天理大学

体育学部教員・研究者情報

体育学科

教授 神谷宣広(カミヤ ノブヒロ) KAMIYA NOBUHIRO
電子メール:
nkamiya1
このページを印刷

基本情報

学位 岐阜大学医学部修了
岐阜大学大学院医学系研究科外科系専攻(整形外科)修了
医学博士取得
担当科目 体育・スポーツ学特論 スポーツ科学研究法 体育学特別研究I<F> スポーツ医学特論 スポーツ医学演習 体育学特別研究II<F> 体育学特別研究III<F> 解剖学<A> 解剖学<B> スポーツ方法(スキー)<秋期集中> スポーツ方法(スケート)<秋期集中> スポーツ医学<A> スポーツ医学<B> 体育学演習1<P> 体育学演習2<P> 健康運動論 救急看護法<B> 救急看護法<A> 卒業研究<N>
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 スポーツ医学・整形外科学
現在の研究課題 スポーツ医学、骨・軟骨の基礎研究
所属学会名 日本整形外科学会、日本小児整形外科学会(評議員)、日本骨代謝学会、日本軟骨代謝学会(評議員)、アメリカ骨代謝学会、北アメリカ小児整形外科学会、Orthopaedic Reserach Society
免許・資格等 医師免許取得
日本整形外科学会整形外科専門医取得
日本整形外科学会脊椎脊髄病医取得
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本体育協会公認スポーツドクター
経歴 スポーツドクター
整形外科医としてスポーツ外傷や小児疾患を経験。平成16年より5年間、アメリカ国立衛生研究所(NIH)に勤務する。ミシガン大学を経て、平成22年よりテキサス州立大学医学部整形外科Assistant Professorならびにテキサス小児整形外科病院研究部門長として平成26年3月まで勤務。平成26年4月より現職。ベーラー大学非常勤Assistant Professorを併任する。天理よろづ相談書病院整形外科非常勤医師。 平成27年4月より天理大学大学院体育学研究科教授を兼任。
メッセージ 解剖学、スポーツ医学、救急看護法などの授業を担当しています。10年以上のアメリカでの経験を生かし、スポーツの現場に生かせる内容の授業に取り組んでいます。また、ゼミや卒業研究ではスポーツと怪我などをテーマに選び、各個人の競技種目に役立つ内容にしています。また、天理大学大学院においては、スポーツ科学分野のスポーツ医学をより専門的な内容で講義・演習を実施しています。

研究活動詳細

著書

  • Bone Morphogenetic Proteins: Systems Biology Regulators (共著),Springer International ,p39-72 2017年04月
  • The role of BMPs in bone anabolism and their potential targets SOST and DKK1 (単著),Molecular Interaction, Chapter 12, INTEC,283-302 2012年05月
  • The in vivo evidence for the potential interaction between BMP and Wnt in bone - New aspect of BMP signaling (単著),Bone Morphogenetic Proteins New Research, Chapter 1, NOVA Publishers,1-18 2012年01月
  • 骨端成長軟骨板の細胞 (単著),臨床整形外科 39(1)、64-6 2004年01月

