天理大学

人間学部教員・研究者情報

総合教育研究センター教職課程

准教授 山本和行(ヤマモト カズユキ) YAMAMOTO Kazuyuki
電子メール:
yamakazu
このページを印刷

基本情報

学位 修士(教育学)2005年3月、京都大学大学院
博士(教育学)2012年3月、京都大学大学院
担当科目 保健体育科指導特別演習 教育史 教育原理 教育原理<中国・韓国・西伯・地域> 教育原理<人間・文・英米> 教育原理<体育A> 教育原理<体育B> 学校教育社会学<中国・韓国・西伯・地域> 学校教育社会学<体育A> 学校教育社会学<体育B> 学校教育社会学<文・英米> 学校教育支援 教育実習講義<教科:外国語><秋後> 教育実習講義<教科:社会・地理歴史><秋前> 介護等体験 教職実践演習(中・高)<体育C2>
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 近代教育史 植民地教育史 台湾史
所属学会名 日本教育学会、教育史学会、日本台湾学会、天理台湾学会
経歴 1996年4月〜2001年3月 天理大学国際文化学部中国学科
 1999年4月〜2000年3月 台湾・中国文化大学、交換留学
2003年4月〜2005年3月 京都大学大学院教育学研究科修士課程
2005年4月〜2010年3月 京都大学大学院教育学研究科博士後期課程
 2007年4月〜2009年3月 日本学術振興会特別研究員(DC2)
 2009年8月〜2010年3月 台湾・中央研究院台湾史研究所訪問研究員
2010年4月〜2015年3月 天理大学人間学部総合教育研究センター教職課程 専任講師
 2012年8月〜2013年7月 台湾・中国文化大学 交換教員(助理教授)
2015年4月~ 現職
メッセージ 教育は知らないことを教わる(学ぶ)ことで成り立っています。教員になるという将来像を想像しながら、日々の授業・日々の出会いを大切に、学びの姿勢をもって授業に参加してください。ともに成長していきましょう。

研究活動詳細

著書

  • 自由・平等・植民地性—台湾における植民地教育制度の形成— (単著),台湾・國立臺灣大學出版中心,352頁 2015年05月
  • 『続・近代日本教育会史研究』「第4章 国家教育社の活動とその変遷—一八九〇年代における中央教育団体の結成と挫折—」 (共著),学術出版会,133頁〜167頁 2010年11月

論文

  • 芝山巌の「神社」化—台湾教育会による整備事業を中心に— (単著),教育史学会『日本の教育史学』第59集,97-109頁 2016年10月
  • 「芝山巌事件」の儀式化—「芝山巌祭」の開催に着目して— (単著),天理大学中国文化研究会『中国文化研究』第32号,55-76頁 2016年03月
  • 日本「内地」における「芝山巌事件」の位置づけ (単著),奈良歴史研究会『奈良歴史研究』第84号,1-10頁 2016年03月
  • 植民地台湾への教育勅語の「導入」と「受容」—学校儀式に着目して— (単著),天理大学中国文化研究会『中国文化研究』第30号,71-90頁 2014年03月
  • 台湾統治初期の学校設置過程における台湾住民の「受容」 (単著),天理台湾学会『天理台湾学報』第21号,41-59頁 2012年06月
  • 1890年代における「国家教育」の具体相—雑誌『北陸教育』の分析を中心に— (単著),天理大学人間学部総合教育研究センター編『総合教育研究センター紀要』第9号,1頁〜13頁 2011年03月
  • 一八九〇年代宮城県における国家教育社の活動—自由民権運動との連続/非連続に着目して— (単著),日本教育史研究会『日本教育史研究』第28号,45頁〜81頁 2009年10月
  • 1890年全国教育者大集会における「国家教育」論の構造 (単著),日本教育学会『教育学研究』第76巻第1号,13頁〜22頁 2009年03月
  • 台湾領有初期における教育勅語の導入過程 (単著),教育史学会『日本の教育史学』第51集,56頁〜68頁 2008年10月
  • 台湾総督府学務部の人的構成について—国家教育社との関係に着目して— (単著),『京都大学大学院教育学研究科紀要』第54号,85頁〜97頁 2008年03月
  • 台湾領有直後における教育事業の展開—台湾総督府学務部の教育構想に着目して— (単著),台湾史研究会『現代台湾研究』第30・31合併号,155頁〜174頁 2006年11月

