天理大学

人間学部教員・研究者情報

総合教育研究センター

准教授 関本克良(セキモト カツヨシ) SEKIMOTO Katsuyoshi
電子メール:
sekimoto
このページを印刷

基本情報

学位 中国研究学士(天理大学)
法学修士(神戸大学)
学術博士(神戸大学)
担当科目 基礎ゼミナール<2歴文1> 国際協力入門1 国際協力入門2 国際協力実習<秋期集中> 国際協力演習1 国際協力演習2 国際法 国際法 国際ボランティア論1 国際ボランティア論2 国際経済論 国際経済論
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 中国の「福祉」に関する研究 国際協力(開発)論
現在の研究課題 中国の民政政策と「福祉」に関する研究 自然災害と国際協力に関する研究
経歴 天理大学国際文化学部中国学科卒業(2000年)
神戸大学大学院国際協力研究科博士後期過程修了
博士(学術)(2005年)

天理大学国際学部地域文化研究センター講師
                 (2010年4月1日)
           同 准教授 (2015年4月1日)
天理大学人間学部総合教育研究センター准教授
(2016年4月1日)
メッセージ 私は、天理大学から大学院に進学して研究者になりました。大学生の4年間に、自分が専修する語学について誰にも負けない力をつける熱意が大切だと思います。その他、自分の視野を拡げるために何にでも挑戦して悔いのない学生生活を送ってほしいと思います。

研究活動詳細

著書

  • 註釈・子どもの権利条約28条:教育についての権利 (共著),現代人文社,88〜94頁(第2部第1章2・3)、122〜126頁(第3部第2章)  2007年

論文

  • 重大人権侵害被害者の被害回復の権利に関する若干の考察 (単著),天理大学地域文化研究センター『アゴラ』第10号,23-36頁。 2013年03月
  • 国際法と国家の法的責任に関する考察 —日本軍「慰安婦」問題と被害者の損害賠償請求権を焦点として— (単著),天理大学『天理大学学報』第63巻第2号(通巻 第229輯),109〜129頁 2012年02月
  • 中国の地域社会と社会福祉との関連についての一考察 (単著),天理大学地域文化研究センター『アゴラ』第8号,57〜73頁 2011年02月26日
  • 中国の障害者福祉 (単著),天理教布教部福祉課編『天理教社会福祉』天理教社会福祉研究会、No.29、2009年10月号。,27〜52頁 2009年10月26日
  • 中国の障害者福祉に関する基本構造分析 (単著),神戸大学大学院国際協力研究会『六甲台論集、国際協力研究編』(第7号),75〜92頁  2006年01月
  • 中国の地域社会における精神保健福祉政策 (共著),日本社会精神医学会『日本社会精神医学会雑誌』(第13巻・第3号),(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)  2005年02月
  • 中国の精神保健領域におけるインターネットの応用 (共著),日本社会精神医学会『日本社会精神医学会雑誌』(第13巻・第3号),(共同研究につき本人担当部分抽出不可能) 2005年02月
  • 中国における障害をもつ人の権利 (単著),アジア・太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)『アジア・太平洋人権レビュー2004企業の社会的責任と人権』現代人文社,189〜 191頁  2004年06月
  • 中国の社会福祉に関する研究序説 —障害者就業政策を中心として— (単著),神戸大学大学院国際協力研究科『国際協力論集』(第10巻・第3号),139〜 163頁  2003年02月

教育活動詳細

教育内容・方法の工夫

  • 「国際法1・2」  2012年04月01日-現在まで
  • 「国際参加プロジェクト」「国際協力演習1・2」「国際協力実習」  2010年04月01日-現在まで
  • 「国際経済論1・2」  2009年04月01日-現在まで

学会・社会活動等

講演・公開講座等

  • 社会権規約委員会公式NGOミーティングでの情報提供 ジュネーブの国連人権高等弁務官事務所で開催された社会権規約に基づく日本政府第3回報告書の審査において、国連NGO(日本友和会)ジュネーブ代表として参加して、国際人権規約と日本の現状に関する情報提供を行った。,国連人権高等弁務官事務所,スイス、ジュネーブ 2013年04月30日
  • 「社会権規約委員会に対する日本政府の第三回報告書について」 2013年5月、ジュネーブの国連人権高等弁務官事務所・社会権規約委員会において日本政府の第三回報告書が審査される。国会では社会権規約第13条第1項(c)「高等教育の無償化」に関する留保を撤回する動きがある。今回の政府報告書審査と「高等教育の無償化」に関する留保撤回がどのように審議されるのかについて講演した。,国庫助成に関する私立大学教授会関西中四国連絡協議会2011年度第3回研究会,松山大学 2012年03月06日
このページの先頭へ