天理大学

体育学部教員・研究者情報

体育学科

教授 白石晃(シライシ アキラ) SHIRAISHI Akira
電子メール:
ws-akira
このページを印刷

基本情報

担当科目 スポーツ教育研究法 体育科指導実践実習 保健体育科指導特別演習 スポーツ方法(スキー)<秋期集中> スポーツ方法(スケート)<秋期集中> スポーツ方法(テニス)<A> スポーツ方法(テニス)<B> スポーツ方法(テニス)<C> スポーツ方法(テニス)<D> 保健体育科指導法1<B> 学校教育支援 体育学演習1<V> 体育学演習2<V> スポーツ方法(野外活動) 保健体育科指導法2<A2> 保健体育科指導法2<A1> 教育実習講義<体育A1><秋前> 教育実習講義<体育A2><秋後> 介護等体験 卒業研究<V> 体育学特別演習1<G> 体育学特別演習2<G>
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 保健体育科教育、テニス
現在の研究課題 保健体育科教育学、テニス指導
所属学会名 日本体力医学会(2006年〜),日本体育学会(2006年〜)、奈良体育学会(2006年〜)、European College of Sport Science(ECSS)(2012〜)
免許・資格等 高等学校教諭専修免許状(保健体育)、高等学校教諭専修免許状(保健)、中学校教諭専修免許状(保健体育)、(公財)全日本スキー連盟指導員・A級検定員、(財)日本体育協会公認テニス上級指導員、(公財)日本体育協会公認スキー上級指導員
経歴 大阪府テニス協会常務理事、大阪府テニス協会コンプライアンス・倫理委員長
(1)天理大学体育学部卒業(体育学士、1982年3月)、上越教育大学大学院学校教育研究科修士課程教科領域教育専攻生活・健康系保健体育コース修了(教育学修士、1995年3月,
上越教育大学大学院)
(2)大阪府立西寝屋川高等学校 教諭(1984年4月)、大阪府立桃谷高等学校 教諭(1995年4月)、天理大学体育学部 助教授・テニス部監督(2006年4月)、天理大学体育学部 准教授(2007年4月)、天理大学体育学部 教授(2013年4月)

共同研究者として、平成22年度日本体育測定評価学会 学会賞受賞(2010年2月)、平成25年度日本体育学会第64回大会 測定評価専門領域 優秀発表賞受賞(2013年8月)、平成27年度日本体育学会第64回大会 測定評価専門領域 優秀発表賞受賞(2016年2月)
メッセージ 保健体育科教育・研究活動を通して、また部活動指導を通して
質の高い指導者(教員)の育成を心がけています。今できることに全力を傾け、大学生活を通して豊かな見識と指導力(実践力)を身につけてください。

研究活動詳細

著書

  • 2013年度版 教員試験県別受験対策シリーズ 専門教養 保健体育 (共著),協同出版(株),3都道府県の解答・解説担当 2011年10月01日
  • 2011年度版 教員試験県別受験対策シリーズ 専門教養 保健体育 (共著),協同出版(株),8都道府県・市の解答・解説担当 2009年10月01日
  • 2010年度版 教員試験県別受験対策シリーズ 専門教養 保健体育 (共著),協同出版(株),3都道府県・市の解答・解説担当 2008年10月01日
  • 2009年度版 教員試験県別受験対策シリーズ 専門教養 保健体育 (共著),協同出版(株),13都道府県・市の解答・解説担当 2007年10月01日