論文

  • Scleraxis-Lineage Cells Contribute to Ectopic Bone Formation in Muscle and Tendon (共著),Stem Cells. 35(3):705-710 2017年
  • Targeted disruption of NF1 in osteocyte increases FGF23 and osteoid with osteomalacia-like bone phenotype (共著),J Bone Miner Res, accepted and in press 2017年
  • 天理スポーツ障害予防プログラム構築に関する研究(第1報):大学生スポーツ競技者におけるスポーツ外傷・障害ならびに前十字靭帯損傷調査 (共著),天理大学学報242、p11-25 2016年01月
  • Elevated Fibroblast Growth Factor Signaling Is Critical for the Pathogenesis of the Dwarfism in Evc2/Limbin Mutant Mice (共著),PLoS Genet. 2016 Dec 27;12(12):e1006510 2016年
  • Ellis Van Creveld2 is Required for Postnatal Craniofacial Bone Development (共著),Anat Rec (Hoboken)., 299(8):1110-20 2016年
  • Expression of Evc2 in craniofacial tissues and craniofacial bone defects in Evc2 knockout mouse (共著),Arch Oral Biol., 68:142-52 2016年
  • HIF-1-Dependent IL-6 Activation in Articular Chondrocytes Initiating Synovitis in Femoral Head Ischemic Osteonecrosis (共著),J Bone Joint Surg Am., 98(13):1122-31 2016年
  • In Vivo Monitoring of Activated Macrophages and Neutrophils in Response to Ischemic Osteonecrosis in a Mouse Model (共著),J Orthop Res, 2016 34(2):307-13 PMID: 26016440 2016年
  • Loss of BMP signaling through BMPR1A in osteoblasts leads to greater collagen cross-link maturation and material-level mechanical properties in mouse femoral trabecular compartments (共著),Bone, 88:74-84 2016年
  • Targeted disruption of BMP signaling through type IA receptor (BMPR1A) in osteocyte suppresses SOST and RANKL, leading to dramatic increase in bone mass, bone mineral density and mechanical strength (共著),Bone, 91:53-63 2016年
  • A PAX1 enhancer locus is associated with susceptibility to idiopathic scoliosis in females (共著),Nat Commun. 6:6452, 2015. PMID: 25784220 2015年
  • Development of a Mouse Model of Ischemic Osteonecrosis (共著),Clin Orthop Relat Res., 473(4):1486-98, 2015. PMID: 25666143 2015年
  • Generation of Evc2/Limbin global and conditional KO mice and its roles during mineralized tissue formation (共著),Genesis, 2015 Jul 28. PMID: 26219237 2015年
  • Legg-Calvé-Perthes Disease Produces Chronic Hip Synovitis and Elevation of Interleukin-6 in the Synovial Fluid (共著),J Bone Miner Res, 30(6): 1009-1013. 2015. PMID: 25556551 2015年
  • Mechanical loading synergistically increases trabecular bone volume and improves mechanical properties in the mouse when BMP signaling is specifically ablated in osteoblasts (共著),PLoS One. 2015 Oct 21;10(10):e0141345, PMID: 26489086 2015年
  • SHP2-deficiency in chondrocytes deforms orofacial cartilage and ciliogenesis in mice (共著),J Bone Miner Res, 30(11):2028-32, 2015. PMID: 25919282 2015年
  • ぺルテス病の分子レベルでの病態解析 (単著),近畿小児整形外科28、p52-53 2015年
  • Neurofibromin Deficiency-Associated Transcriptional Dysregulation Suggests a Novel Therapy for Tibial Pseudoarthrosis in NF1 (共著), J Bone Miner Res, 29(12): 2636-2642, 2014. PMID: 24932921 2014年06月
  • Targeted Disruption of Shp2 in Chondrocytes Leads to Metachondromatosis with Multiple Cartilaginous Protrusions (共著),J Bone Miner Res, 29(3): 761-769, 2014, PMID: 23929766 2014年03月
  • Local Administration of Bone Morphogenetic Protein-2 and Bisphosphonate During Non-Weight Bearing Treatment of Ischemic Osteonecrosis of the Femoral Head. An Experimental Investigation in Immature Pigs. (共著),J Bone Joint Surg Am, 96(18):1515-1524, 2014, PMID: 25232075 2014年
  • Regulation of bone and skeletal development by the SHP-2 protein tyrosine phosphatase (共著),Bone, 69:55-60, 2014 PMID: 25178522 2014年
  • BMP receptor 1A determines the cell fate of the postnatal growth plate. (共著),Int J Biol Sci. 9(9):895-906, 2013, PMID: 24163588 2013年09月
  • Deletion of SHP-2 in mesenchymal stem cells causes growth retardation, limb and chest deformity and calvarial defects in mice (共著),Dis Model Mech., 6(6): 1448-1458, 2013, PMID: 24077964 2013年06月
  • Acute BMP2 upregulation following induction of ischemic osteonecrosis in immature femoral head. (共著),Bone, 53:239-247, 2013. PMID: 23219944 2013年
