天理大学

人間学部教員・研究者情報

総合教育研究センター

教授 神田秀雄(カンダ ヒデオ) KANDA Hideo
電子メール:
kanda
このページを印刷

基本情報

学位 文学修士(1979.3.15)〔早稲田大学〕、博士〈社会学〉(1997.10.8)〔一橋大学〕
担当科目 基礎ゼミナール<3中国・韓国・西伯2> 基礎ゼミナール<3地域 6> 基礎からわかるレポート作成 基礎からわかるレポート作成 テーマ科目16 テーマ科目16
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 日本近世史 日本近代史 日本近世思想史 日本宗教史
現在の研究課題 日本の民衆宗教 近世日本における民衆意識
所属学会名 日本史研究会、日本宗教学会、日本思想史学会、歴史学研究会、歴史科学協議会、仏教史学会、「宗教と社会」学会、東アジア宗教文化学会
メッセージ 4年間の大学生活を大切にしよう。世界に眼を向け、世界から『私』を見つめ直そう。

研究活動詳細

著書

  • 如来教・一尊教団関係史料集成 第四巻 (共編著),清文堂出版,翻刻文(単)187頁 翻刻文(共)222頁 註釈(単)36頁 註釈(共)107頁 解説等(単)156頁 解説等(共)14頁 第四巻別冊(単)194頁 2009年06月11日
  • 如来教・一尊教団関係史料集成 第三巻 (共編著),清文堂出版,翻刻文(共)478頁 註釈(共)118頁 解説等(単)59頁 解説等(共)10頁 2006年05月17日
  • 如来教・一尊教団関係史料集成 第二巻 (共編著),清文堂出版,翻刻文(共)495頁  註釈(共)93頁  解説等(単)49頁 解説等(共)10頁 2004年12月18日
  • 如来教・一尊教団関係史料集成 第一巻 (共編著),清文堂出版,翻刻文(単)61頁 翻刻文(共)370頁 註釈(共)90頁 解説等(単)114頁 解説等(共)17頁 2003年08月20日

論文

  • 民衆信仰の興隆 (単著),春秋社 シリーズ日本人と宗教2『神・儒・仏の時代』,145~176頁 2014年11月30日
  • 民衆宗教の成立と近世社会 (単著),日本思想史研究会会報第30号,2頁~21頁 2013年11月23日
  • 日本の近世社会と如来教の歴史的特質—その世界観と異端性をめぐって— (単著),天理大学人権問題研究室編『天理大学人権問題研究室紀要』第16号,47頁〜69頁 2013年03月31日
  • 化政期における名古屋住民の宗教意識と如来教のコスモロジー (単著),天理大学人間学部総合教育研究センター編『総合教育研究センター紀要』第11号,1頁〜21頁 2013年03月20日
  • 化政期における社会的交通の展開と民衆宗教の成立 (単著),法蔵館刊『近世民衆宗教と旅』(編者幡鎌一弘はじめ計8名の執筆者による論文集)所収,179頁〜229頁 2010年03月25日
  • The Birth of New Religions in Japan in the 19th Century and Traditional Cosmology (単著),OYASATO INSTITUTE FOR THE STUDY OF RELIGION TENRI UNIVERSITY TENRI JOURNAL OF RELIGION No.34,PP.53〜64 2006年03月
  • 近代移行期における伝統的社会の変容と民衆宗教 (単著),単行論集『宗教から東アジアの近代を問う』所収 ぺりかん社,22頁 2002年04月10日
  • 19世紀日本における民衆宗教の終末観と社会運動 (前稿の一部改訂) (単著),シリーズ歴史学の現在 5 『再生する終末思想』所収 歴史学研究会,39頁 2000年11月20日
  • 19世紀日本における民衆宗教の終末観と社会運動 (単著),歴史学研究 第726号 歴史学研究会,13頁 1999年06月15日
  • 始原の秩序への回帰 (単著),金光教教学研究所発行『金光教学』第35号,21頁 1995年09月25日
  • 近世後期における「救済」の〈場〉-民俗信仰・篤胤学・民衆宗教- (単著),江戸の思想編集委員会発行『江戸の思想』No.1,28頁 1995年06月05日
  • 国民的統合と民衆宗教 (単著),衣笠安喜編『近世思想史研究の現在』所収思文閣出版,20頁 1995年04月02日

その他

  • テーマセッション記録「『民衆宗教』再考—如来教関係史料から見えてくるもの—コーディネーターとコメンテーターの応答を中心に」 (単著),『宗教と社会』第17号,P.115〜P.124 2011年06月11日
  • 口頭発表(テーマ・セッション)「民衆宗教」再考—如来教関係史料から見えてくるもの— (共同),「宗教と社会」学会第18回学術大会 (於:立命館大学),要旨集P.36 2010年06月06日
  • 口頭発表:民衆宗教から歴史を問うことの可能性 (単独),第1回民衆宗教研究会 (於 天理大学) 2006年09月01日
  • 口頭発表:19世紀日本における民衆宗教の誕生とその「変革性」   (単独),東学学会2005年度国際学術会議 (於 ソウル歴史博物館),要旨集9〜21頁 2005年08月26日
  • 口頭発表:19世紀日本における民衆宗教の誕生と伝統的コスモロジー (単独),第19回国際宗教学宗教史会議世界大会 (於 東京),要旨集122頁 2005年03月27日
  • 口頭発表:如来教の教典『お経様』における「日本」の表象について (単独),日本宗教学会 第62回学術大会 (於 天理大学),要旨集390頁〜392頁 2003年09月05日
  • 口頭発表:近世日本における慰霊意識の発展と変容 (単独),漢南大学校附設研究所 第25回国際セミナー (於 大韓民国京畿道龍仁市),要旨集11頁〜24頁 2002年12月03日
  • 書評:末永恵子著『烏伝神道の基礎的研究』 (単著),日本思想史学 第33号,206頁〜213頁 2001年09月30日
  • 項目執筆:「如来教」1項目 (単著),『日本歴史大事典』 小学館,1頁 2000年03月10日
  • 書評:桂島宣弘著『思想史の十九世紀-「他者」としての徳川日本-』 (単著),歴史評論 第601号,7頁 1999年05月01日
  • 書評:島薗進、磯前順一編『東京帝国大学神道研究室旧蔵書目録および解説』 (単著),『週間読書人』同日号,1頁 1996年09月13日
  • 雑誌寄稿:世直し-民衆宗教史ないしは近世宗教史の立場から- (単著),日本仏教研究会編集『日本の仏教』No.6、法蔵館,5頁 1996年08月10日
このページの先頭へ