天理大学

国際学部教員・研究者情報

地域文化学科アジア・オセアニア研究コース

准教授 井上昭洋(イノウエ アキヒロ) INOUE Akihiro
電子メール:
kalama
このページを印刷

基本情報

学位 Ph.D (Anthropology) University of Hawai'i at Manoa
担当科目 国際文化論<地域B> 国際文化論<地域A> 国際協力演習1 国際協力演習2 オセアニア地域文化概論 地域研究方法論<アジア・オセアニアA> 地域研究方法論<アジア・オセアニアB> オセアニア地域文化特論 生活文化演習4<アジア・オセアニアB> 社会文化演習1<アジア・オセアニアE> 社会文化演習2<アジア・オセアニアE>
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 文化人類学 ポリネシア地域研究
現在の研究課題 ハワイ人とキリスト教の民族誌学 先住民の文化政治学 天理教の文化研究
所属学会名 日本文化人類学会 日本オセアニア学会 「宗教と社会」学会 アメリカ人類学会(AAA) オセアニア社会人類学会(ASAO)
経歴 北海道大学文学部行動科学科卒業(1985) ハワイ大学マノア校人類学博士号取得(2003)
メッセージ 大学の4年間は、人生のうちで最も自由に時間を使って過ごすことのできる期間です。学問、スポーツ、サークル活動、趣味など、自分の打ち込めるものを見つけて、主体的かつ積極的にそれに取り組んでください。

研究活動詳細

著書

  • 『ハワイ人とキリスト教—文化の混淆とアイデンティティの再創造』 (単著),春風社,262頁 2014年12月

論文

  • 「観光と古代遺跡—先住ハワイ人のヘイアウをめぐる表象のポリティックス—(第4章)」 (単著),『アメリカスのまなざし—再魔術化される観光—』天理大学アメリカス学会(編)、天理大学出版部,pp.77-97. 2014年12月
  • 「ハワイ人主権運動の歴史的考察」 (単著),『アゴラ』第11号 天理大学地域文化研究センター紀要,pp.1ー31. 2014年03月
  • 「『おぢば帰り』の巡礼論」 (単著),『現代社会と天理教《伝道参考シリーズXXIV》』天理大学おやさと研究所,pp.167-183. 2013年03月
  • 「かみのこころにもたれつけ:九下り目を『地』と『手』から考える」 (単著),『「みかぐらうた」の世界を味わう《伝道参考シリーズXXI》』天理大学おやさと研究所,pp.157-176. 2011年03月
  • 「『元初まりの話』の表象論:『元の理』文化研究の素描として」 (単著),『天理大学おやさと研究所年報』16,pp.1-30. 2010年03月
  • 「キリスト教徒ハワイ人の現在—伝統的宗教文化についての会衆派信徒の語りを中心に(第17章)」 (単著),『ハワイ研究への招待-フィールドワークから見える新しいハワイ像』後藤明他(編)、関西学院大学出版,pp.121-133. 2004年03月
  • An Ethnographic Study of the Construction of Hawaiian Christianity in the Past and the Present (単著),University of Hawai'i at Manoa(学位論文),xiv+308頁 2003年05月
  • 「食生活の近代化と伝統的身体観・健康観の変容:トンガ健康減量大会の事例研究」 (単著),『北海道大学文学研究科紀要』105,pp.1-49. 2001年11月
  • Academism and the Politics of Culture in the Pacific (単著),Anthropological Forum, vol.10, no.2,pp.157-177. 2000年
  • Christian Tradition and Hawaiian Identity: A Study of Cultural Identity of Hawaiian Students (単著),Man and Culture in Oceania, vol.14,pp.31-68. 1998年
  • 「19世紀後半のハワイ人のキリスト教受容について:カオナの反乱とホオマナ・ナアウアオの誕生を中心に」 (単著),『北海道大学文学部紀要』45-2,pp.1-61. 1997年01月

その他

  • 口頭発表"Imagined Sovereignty: A Historical Study of the Hawaiian Political Movement." (単著),MOʻNA Our Pasts Before Us: 22nd Pacific History Association Conference 2016年05月20日
  • 口頭発表「先住ハワイ人『主権』運動の現在:アロハ・アイナ・ユニティ・マーチを通して考える」 (単著),日本オセアニア学会 第33回研究大会 2016年03月19日
  • 口頭発表「英語圏における天理教伝道:ハワイ・北米を中心に」 (単著),「宗教と社会」学会 第22回学術大会 2014年06月22日
  • 口頭発表「想像の主権—ハワイ人主権運動を歴史的文脈において捉え直す」 (単著),日本文化人類学会 第48回研究大会 2014年05月17日
  • 口頭発表「観光と古代遺跡:ハワイの事例から考える」 (単著),天理大学アメリカス学会  第18回年次大会 2013年11月23日
  • 分担執筆「アイデンティティの回復を目指して—ハワイアン・ルネサンス(第31章)」 (単著),『ハワイを知るための60章』山本真鳥・山田亨(編)、明石書店,pp.184-188. 2013年02月
  • 分担執筆「カホオラヴェ島からアカカ法案まで—ハワイ人の主権運動(第33章)」 (単著),『ハワイを知るための60章』山本真鳥・山田亨(編)、明石書店,pp.199-204. 2013年02月
  • 口頭発表「翻訳する身体/変換される身体:クリスチャン・フラに見る身体動作の変容」 (単著),日本スポーツ人類学会 第13回学会大会 2012年03月24日
  • 口頭発表「ネイティブの内側から多民族社会を捉え直す:ハワイの事例より」 (単著),天理大学アメリカス学会 第16回年次大会 2011年12月03日
  • 図書紹介「J. Kehaulani Kauanui著 Hawaiian Blood: Colonialism and the Politics of Sovereignty and Indigeneity」 (単著),『Glocal Tenri』vol.10, no.9,p.12. 2009年09月
  • 雑誌連載「ハワイ人とキリスト教:文化と信仰の民族誌学」 (単著),『Glocal Tenri』vol.10, no.4 - vol.13, no.3,毎号1-2頁 2009年04月-2012年03月
  • 雑誌寄稿「ツバルのキリスト教の歴史」 (単著),『TUVALU』 vol.33,pp.1-2. 2009年
  • 図書紹介「Fenella Cannell編 The Anthropology of Christianity」 (単著),『Glocal Tenri』vol.9, no.8,p.12. 2008年08月
  • 事典項目「伝統の創造」 (単著),『文化人類学文献事典』小松和彦他(編)、弘文堂,pp.803-804. 2004年12月
  • 口頭発表 "How Hawaiian Spirituality and Christian Faith are Embodied in Narratives: A Study of Diversity in Christian Hawaiian Identity" Commission Symposium 4: Embodying Human Diversity (単著),国際人類学民族学会議2002 (Inter-Congress of IUAES 2002: The Human Body in Anthropological Perspectives) 2002年09月23日
  • 口頭発表「伝統と信仰:キリスト教徒ハワイ人のアイデンティティ」 (単著),日本民族学会 第36回研究大会 2002年06月01日
  • 書評「春日直樹編『オセアニア・オリエンタリズム』」 (単著),『民族学研究』64-1,pp.120-123. 1999年
  • 口頭発表「キリスト教、伝統文化、ハワイアン・アイデンティティ」 (単著),日本民族学会 第32回研究大会 1998年05月24日
  • 口頭発表「19世紀後半のハワイ人のキリスト教受容について:カオナの反乱とホオマナ・ナアウアオの成立」 (単著),日本民族学会 第31回研究大会 1997年05月21日
このページの先頭へ