天理大学

人間学部教員・研究者情報

総合教育研究センター

教授 辻佳代子(ツジ カヨコ) TSUJI Kayoko
電子メール:
tsuji
このページを印刷

基本情報

学位 理学博士(1989年10月)京都産業大学大学院
担当科目 基礎ゼミナール<3地域 8> 基礎ゼミナール<4体育 8> テーマ科目8 テーマ科目8 テーマ科目8 テーマ科目9 テーマ科目9 テーマ科目9 統計学入門 統計学入門
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 代数学 情報数学
現在の研究課題 オートマトン 語に関する研究 string rewriting systemの終端の有限性問題など
経歴 社会的活動:
2014年8月7日 - 2014年8月9日Semigroups, Languages and Algebras 2014、Program committee
2008年9月16日 - 2008年9月19日Twelfth International Conference:DEVELOPMENTS IN LANGUAGE THEORY 組織委員
2011-2-21~23 京都大学数理解析研究所 RIMS研究集会「代数と言語のアルゴリズムと計算理論」 代表者
2010-2-17~19 京都大学数理解析研究所 RIMS研究集会「代数と言語のアルゴリズムと計算理論」 代表者
JAMS座長 2000年8月、RIMS座長 2001年2月、RIMS座長 2002年2月、2008-9-16~19 Twelfth International Conference:DEVELOPMENTS IN LANGUAGE

研究活動詳細

論文

  • Regularity of Iterative Hairpin Completion of crossing (2, 2)-words. (単著),New contact points of algebraic systems, logics, languages, and computer sciences. RIMS Kôkyûroku 2015 No.1964,pp176-179 2014年09月
  • The Pseudopalindromic Completion of Regular Languages (共著), Information and Computation 239  ,222-236 2014年
  • Hairpin Completion with Bounded Stem-Loop.  (共著),Developments in Language Theory: 16th International Conference, DLT 2012, Taipei, Taiwan, August 14-17, 2012, Proceedings (Lecture Notes in Computer ... Computer Science and General Issues),428-439 2012年08月
  • Hairpin Completion with Bounded Stem-Loop. (共著), Developments in Language Theory 2012:,428-439 2012年
  • On Non-Primitive Palindromic Context-Free Languages. (共著),Int. J. Found. Comput. Sci. 23(6): 1277-1290 (2012),1277-1290 2012年
  • Palindromes and Primitivity.  (共著),AFL 2011,184-196 2011年
  • Shortest directing words of nondeterministic directable automata.  (共著), Discrete Mathematics 308 (21),pp.4900-4905  2008年
  • Some Periodicity of Words and Marcus Contextual Grammars (共著),代数、言語、計算機システムにおけるアルゴリズム問題(京都大学数理科学研究所講究録1503),pp.156-159 2006年07月
  • Some periodicity of words and Marcus contextual grammars (共著),Vietnam Journal of Mathematics 34(4),381–387 2006年01月
  • Closure of Language Classes Under Bounded Duplication (Developments in Language Theory 2006) LINCS 4036 (共著),Springer-Verlag,pp.238-247 2006年
  • A condition for two words being powers of the same word (単著),No.1366 Algebraic Systems, Formal Languages and Conventional and Unconventional Computation Theory 京都大学数理解析研究所講究録 1366,pp.21-24 2004年04月
  • Some Results on Directable Automata. (共著),Theory Is Forever, Essays Dedicated to Arto Salomaa on the Occasion of His 70th Birthday. Lecture Notes in Computer Science 3113 Springer 2004,pp.125-133 2004年
  • 3語のコードに関する考察 (単著),天理大学学報 第204輯,pp.59-63 2003年10月26日
  • ある語が原始語にならないための条件 (単著),天理大学学報 第202輯,pp.21-24 2003年03月26日
  • An Automaton for Deciding Whether a Given Set of Words is a Code. (単著),Unconventional Computation Theory 京都大学数理解析研究所講究録 1222,pp.123-127 2001年07月
  • Termination and derivational complexity of confluent one-rule string-rewriting systems. (共著),Theoretical Computer Science, 262(1),pp.583-632 2001年
  • On termination of confluent one-rule string rewriting systems.(Kayoko Shikishima-Tsuji,Masashi Katsura and Yuji Kobayashi) (共著),Inform. Process. Lett.,61(2),pp.91-96 1997年
  • Termination of one-rule string-rewriting systems Proceedings of the 19th symposium on Semigroups.(Kayoko Shikishima-Tsuji) (単著),Languages and their Related Fields (Shimane Univ.),pp.87-90 1995年
  • Differentially quasi-algebraic extension of positive characteristic p Acta Hum. Sci.(Kayoko Shikishima-Tsuji) (単著),Univ. Sangio Kyotiensis,pp.24-3,Nat. Sci. Ser. 23 1994年
  • Hypertranscendental elements of a formal power-series ring of positive characteristic.(Kayoko Shikishima-Tsuji) (単著),Nagoya Mathematical J.,125,pp93-103 1992年
  • Differentially separable extension of positive characteristic p.(Kayoko Shikishima-Tsuji) (単著),J. Math. Kyoto Univ.,31-1,pp.83-88 1991年
  • Galois theory of differential extension fields of nonzero characteristic.(Kayoko Shikishima-Tsuji) 学位論文(理学博士) (単著),Doctoral Dissertation,Acta Hum. Sci.,Univ. Sangio Kyotiensis,19-4,Nat. Sci. Ser. I-19,pp.119-181 1990年
  • Galois theory of differential fields of positive characteristic. (Kayoko Shikishima-Tsuji) (単著),Pacific J. Math. 138-1,pp.151-168 1989年
  • Differential closure of differential field of positive characteristic.(Kayoko Tsuji) (単著),J. Math. Kyoto Univ. 26-4,pp.711-715 1986年

