天理大学

体育学部教員・研究者情報

体育学科

講師 蓬田 高正(ヨモギダ タカマサ)
このページを印刷

基本情報

学位 修士(体育学)筑波大学
担当科目 健康スポーツ科学1<臨床・福祉・考民> 健康スポーツ科学1<宗教・中国・韓国> 健康スポーツ科学1<地域A> 健康スポーツ科学2 健康スポーツ科学2 健康スポーツ科学2 スポーツ方法(スキー)<秋期集中> レクリエーション論 健康・体力づくり運動(レクリエーショナルスポーツ)<A> 健康・体力づくり運動(レクリエーショナルスポーツ)<B> 健康・体力づくり運動(レクリエーショナルスポーツ)<C> 体育学演習1<U> 体育学演習2<U> スポーツ方法(野外活動) 卒業研究<M>
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 野外教育、青少年教育、自然体験活動

研究活動詳細

著書

  • 体験の風をおこそう—体験活動の企画と展開 (共著),悠光堂,26頁~30頁 2012年08月05日
  • 野外教育入門シリーズ第2巻「野外教育における安全管理と安全学習—つくる安全,まなぶ安全—」 (共著),杏林書院,36頁~45頁 2011年07月30日

論文

  • 国立青少年教育施設における冒険教育プログラムの心理的効果に関する研究 : ジュニアチャレンジ淡路島一周を事例に (単著),天理大学学報第68巻第3号,51頁〜59頁 2017年02月26日
  • 大学スキー実習参加者のスキーに対する魅力認知に関する研究 (共著),大学体育研究第25巻31頁〜38頁,共同研究につき本人担当部分抽出不可能 2003年03月
  • 野外運動の授業が学生の生きる力に及ぼす影響 (共著),大学体育研究第25巻19頁〜29頁,共同研究につき本人担当部分抽出不可能 2003年03月
  • 大学キャンプ実習が参加者の一般的因果律志向性に及ぼす影響 (共著),大学体育研究第24巻35頁〜42頁,共同研究につき本人担当部分抽出不可能 2002年03月
  • 長期自然体験が児童の内発的動機づけに及ぼす影響 (共著),野外教育研究第3巻第2号13頁〜22頁,共同研究につき本人担当部分抽出不可能 2000年03月

学会・社会活動等

一般活動

  •  奈良県キャンプ協会 理事 2017年05月-現在まで
  •  国立曽爾青少年自然の家施設業務運営委員会企画評価部会委員 2016年06月-現在まで
  •  関西野外活動ミーティング実行委員 2015年03月-現在まで

講演・公開講座等

  • 関西野外活動ミーティング2017シンポジウム「キャンプの可能性を探る〜いままさにアクティブラーニング〜」コーディネーター 関西野外活動ミーティング2017実行委員会,ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター) 2017年02月26日
このページの先頭へ