  • Augmentation of Smad-dependent BMP signaling in neural crest cells causes craniosynostosis in mice. (共著),J Bone and Mineral Research, 28(6):1422-33, 2013. PMID: 23281127 2013年
  • High-Concentration of BMP2 Reduces Cell Proliferation and Increases Apoptosis via DKK1 and SOST in Human Primary Periosteal Cells. (共著),Bone, 54:141-150, 2013, PMID: 23360788 2013年
  • Induction of SHP2-deficiency in chondrocytes causes severe scoliosis and kyphosis in mice. (共著),Spine, 38(21): E1307-E1312, 2013, PMID: 23873233 2013年
  • Lactoferrin Activates BMP7 Gene Expression through the Mitogen-activated Protein Kinases ERK Pathway in Articular Cartilage. (共著),Biochem Biophys Res Commun, 431(1):31-35, 2013, PMID: 23296204 2013年
  • The role of BMPs in bone anabolism and their potential targets SOST and DKK1. (単著),Current Molecular Pharmacology, 5(2):153-163, 2012. PMID: 21787290 2012年
  • Wnt-Bmp Feedback Circuit Controls Intertissue Signaling Dynamics in Tooth Organogenesis. (共著),Science Signaling, 5(206):rad4, 2012. PMID: 22234613 2012年
  • Conditional deletion of Bmpr1a in differentiated osteoclasts increases osteoblastic bone formation, increasing volume of remodeling bone in mice. (共著),J Bone Miner Res, 26(10):2511-22, 2011. PMID: 21786321 2011年
  • Development of severe skeletal defects in induced SHP-2-deficient adult mice: a model of skeletal malformation in humans with SHP-2 mutations. (共著),Dis Model Mech, 4(2): 228-239. 2011. PMID: 21068439 2011年
  • Local administration of ibandronate and bone morphogenetic protein-2 stimulates bone formation and decreases femoral head deformity following ischemic osteonecrosis of the immature femoral head. (共著),J Bone Joint Surg, 93(10): 905-13, 2011.PMID: 21593365 2011年
  • Loss-of-function of ACVR1 in osteoblasts increases bone mass and activates canonical Wnt signaling through suppression of Wnt inhibitors SOST and DKK1. (共著), Biochem Biophys Res Commun, 414(2):326-30, 2011. PMID: 21945937 2011年
  • New insights on the roles of BMP signaling in bone – A review of recent mouse genetic studies. (共著),Biofactors, 37(2): 75-82, 2011. PMID: 21488130 2011年
  • Nuclear xenobiotic receptor PXR-null mouse exhibits hypophosphatemia and represses the Na/Pi- cotransporter SLC34A2. (共著),Pharmacogenet Genomics. 20(1):9-17. 2010. PMID: 19898264 2010年
  • Wnt inhibitors Dkk1 and Sost are downstream targets of BMP signaling through the Type IA receptor (BMPRIA) in osteoblasts. (共著),J Bone Miner Res. 25(2): 200-210. 2010. PMID: 19874086 2010年
  • Nuclear xenobiotic receptor PXR locks co-repressor SMRT onto the CYP24A1 promoter to attenuate vitamin D3 activation. (共著),Mol Pharmacol. 75(2): 265-271, 2009. PMID: 18981260 2009年
  • A distinct cohort of progenitor cells participates in synovial joint and articular cartilage formation during mouse limb skeletogenesis. (共著),Dev Biol. 316(1), 62-73, 2008. PMID: 18295755 2008年
  • BMP signaling negatively regulates bone mass through sclerostin by inhibiting the canonical Wnt pathway. (共著),Development. 135(22): 3801- 3811, 2008. PMID: 18927151 2008年
  • BMP type I receptor inhibition reduces heterotropic ossification. (共著),Nat Med. 14(12): 1363-1369, 2008. PMID: 19029982 2008年
  • Disruption of BMP signaling in osteoblasts through type IA receptor (BMPRIA) increases bone mass. (共著),J Bone Miner Res. 23(12): 2007-17, 2008. PMID: 18684091 2008年
  • Wnt/beta-catenin signaling regulates cranial base development and growth. (共著),J Dent Res. 87(3), 244-9, 2008. PMID: 18296608 2008年
  • Identification and characterization of versican/PG-M aggregates in cartilage. (共著),J Biol Chem. 281 (4), 2390-400, 2006. 2006年
  • 形成因子BMPの骨発生過程における機能解析 (共著),実験動物ニュース(Experimental Animal News.) 55:97-100, 2006. 2006年
  • Establishment of a novel chondrocytic cell line, N1511, derived from p53-null mice. (共著),J Bone Miner Res, 17, 1832-1842, 2002. 2002年
  • Missing anterior cervical plate and screws, A case report. (共著), Spine, 25, 2258-2261, 2000. 2000年
  • Cerebral infarction after deflation of a pneumatic tourniquet during total knee replacement (共著),Anesthesiology, 90, 297-298, 1999. 1999年