その他

  • 口頭発表:Regularity of Iterative Hairpin Completions of (2, 2)- Crossing Words. (単),RIMS研究集会「代数系・論理・言語と計算機科学の新たな接点」(京都大学数理解析研究所) 2015年02月18日
  • 口頭発表:Regularity of iterated hairpin completion of crossing (2, 2)-words (restricted case) (単独),Semigroups, Languages and Algebras 2014, Akita University, Japan 2014年08月
  • 口頭発表:Regularity of hairpin completions of crossing words (単独),International Workshop on Formal Languages, Automata and Non-conventional Computing 2014年03月18日
  • 口頭発表:On Regularity of Hairpin Completions of Regular Languages (単独),RIMS研究集会: 計算機科学における論理・代数・言語 2014年02月28日
  • 口頭発表:Regularity of bounded hairpin completions. (単独),RIMS研究集会:代数とコンピュータサイエンス研究集会 2013年02月20日
  • 口頭発表:Hairpin Completion with Bounded Stem-Loop. (共同),DLT 2012: Taipei, Taiwan 2012年08月
  • 口頭発表:Palindromic completion (共同),RIMS研究集会:代数とコンピュータサイエンス 2012年02月21日
  • 口頭発表:Palindromic completion and a basis for hairpin completion (共同),Turing Centenary Conference 2012 2012年01月22日
  • Algebras, Languages, Algorithms and Computations 代数と言語のアルゴリズムと計算理論 (編集者),京都大学数理解析研究所講究録No.1769 2011年10月
  • 口頭発表 Avoidability of Primitive Palindromes. (共),Automata and Formal Languages, 13th Intl. Conf, Proceedings. College of Nyiregyhaza 2011年
  • Algebras, Languages, Algorithms in Algebraic Systems and Computations  代数と言語のアルゴリズムと計算理論 (編集者),京都大学数理解析研究所講究録No.1712 2010年09月
  • 口頭発表 Properties of antichains of subsets of a multiset (単著),代数系アルゴリズムと言語および計算理論(RIMS研究集会) 2009年02月16日-2009年02月18日
  • 口頭発表 Duplication closure of languages over a binary alphabet  (共同),代数、形式言語、計算システム理論とその応用  RIMS研究集会 2007年02月19日-2007年02月21日
  • 口頭発表:Closure of Language Classes Under Bounded Duplication (共同),Developments in Language Theory 2006 2006年07月
  • 口頭発表:Some Periodicity of Words and Marcus Contextual Grammars (共同),代数、言語、計算機システムにおけるアルゴリズム問題Algorithmic problems in algebra, languages and computatins systems(RIMS研究集会) 2006年02月20日-2006年02月22日
  • 口頭発表:A condition for a word to be non-primitive (単独),代数系、形式言語および通常・非通常計算理論 (於 京都大学数理解析研究所研究集会) 2002年09月
  • 口頭発表:An Automaton for Deciding Whether a Given Set of Words is a Code. (単独),代数的半群、形式言語及び計算理論 (於 京都大学数理解析研究所研究集会) 2001年02月21日
  • 口頭発表:Termination of one-rule string-rewriting systems 19th Symposium on Semigroups,Languages and their Related fields (単独),(於 島根大学) 1995年11月
  • 口頭発表:Differentially separable extension of positive characteristic P (単独),日本数学会秋季分科会 1989年10月
  • 口頭発表:正標数の微分体のガロア理論 (単独),日本数学会年会 1986年04月
  • 口頭発表:微分閉包について (単独),日本数学会秋季分科会 1985年10月
  • 口頭発表:極大微分体とその応用 (単独),日本数学会秋季分科会 1979年10月

学会・社会活動等

一般活動

  •  special issue of IJFCS for Semigroups, Languages, and Algebras編集委員 2014年12月-2015年12月
  •  Semigroups, Languages and Algebras 2014、 Program committee 2014年08月07日-2014年08月09日
  •  Twelfth International Conference:DEVELOPMENTS IN LANGUAGE THEORY 組織委員 2008年09月16日-2008年09月19日

外部資金による研究・活動等

  • 京都大学数理解析研究所 RIMS研究集会「代数と言語のアルゴリズムと計算理論」 代表者 我が国における数理解析の研究を進展させるため、本研究所は共同利用・共同研究拠点として広く全国の関連分野の研究者に種々の共同利用の機会と便宜を提供することに努めている。共同利用の研究計画は、年1回一般に公募し、全国から応募(提案)されたものについて専門委員会、運営委員会で審査、採択して実施されている。 このほか、外国から優れた研究者が来日する機会をとらえて立案される、重要かつ緊急を要する計画などについては、特別計画として効率的に実施できるようにしている。,京都大学数理解析研究所 共同利用 RIMS研究集会 2011年02月21日-2011年02月23日
  • 京都大学数理解析研究所 RIMS研究集会「代数と言語のアルゴリズムと計算理論」 代表者    我が国における数理解析の研究を進展させるため、本研究所は共同利用・共同研究拠点として広く全国の関連分野の研究者に種々の共同利用の機会と便宜を提供することに努めている。共同利用の研究計画は、年1回一般に公募し、全国から応募(提案)されたものについて専門委員会、運営委員会で審査、採択して実施されている。 このほか、外国から優れた研究者が来日する機会をとらえて立案される、重要かつ緊急を要する計画などについては、特別計画として効率的に実施できるようにしている。,京都大学数理解析研究所 共同利用 RIMS研究集会 2010年02月17日-2010年02月19日
  • 正標数の微分代数の基礎的研究 科学研究費補助金:一般研究(C) 1993年-1993年
このページの先頭へ