その他

  • 書評:呉宏明『日本統治下台湾の教育認識—書房・公学校を中心に—』 (単著),『図書新聞』第3272号(2016年9月24日号),5頁 2016年09月17日
  • 書評リプライ:許佩賢氏の書評に応えて (単著),日本教育史研究会『日本教育史研究』第35号,161-166頁 2016年09月
  • 翻刻:「新化公学校沿革誌」「新化農業補習学校沿革誌」—植民地台湾の教育史 (共著),『北海道大学大学院教育学研究院紀要』第126号,190-298頁 2016年06月
  • インタビュー記録:戦中戦後台湾における教育経験—宜蘭・李英茂氏への聞き取り記録から— (共著),『天理大学学報 語学・文学・人文・社会・自然編』第67巻第2号,19-47頁 2016年02月
  • 口頭発表:芝山巌の「神社」化—台湾教育会による整備事業を中心に— (単独),教育史学会第59回大会(宮城教育大学) 2015年09月26日
  • 研究動向:外地における教育会の組織と機能 (単著),日本教育史研究会『日本教育史研究』第34号,100-103頁 2015年08月
  • 研究ノート:専門教育と教養教育の接点—教育と研究の「レリバンス」に着目して— (単著),『天理大学総合教育研究センター紀要』第13号,61-70頁 2015年06月
  • 報告:「専門」と「教養」についての対話のこころみ (共著),『天理大学生涯教育研究』第19号,55-61頁 2015年03月
  • 研究報告書:近代の台湾と日本における言語教育、盲・聾教育の関連性に関する研究—伊沢修二を中心に— (共著),2014年度公益財団法人交流協会共同研究助成研究報告書 2015年03月
  • 口頭発表:「芝山巌事件」の慰霊と定型化—「芝山巌祭」の開催に着目して— (単独),日本台湾学会第12回関西部会研究大会、神戸学院大学 2014年12月20日
  • 研究ノート:天理大学設置時期における教職課程の位置づけ (単著),天理大学人間学部総合教育研究センター編『総合教育研究センター紀要』第12号,1-10頁 2014年06月
  • 翻訳:「原舞者」と台湾原住民族楽舞の復興と発展 (単訳),下村作次郎・孫大川・林清財・笠原政治編『台湾原住民族の音楽と文化』、草風館,91‐103頁 2013年12月
  • 口頭発表:「国家教育」論の「植民地教育」への変容—1890年代を中心に— (単独),第4回日本研究年会「国際日本研究の可能性を探る—人文・社会・国際関係—」国際シンポジウム、台湾・国立台湾大学 2013年11月09日
  • 口頭発表:日本統治初期における学校儀式の形成—「六氏先生」をめぐって— (単独),天理台湾学会第23回研究大会、天理大学 2013年06月29日
  • 報告書:1940年代台湾における教育団体の変容と再編過程—台湾教育会、台灣省教育會を中心に— (共著),教育情報回路研究会『近代日本における教育情報回路と教育統制に関する総合的研究 中間報告書(Ⅰ)』,63-80頁 2013年03月
  • 教育実践報告:授業におけるタブレットPCの活用—教員によるiPad利用の実践と課題— (単著),天理大学人間学部総合教育研究センター編『総合教育研究センター紀要』第11号,37〜44頁 2013年03月
  • 口頭発表:学校儀式の法制化から見る教育勅語の導入(従学校儀式法制化来看教育勅語之導入) (単独),「帝国在台湾」第4回ワークショップ、台湾・国立中興大学台湾文学與跨国文化研究所(発表言語:中国語) 2013年01月12日
  • 口頭発表:教育勅語の儀式性—儒教的空間との類似性/差異性—(教育勅語的儀式性—與儒教空間的類似性/差異性—) (単独),「帝国在台湾」第3回ワークショップ、台湾・中央研究院台湾史研究所(発表言語:中国語) 2012年06月15日
  • 口頭発表:国語伝習所・公学校設置過程における台湾住民の「受容」 (単独),天理台湾学会第21回研究大会、天理大学 2011年07月02日
  • 口頭発表:台湾領有初期における学校設置政策の展開—国語伝習所分教場の設立過程に着目して— (単独),教育史学会第54回大会、早稲田大学 2010年10月09日
  • 口頭発表:1890年代前半における「国立教育運動」—国家教育社の役割に着目して— (単独),教育史学会第52回大会、青山学院大学 2008年09月
  • 翻訳:中国義務教育段階における学校選択行為とそのソーシャル・キャピタルの構造 (単訳),『京都大学大学院教育学研究科・北京師範大学教育学院 日中教育学系合同シンポジウム2007年論文集』,30頁〜53頁 2008年03月
  • 口頭発表:日本植民地教育への考察から考える教育の課題(言語:中国語) (単独),第6回京都大学大学院教育学研究科国際シンポジウム、日中教育学系合同シンポジウム2007、京都大学 2007年11月
  • 口頭発表:台湾総督府学務部による教育勅語の導入過程—国家教育社による教育事業とのかかわりに着目して— (単独),教育史学会第51回大会、四国学院大学 2007年09月
  • 口頭発表:日本統治期における「教育勅語」の導入について—「漢訳教育勅語」を中心に— (単独),天理台湾学会第17回研究大会、天理大学 2007年06月
  • 報告書:近代ナショナリズムと帝国主義の展開と相克をめぐる基礎的研究—台湾・韓国・沖縄を中心に— (共著),平成18年度「魅力ある大学院教育」イニシアティブ、京都大学大学院教育学研究科「理論・実践融合型による教育学の研究者養成」、研究開発コロキアム研究成果報告書,共同研究につき本人担当分抽出不可能 2007年03月
  • 口頭発表:1890年全国教育者大集会と国家教育社の成立—地方教育会の動向に着目して— (単独),教育史学会第50回大会、大東文化大学 2006年09月
  • 口頭発表:日本統治直後台湾の教育事業と教育官僚—国家教育社との関係を中心に— (単独),日本台湾学会第3回関西部会研究大会、名古屋市立大学 2005年11月
  • 口頭発表:1895年の台湾領有と教育世論—国家教育社を中心に— (単独),教育史学会第49回大会、東北大学 2005年10月
  • 翻訳:台湾原住民族の教育問題 (単訳),山本春樹、黄智慧、パスヤ・ポイツォヌ・下村作次郎編『台湾原住民族の現在』、草風館,60頁〜86頁 2004年