論文

  • 一般健常高齢者を対象とした椅座位体前屈テストの信頼性と妥当性および標準値 (共著),体育測定評価研究, 12 ,17-24頁 2013年03月
  • 幼稚園児の運度技能と体力の縦断的変化 (共著),奈良体育学会研究年報,17,31-36頁  2013年03月
  • 教員養成教育における模擬授業の取り組み -「保健体育科指導法2」の授業実践から- (単著),天理大学学報 第64巻3号(通巻 第233輯),99-123頁 2013年02月
  • Dietary zinc-deficiency and its recovery responses in the deep body thermogenesis of rats (共著),The Journal of Toxi- cological Sciences (日本トキシコロジー学会欧文誌),681頁〜685頁 2011年12月
  • Age-related effects of fasting on ketone body production during  lipolysis in rats (共著),Environmental Health and Preventive Medicine  16巻・5号掲載予定日本衛生学会・東京欧文誌, Springer,157頁〜163頁 2011年06月
  • 中高年者に対する自覚的疲労感に基づく強度を用いた自重負荷トレーニングの有効性 (共著),奈良体育学会研究年報,15,37頁〜42頁 2011年03月
  • 中高年者を対象とした機能的体力評価のためのテスト・バッテリー (共著),奈良体育学会研究年報,15,43頁〜48頁 2011年03月
  • 筋力運動で用いる自覚的疲労スケールの開発とトレーニングへの応用 (共著),体育測定評価研究,9,23頁〜31頁 2010年03月
  • アジアにおける「身体教育」のあり方についての一考察 〜台湾の事例から〜 (共著),天理大学学報 第60巻3号(通巻 第221輯),1頁〜15頁 2009年02月26日
  • Effects of dexamethasone on the expression of β1-, β2-and β3-adrenoceptor mRNAs in skeletal and left ventricle muscles in rats  (共著),Journal of Physiological Sciences,59(4),383頁〜390頁 2008年04月
  • 台湾の体育学部における教員養成カリキュラムの研究 (共著),奈良体育学会研究年報 第12号,13頁〜17頁 2008年03月
  • 肩関節と水平屈曲および水平伸展動作を用いた筋力テストの信頼性 (共著),天理大学学報 第59巻3号(通巻 第218輯),1頁〜7頁 2008年02月26日
  • 立ち上がり動作を用いた簡単な下肢筋力評価法 (共著),奈良体育学会研究年報,11,23頁〜26頁 2007年03月
  • 運動時間と休息時間の割合を一定にした間欠的トレーニング時の心拍数変動 (共著),天理大学学報 第58巻3号(通巻 第215輯),17頁〜24頁 2007年02月26日
  • グルココルチコイドホルモンによる骨格筋重量の可塑的変化 (単著),上越教育大学修士論文,1頁〜48頁 1995年03月
  • ラットにおける体部懸垂期間中および懸垂解除後の抗重力筋と内臓サイズの変化 (共著),Proceedings of the Tenth Space Utilization Symposium [日本学術会議・航空宇宙工学研連・航空科学研究所],123頁〜126頁 1993年07月