教育活動詳細

教育内容・方法の工夫

  • 大学院講義・演習における授業教材の作成  2015年04月01日-現在まで
  • 参考プリントやスライドの作成  2014年04月01日-現在まで

その他教育活動上特記すべき事項

  • アンチドーピング講習会  2016年12月15日-2016年12月22日
  • 女性アスリート講習会  2016年03月12日-2016年03月12日
  • 怪我予防講習会  2015年08月09日-2015年08月18日

学会・社会活動等

一般活動

  •  奈良スポーツ医学研究会世話人 2015年-現在まで
  •  奈良県骨関節研究会世話人 2015年-現在まで
  •  日本小児整形外科学会評議員 2015年-現在まで
  •  日本軟骨代謝学会評議員 2014年-現在まで

講演・公開講座等

  • A report of 2015 KPOS-TPOS-JPOA Exchange Fellowship in Korea Kamiya, N.Oral (F-2),The 27th Annual Meeting of the Japanese Pediatric Orthopaedic Association,宮城 2016年12月01日-2016年12月02日
  • HIF-1-dependent IL-6 activation in articular chondrocytes as a mechanism for the initiation of hip synovitis following ischemic osteonecrosis of the femoral head Yamaguchi, R., Kamiya, N., Kim, H. Poster (EP-4),The 27th Annual Meeting of the Japanese Pediatric Orthopaedic Association,宮城 2016年12月01日-2016年12月02日
  • 大学生スポーツ競技者におけるスポーツ外傷・障害ならびに前十字靭帯損傷調査 神谷宣広、水野みどり 口演(O20-7),第42回日本整形外科スポーツ医学会学術集会,札幌 2016年09月17日
  • BMPの新たな役割:Mouse geneticsを用いた挑戦 第17回運動器科学研究会,大阪 2016年09月02日
  • 飛込競技における怪我と心理的不安状況の調査 前谷健佑、神谷宣広 口演(04生-26-口-18),第67回日本体育学会,大阪 2016年08月26日
  • 大学陸上競技選手における外傷・障害を予防するための意識調査に関する研究 吉田寿、神谷宣広 ポスター(04生-25-ポ-30),第67回日本体育学会,大阪 2016年08月25日
  • 天理大学におけるスポーツ外傷・障害の現状とその対策 口演(一般演題6),第19回奈良スポーツ医学研究会,奈良 2016年08月06日
  • Targeted Disruption of BMP Signaling Through Type IA Receptor (BMPRIA) in Osteocyte Suppresses SOST and DKK1, Leading to a Dramatic Increase in Bone Mass, Bone Mineral Density and Mechanical Strength The annual meeting of Korean Paediatric Orthopaedic Society (KPOS),Seoul, Korea 2016年06月03日-2016年06月04日
  • My basic research in pediatric orthopaedics Seoul National University Children's Hospital,Seoul, Korea 2016年06月01日
  • My basic research in pediatric orthopaedics Severance Children's Hospital,Seoul, Korea 2016年05月31日
  • Legg-Calvé-Perthes Disease Produces Chronic Hip Synovitis and Elevation of Interleukin-6 in the Synovial Fluid Poster (EP-10) Selected as Best Poster Award,The 26th Annual Meeting of the Japanese Pediatric Orthopaedic Association,Gifu, Japan 2015年12月04日-2015年12月05日
  • 骨細胞特異的なBMPR1Aレセプターを介するBMPシグナル欠損により、SOSTとRANKLの発現が抑制され、結果的に骨密度と骨強度が劇的に増加する 口演1-5-4,第30回日本整形外科基礎学術集会,富山 2015年10月22日-2015年10月23日
  • Scleraxis cells contribute to the development of trauma-induced and genetic HO Poster (FR0083),Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research,Seattle, Washington, USA 2015年10月09日-2015年10月12日
  • Targeted Disruption of BMP Signaling Through Type IA Receptor (BMPRIA) in Osteocyte Suppresses SOST and RANKL, Leading to a Dramatic Increase in Bone Density and Mechanical Strength Paper #1048 (Podium) Selected as top 20 highlights,Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research,Seattle, Washington, USA 2015年10月09日-2015年10月12日
  • 大学生エリートアスリートにおけるスポーツ外傷・障害調査 口演O-46-2G-01,第70回日本体力医学会大会,和歌山 2015年09月18日-2015年09月20日
  • 私の整形外科基礎研究—BMP、側弯症、Metachondromatosis、ペルテス病、NF1など 第12回OBMMG,東京 2015年07月25日
  • 骨細胞特異的なBMPR1Aレセプターを介するBMPシグナル欠損により、SOSTとRANKLの発現が抑制され、結果的に骨密度と骨強度が劇的に増加する 口演O-040,第33回日本骨代謝学会,東京 2015年07月23日-2015年07月25日
  • 小児大腿骨頭壊死症に対する基礎研究(ペルテス病の分子レベルでの病態解析) 口演O4-17,第54回日本小児股関節研究会,東京 2015年06月26日-2015年06月27日
  • Legg-Calvé-Perthes Disease Produces Chronic Hip Synovitis and Elevation of Interleukin-6 in the Synovial Fluid Yamaguchi, R., Kamiya, N., Adapala, N.S., Chen. E., Neal, D., Drissi, H., Kim H.K.,The 60th Annual Meeting of Orthopaedic Research Society, Paper #52 (Podium),Las Vegas, NV, USA 2015年03月28日-2015年03月31日
  • Targeted Disruption of BMP Signaling Through Type IA Receptor (BMPRIA) in Osteocyte Leads to Dramatic Increase in Bone Density and Mechanical Strength Kamiya, N., Shuxian, L., Phipps, M., Aruwajoye, O., Feng, J.Q., Kim, H.K.W.,The 60th Annual Meeting of Orthopaedic Research Society, Paper #136 (Podium), Las Vegas, NV, USA 2015年03月28日-2015年03月31日
  • Chondrocytes Produce Inflammatory Cytokine Interleukin 6 (IL-6) Following Pediatric Ischemic Osteonecrosis Kamiya, N., Kim, H.K.W.,The 28th Annual Meeting of the Japanese Society of Cartilage Meeting, Abstract O33,Tokyo, Japan 2015年03月06日-2015年03月07日
  • ペルテス病の分子レベルでの病態解析 神谷宣広、西松秀和、Harry Kim,第55回近畿小児整形外科懇話会、一般演題6,奈良 2015年01月24日
  • Local Administration of BMP-2 and Ibandronate Improves Bone Healing During Non-Weight Bearing Treatment of Ischemic Osteonecrosis of the Femoral Head in Immature Pigs Kim, H.K.W., Aruwajoye, O., Du, J. Kamiya, N.,Annual Meeting of the Pediatric Orthopaedic Society of North America, 2014, Paper#80 (Podium),Hollywood, CA, USA 2014年04月30日-2014年05月03日
  • Mechanisms to Induce Inflammatory Cytokine Interleukin 6 Following Ischemic Osteonecrosis Kamiya, N., Kim, H.K.W.,Annual Meeting of the Pediatric Orthopaedic Society of North America, 2014, Paper#1 (ePoster),Hollywood, CA, USA 2014年04月30日-2014年05月03日