教育活動詳細

作成した教科書、教材、参考書

  • 『教職実践演習(中・高)ハンドブック』の作成  2013年09月
  • 『天理大学教育実習ハンドブック』の作成  2011年04月

学会・社会活動等

一般活動

  •  天理南方文化研究会『南方文化』編集委員 2014年11月-現在まで
  •  日本台湾学会 第8期選挙管理委員(委員長) 2014年05月-2015年05月
  •  天理台湾学会理事 2011年04月-現在まで

講演・公開講座等

  • 天理大学人間学部公開シンポジウム「未来に求められる人間力—人を思い 人とともに生きる—」パネルディスカッション司会 天理大学人間学部,天理大学 2015年10月25日
  • 平成26年度奈良県教員免許状更新講習『学校教育の諸課題とカウンセリング』 小テーマ①「社会のグローバル化と学校教育」 天理大学 2014年08月26日
  • 平成25年度奈良県教員免許状更新講習『学校の教育課題とカウンセリング』 小テーマ③「学校教育と国際性・国民性」 天理大学 2013年08月23日
  • (講演)台湾教育発展による台湾現代化への影響 2012年日本台湾学生会議講演会,日本台湾学生会議関西支部,グリーンビレッジ交野 2012年07月

受賞

  • 第6回教育史学会研究奨励賞 受賞論文:芝山巌の「神社」化—台湾教育会による整備事業を中心に—,教育史学会 2016年10月

外部資金による研究・活動等

  • 植民地期台湾・朝鮮の国民教化装置に関する横断的調査研究 研究分担者,科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 2016年04月-2019年03月
  • 植民地統治下台湾における「学校文化」の形成に関する基礎的研究 研究代表者,科学研究費補助金 基盤研究(C) 2016年04月-2019年03月
  • 日本統治初期台湾における学校儀式に関する基礎的研究 研究代表者,科学研究費補助金 若手研究(B) 2014年04月-2016年03月
  • 近代の台湾と日本における言語教育・盲・聾教育の関連性に関する研究—伊沢修二を中心に— 研究分担者,公益財団法人交流協会 共同研究助成事業(人文・社会科学分野) 2014年04月-2015年03月
  • 日本統治初期台湾における「学校」設置政策に関する調査研究  研究代表者,科学研究費補助金 若手研究(B) 2012年04月-2014年03月
  • 近代日本における教育情報回路と教育統制に関する総合的研究 研究分担者,科学研究費補助金 基盤研究(B) 2012年04月-2015年03月
このページの先頭へ