and muscle using 13C MRS (共同),RACMEM 2017 2017年10月20日-2017年10月22日
  • ポスター発表:13C-MRSによる非侵襲的な肝グリコーゲン濃度の評価方法の確立 (共同),第72回日本体力医学会 2017年09月16日-2017年09月18日
  • 依頼原稿:運動のタイミングと脂肪燃焼 (共著),臨床栄養.130巻3号.315-320 2017年03月
  • 招待講演:朝食前に行う運動が24時間の脂肪酸化を促す (単独),第3回時間栄養科学研究会/第11回ニュートリズム検討会 2016年08月26日
  • ポスター発表:朝食前の運動が24時間の脂質酸化量に及ぼす影響 (共同),第28回ランニング学会 2016年03月12日-2016年03月13日
  • ポスター発表:運動実施時間帯の違いが血中脂肪酸組成に及ぼす影響 (共同),第70回日本体力医学会 2015年09月18日-2015年09月20日
  • ポスター発表:Transient energy deficit after exercise performed in a postabsorptive state increases 24-h fat oxidation (共同),ACSM's 62nd Annual Meeting 2015年05月26日-2016年05月30日
  • ポスター発表:Transient deficit in energy and carbohydrate increases 24-h fat oxidation. (共同),12th Asian Congress of Nutrition 2015年05月14日-2015年05月18日
  • ポスター発表:Exercise increases 24 h fat oxidation if performed before breakfast. (共同),RACMEM 2014 2014年10月10日-2014年10月12日
  • ポスター発表:Timing of exercise relative to meal ingestion affects 24 hours fat oxidation. (共同),Obesity week 2013 2013年11月13日-2013年11月16日
  • 口頭発表:“いつ”運動するかが24時間の脂質酸化量に影響する (共同),第34回日本肥満学会 2013年10月11日-2013年10月12日
  • 口頭発表:体内貯蔵エネルギー量の日内変動が24時間脂質酸化量に及ぼす影響 (共同),第68回日本体力医学会 2013年09月21日-2013年09月23日
  • ポスター発表:授業でフルマラソンに挑戦することが大学生の心理に及ぼす影響. (共同),第25回ランニング学会 2013年03月23日-2013年03月24日
  • 依頼原稿:早朝運動と24時間脂質代謝 -朝練は本当に脂肪燃焼に効果的か- (共著),体育の科学.62巻11号.845-850 2012年11月
  • エネルギー代謝の測定法:直接熱量測定と間接熱量測定 (共著),内分泌・糖尿病・代謝内科.35巻4号.302-308 2012年10月
  • 口頭発表:早朝空腹時の運動は24時間エネルギー代謝に影響するか (共同),第67回日本体力医学会 2012年09月14日-2012年09月16日
  • 依頼原稿:Exercise in a metabolic chamber - Effects of exercise on 24h fat oxidation (共著),J Phys Fitness Sports Med. 1(2): 307-316 2012年06月
  • ポスター発表:授業「つくばマラソン」受講生のフルマラソン挑戦過程における心理的変化 (共同),第24回ランニング学会 2012年03月18日-2012年03月19日
  • 依頼原稿:長時間運動とエネルギー代謝 (単著),体育の科学.61巻8号.562-568 2011年08月

学会・社会活動等

一般活動

  •  ランニング学会 理事 2017年04月-現在まで
  •  NPO法人日本市民スポーツ海外交流協会 理事 2011年04月-現在まで

講演・公開講座等

  • 平成31年度学術研修会・スキルアップセミナー・市民公開講座 知的に走ろう!市民ランナーの為のランニング教室,三重県鍼灸師会 2019年04月14日
  • 天理市ヘルスアンバサダー養成講座 栄養摂取と運動,天理市 2018年10月29日
  • 寄稿:ランニングの実践科学「いかに考え、いかに走るか」 ランニングの世界(創文企画)21号 2016年04月
  • 連載:科学のちからで速くなる 月刊ランナーズ(株式会社アールビーズ)2016年6月号~2017年6月号 2016年04月-2017年04月
  • 連載:若手ランナー・研究者が伝えたい「ランニングの」技術」 ランニングの世界(創文企画)17号~20号 2014年04月-2016年03月
  • 寄稿:とにもかくにもランニング ランニングの世界(創文企画)11号 2011年04月

受賞

  • 授業でフルマラソンに挑戦することが大学生の心理に及ぼす影響 一般研究発表B優秀発表賞:ランニング学会 2014年03月

外部資金による研究・活動等

  • 中鎖脂肪酸の単回摂取が運動中の脂質代謝および持久性運動能力に及ぼす影響  科学研究費基金:若手研究 2021年04月01日-2023年03月31日
  • 高脂肪食摂取が運動中の脂質代謝および骨格筋・肝臓グリコーゲン濃度に及ぼす影響 科学研究費基金:若手研究 2018年04月01日-2022年03月31日
  • 持久的運動時のグリコーゲン節約を狙った高脂肪食摂取の検討 公益財団法人ヤマハ発動機:スポーツチャレンジ研究助成 2017年04月01日-2018年03月31日
  • 炭素磁気共鳴分光法による肝臓のグリコーゲン評価方法の確立及び日内変動の検討 公益財団法人石本記念デサントスポーツ科学研究助成 2017年04月01日-2017年10月31日
  • 肝臓グリコーゲン濃度の変動が脂肪酸化に及ぼす影響:炭素磁気共鳴分光法を用いた検討 科学研究費補助金: 研究活動スタート支援 2016年10月01日-2018年03月31日
  • 運動実施時間帯の違いは24時間の脂肪燃焼量に影響するか 科学研究費補助金:特別研究員奨励費 2014年04月01日-2016年03月31日
  • 朝練習は24時間の脂肪酸化量を増大させるか ~ヒューマン・カロリメーターを用いた長時間のエネルギー代謝測定による検討~  上月財団:スポーツ研究助成 2013年-2014年
  • 朝練習は本当に脂肪燃焼に効果的か ランニング学研究基金 2013年-2014年

大学運営等

学生指導(課外活動など)

  • 陸上競技部 コーチ  2019年04月01日-現在まで
このページの先頭へ