受賞

  • 最優秀ポスター賞 HIF-1-dependent IL-6 activation in articular chondrocytes as a mechanism for the initiation of hip synovitis following ischemic osteonecrosis of the femoral head (山口亮介、神谷宣広) ,日本小児整形外科学会  2016年12月01日
  • 最優秀ポスター賞 Legg-Calvé-Perthes Disease Produces Chronic Hip Synovitis and Elevation of Interleukin-6 in the Synovial Fluid(神谷宣広),日本小児整形外科学会 2015年12月04日
  • Charles T. Price Basic Science Paper Award Pediatric Orthopaedic Society of North America 2014年05月01日

外部資金による研究・活動等

  • 天理大学アスリートに対するメディカルチェックの確立と有効性 の検証  平成29年度学術・研究・教育活動助成 2017年04月01日-2018年03月31日
  • 運動トレーニングによる筋骨格系の生化学的影響と運動指標の確立 平成28年度学術・研究・教育活動助成 2016年04月01日-2017年03月31日
  • 天理スポーツ障害予防プログラム構築に関する研究 平成27年度学術・研究・教育活動助成 2015年04月01日-2016年03月31日
  • 小児大腿骨頭壊死症に対する基礎研究 個人研究,科学研究費(基盤研究C、H27~H29) 2015年04月01日-現在まで
  • ペルテス病(小児大腿骨頭壊死症)の分子レベルでの病態解析 個人研究,科学研究費(研究活動スタート支援、H26~H27) 2014年09月01日-2016年03月31日

大学運営等

大学、学部運営等に関する諸活動

  • オープンキャンパス委員  2016年04月01日-現在まで
  • 自己点検評価委員  2016年04月01日-現在まで
  • 進路・キャリア教育支援委員  2014年04月-2015年03月31日
このページの先頭へ