天理大学

国際学部教員・研究者情報

地域文化学科アジア・オセアニア研究コース

准教授 倉光ミナ子(クラミツ ミナコ) KURAMITSU Minako
電子メール:
minakok
このページを印刷

基本情報

担当科目 東南アジア・オセアニア地域研究入門 国際協力特殊講義3 生活文化演習1<アジア・オセアニアB> アジア・オセアニア多文化共生論 生活文化演習3<アジア・オセアニアB>
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 ポリネシア地域研究、人文地理学
現在の研究課題 ポリネシア島嶼社会におけるグローバリゼーション、住民参加型開発とジェンダー、開発問題と国際移動
所属学会名 人文地理学会、日本地理学会、日本オセアニア学会
経歴 2003年お茶の水女子大学大学院人間文化研究科比較社会文化学専攻修了(博士(社会科学)取得)
メッセージ 大学時代は人生の中でも自由にいろいろな経験ができる時です。ぜひ、この機会に、海外に出かけ、日本とは異なる文化や社会に触れることで、自分の人生を豊かにしてください。

研究活動詳細

著書

  • 「第6章「「ジェンダーと開発」に対するアカデミックなアプローチとは—サモア・女性省の活動に関する調査・研究を通して—」『国際開発と協働—NGOの役割とジェンダーの視点(みんぱく実践人類学シリーズ8)』 (単著),明石書店,133〜158頁 2013年02月28日
  • 第7章 親族組織に埋め込まれたジェンダー-ポリネシア・サモア」『ジェンダー人類学を読む:地域別・テーマ別基本文献レヴュー』 (単著),世界思想社,170頁〜194頁 2007年03月30日

論文

  • Living in Japan for over 20 years: The experiences of Samoan pioneer wives (単著),Building Global Networks Through Local Sensitives: Japanese Researcher's Contribution to Gender and Geography,35-41 2014年09月25日
  • サモアにおける国際移動と社会システムの関係の再考—ある既婚女性の移民経験の事例から (単著),お茶の水地理 第51号 お茶の水地理学会,86頁〜99頁 2012年03月31日
  • テーラーを通してみるサモア島嶼世界—「語り」を活用した社会科学的地誌の試みー (単著),『アゴラ』6号(天理大学地域文化研究センター),47頁〜68頁 2008年12月26日
  • Change and Unchange after the National Machinery’s Restructuring?: A Case of Community Development Services in Samoa (単著),Kumagai, K., Nakatani, A., Ikeda, K., Kuramitsu, M., Miura, T., and Fujikake, Y. eds. 『Beyond the Difference: Repositioning Gender and Development in Asian and the Pacific Context: Proceedings International Workshop for Junior Scholars, January 12-14, 2007.』 F-GENS Publication Series 32,151頁〜164頁 2008年03月
  • Clothing-related practices in Samoa: A Case of White Sunday (単著),Measina a S?moa Vol.2&3(National University of Samoa, Samoa),55頁〜62頁 2008年
  • 「サモア服が好きですか。それとも、輸入服が好きですか。」-女子高校生の服装観からみた<サモアらしさ>の再構築に関する一考察- (単著),お茶の水地理 第45号 お茶の水地理学会,49頁〜58頁 2005年03月20日
  • 開発における女性組織・NGOの変遷とその特徴-南太平洋のサモアを事例として- (単著),アジア太平洋研究 第13号 財団法人アジア太平洋センター,29頁〜43頁 2003年09月
  • What is 'the Local' in Women's Parcitipation? The Contexts of Two Development Programs in Samoa (単著),Geographical Review of Japan (Ser.B) Vol.74-No.1 日本地理学会,15頁〜32頁 2001年06月30日
  • 所得創出プログラムの評価に関する一考察-サモアにおける女性省のソーイングプログラムを事例として- (単著),人間文化論叢 第3巻 お茶の水女子大学大学院人間文化研究科,271頁〜281頁 2001年03月31日
  • 開拓地の形成と「花祭り」の再生-愛知県豊橋市「幸(みゆき)町を事例に- (単著),人文地理 第50巻第4号 人文地理学会,67頁〜79頁 1998年08月28日

その他

  • 学会展望:地域研究・地誌 (単著),『人文地理』66巻・3号,255-257 2014年06月28日
  • コラム サモアの「衣」-「裸族文化」から「衣服文化」へ (単著),片山一道・熊谷圭知編『オセアニア(朝倉世界地理講座第15巻)』 朝倉書店,316頁〜317頁 2010年04月15日
  • 紹介 Janet Henshall Momsen, Gender and Decelopment. London: Routledge, 2004, xvi+272pp. (単著),アジア経済 第46巻第3号 アジア経済研究所,105頁 2005年03月15日
  • ファファフィネテーラーを追っかけろ!-サモアのジェンダーと「衣」をめぐる調査から- (単著),NEWSLETTER No.74 日本オセアニア学会,1頁〜9頁   2002年12月
このページの先頭へ