その他

  • Age-associated changes of ground reaction force parameters during sit-to-stand movement in 801 women aged 18–89 years (共著),21th annual Congress of the European College of Sport Science (ECSS) July 2016, Vienna, Austria 2017年07月06日
  • Effects Of Hopping Exercise Training On Postural Stability And Leg Power In Older People (共著),The 63th Annual Meeting and 7th World Congress on Exercise is Medicine of the American College of Sports Medicine(ACSM) May 2016, Boston, United States 2016年05月31日
  • 中学生男子野球部員に対する教育的介入を用いた home-based による自重負荷トレーニング導入の試み (共著),天理大学学報,67(3) 2016年02月
  • 高齢者における活動筋の自覚的疲労スケールを用いた連続ジャンプ遂行時の運動強度 (共著),第70回日本体力医学会大会(和歌山)予稿集,p.283(2015); 体力科学,58(6):635(2009),635頁 2015年09月
  • バドミントン競技選手における作業時間と休息時間を変化させた間欠的トレーニグの運動強度:5秒から15秒のショート・ショート・インターバルトレーニグ (共著),日本体育学会第66回大会(東京)予稿集,270頁 2015年08月
  • Age-related changes in ground reaction force parameters during sit-to-stand movement in men aged 18–92 years (共著),20th annual Congress of the European College of Sport Science (ECSS) June 2015, Malmö, Sweden 2015年06月
  • Preliminary study on the synergistic effect of acupuncture using press tack needle and resistance training in young adults (共著),20th annual Congress of the European College of Sport Science (ECSS) June 2015, Malmö, Sweden 2015年06月
  • Age-related changes in lower-extremity muscle power in healthy Japanase men (共著),19th annual Congress of the European College of Sport Science (ECSS) June 2014, Amsterdam, The Netherlands 2014年07月
  • Handball's Influence on Elementary School Children's Circumstantial Judgment Capability (共著),19th annual Congress of the European College of Sport Science (ECSS) June 2014, Amsterdam, The Netherlands 2014年07月
  • CONTRIBUTING FACTORS OF THE MOTIVATION FOR CEIVING THERAPY ABOUT ACUPUNCTURE IN ATHLETES (共著),18th annual Congress of the EUROPEAN COLLEGE OF   SPORT SCIENCE  (Barcelona)要旨集,71頁 2013年06月29日
  • RELIABILITY AND VALIDITY OF THE CHAIR SIT-AND-REACH TEST IN JAPANESE ELDERLY ADULTS (共著),18th annual Congress of the EUROPEAN COLLEGE OF   SPORT SCIENCE  (Barcelona)要旨集,66頁 2013年06月29日
  • 幼稚園児の運度技能と体力の縦断的変化 (共著),平成24年度奈良体育学会大会(奈良);奈良体育学会研究年報第17号,31-36頁 2012年12月08日
  • 中学男子野球部員に対する教育的介入を用いたhome-basedによる自重トレーニング導入の試み (共著),第25回日本トレーニング科学会大会(滋賀県立命館大学びわこ・くさつキャンパス)抄録集,63頁 2012年12月01日
  • 自立・虚弱・要介護高齢者における椅子立ち上がり動作時の床反力とアップアンドゴー (共著),日本体育学会第63回大会(神奈川県東海大学)予稿集,217頁 2012年08月23日
  • EFFECTS OF COMBINED STRENGTH AND POWER TRAINING ON LOWER EXTREMITY MUSCLE FUNCTION IN YOUNGER  AND OLDER MIDDLE-AGED MALES (共著),17th annual Congress of the EUROPEAN COLLEGE OF  SPORT SCIENCE (Bruges)要旨集,219頁 2012年07月05日
  • 高齢男女の筋パワー発揮能力に及ぼす加齢の影響 (共著),日本体育学会第62回大会(鹿児島県鹿屋体育大学)予稿集,201頁 2011年09月25日
  • Conparison of effects of short-term hopping and balance training on muscle power and functional fitness in the elderly: single-blind randomized controlled trial (共著),16th annual Congress of the European College of Sport Science (ECSS) 2011, Liverpool, UK. 2011年07月
  • ケルン体育大学のダンスグループによる身体表現・ダンスの公開授業「表現でつながる」 (共著),天理大学出版部,34頁 2011年03月26日
  • 中高年者に対する自覚的疲労感に基づく強度を用いた自重負荷トレーニングの有効性 (共著),平成22年度奈良体育学会大会(奈良);奈良体育学会研究年報第15号,37頁〜42頁 2010年11月
  • 中高年者を対象とした機能的体力評価のためのテスト・バッテリー (共著),平成22年度奈良体育学会大会(奈良);奈良体育学会研究年報第15号,43頁〜47頁 2010年11月
  • 天理大学・韓国体育大学校「学術交流協定締結記念事業フォーラム」報告書 (共著),天理大学体育学部,28頁〜39頁 2010年08月28日
  • ラット骨格筋βアドレナリン受容体mRNAおよびグルココルチコイド受容体mRNA発現に及ぼすデキサメタゾンの影響 (共著),第64回日本体力医学会(新潟)予稿集,p.205(2009);体力科学,58(6),635頁 2009年09月
  • デキサメタゾン投与によるラット骨格筋 β-アドレナリン受容体mRNA 発現の応答 (共著),第63回日本体力医学会(別府)予稿集,p.138(2008);体力科学,57(6),686頁 2008年09月18日
  • 肩関節の水平屈曲展動作を用いた筋力テストの信頼性 (共著),日本体育学会第59回大会(東京)予稿集,193頁 2008年09月11日
  • 台湾の体育学部における教員養成カリキュラムの研究 (共著),平成19年度奈良体育学会大会(奈良);奈良体育学会研究年報第12号,13頁〜17頁 2007年12月01日
  • 在宅健常高齢者を対象とした椅座位体前屈テストの有効性 (共著),日本体育学会第58回大会(神戸)予稿集 ,264頁 2007年09月07日
  • 立ち上がり動作を用いた簡単な下肢筋力測定法 (共著),平成18年度奈良体育学会大会(奈良);奈良体育学会研究年報第11号,23頁〜26頁 2006年12月09日
  • β2-agonistおよびdexametha- soneによるラット骨格筋と内臓の重量の変動の比較 (共著),第55回日本体力医学会大会(富山)予稿集,p.224(2000);体力科学,49(6):787(2000),787頁 2000年09月
  • 体部懸垂中と懸垂解除後の骨格筋および内臓サイズの変化 (共著),第48回日本体力医学会大会(徳島)予稿集,p.61(1993);体力科学,42(6):577(1993),577頁 1993年09月

教育活動詳細

教育方法・教育実践に関する発表、講演等

  • 初任者研修に係る研究授業・研究協議  2016年06月27日
  • ケルン体育大学のダンスグループによる身体表現・ダンスの公開授業「表現でつながる」平成22年度天理大学体育学部国際交流事業  2010年12月
  • 保健体育教室288号(大修館書店)  2010年09月
  • 天理大学・韓国体育大学校「学術交流協定締結記念事業フォーラム」報告書  2010年08月

学会・社会活動等

講演・公開講座等

  • 平成26年度教員免許状更新講習 「教科指導、生徒指導その他教育の充実に関する事項」 ,奈良教育大学,天理大学 2014年08月25日

受賞

  • 日本体育学会第64回大会 測定評価領域優秀発表賞 「活動筋の自覚的疲労感を用いたジャンプトレーニングが高齢者の下肢筋パワーとバランス能力に及ぼす影響」(共著)滋賀・立命館大学,日本体育学会 2013年08月28日
  • 平成22年度日本体育測定評価学会 学会賞 「筋力運動で用いる自覚的疲労スケールの開発とトレーニングへの応用」体育測定評価研究 9:23-31,2009(共著),日本体育測定評価学会 2010年02月26日
このページの先頭へ