天理大学

国際学部教員・研究者情報

外国語学科中国語専攻

准教授 沈 美雪(シン ビセツ)
電子メール:
smx3@
このページを印刷

基本情報

学位 1998年3月 弘前大学院人文科学研究科・地域文化論専攻、文学修士
2007年9月 弘前大学地域社会研究科・地域社会専攻(文学)、学術博士
担当科目 中国語レベルA1<2コマ登録> 中国語レベルB1<2コマ登録> 台湾語A 台湾語B 中国語レベルE4 中国語レベルF4 ネイティブ中国語1 中国語レベルC4 中国語レベルD4
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 俳文学、サブカルチャー研究、植民地時代台湾文学(韻文)
所属学会名 台湾日本語文学会、台湾日本語教育学会、台湾日本研究学会、日本台湾学会、天理台湾学会
免許・資格等 中等学校教師資格(中等教育教員免許)
高等教育 助理教授
高等教育 副教授
経歴 台北俳句会

研究活動詳細

著書

  • 「漢詩と俳句の邂逅ー中国語による俳句創作に関する一考察」 (共著),《落葉繽紛:中日臺詩歌的邂逅》,pp.271-302 2014年05月
  • 『明治期台湾俳句界の始原的実相—近代俳句の台湾表象』 (単著),致良出版社,pp.1-233 2014年02月

論文

  • 「漆原友紀のマンガ『蟲師』「籠のなか」における異類婚姻譚の構造とモチーフの分析」TCI-HSS論文 (単著),『銘傳日本語教育』第21号,pp.47-76  2018年12月
  • 「諏訪素濤編俳誌『熱』と本島人俳句作家—大正前期の台湾俳壇と日本俳壇との交流をめぐって」 (単著),『淡江日本論叢』第36号,pp.23-48 2017年12月
  • 「論日本競技動漫作品中指導者型態之多樣性—以傳承意義與台灣年輕族群閱聽人的接受度為切入點—」 (単著),『大葉應用日語學報』第14期,pp.1-27 2017年12月
  • 「台湾の大学における俳句創作指導の取り入れ方—中国文化大学日文系の文学講義を例として」TCI-HSS論文 (単著),『台灣日語教育學報』第28号,pp.81-107 2017年06月
  • 「台湾俳句に詠まれている日台合併祭典の句について—開山神社祭から台湾神社祭、そして八田祭へ」 (単著),『台灣日本研究』第9期,pp.89-106 2015年11月
  • 「雑誌『台湾文芸』に関する一考察—台湾俳句の発展に果たした役割を中心に—」THCI論文 (単著),『台灣日本語文學報』第32号,pp.139-163 2012年12月
  • 「芥川龍之介の俳句に関する一考察—「隠遁への憧れ」「病」「感覚表現」の句について」THCI-Core論文 (単著),『台大日本語文研究』第23期,pp.49-74 2012年06月
  • 「俳人渡辺美鳥女の句境—「身体」「病」「風土」を手掛かりに—」THCI論文 (単著),『日本語日本文學』37号,pp.98-118 2012年04月
  • 「学習意欲を高める「日本史」授業の試みと実践—中国文化大学日本語文学科の授業実践報告—」THCI論文 (単著),『台灣日語教育學報』第17号,pp.242-269 2011年12月
  • 「小林李坪の『臺灣歳時記』—台湾の風土を見つめた日本語の歳時記—」 (単著),『淡江日本論叢』第22号,pp.49-72 2010年12月
  • 「「緑珊瑚」研究—台湾季題の探求を目指す句会—」 (単著),『中日文化論叢』第27号,pp.57-78 2010年07月
  • 「碧梧桐と句会「緑珊瑚会」—台湾における新傾向俳句の展開について—」THCI論文 (単著),『台湾日本語文学報』第27号,pp.27-49 2010年06月
  • 「俳句における「台湾趣味」の形成—明治期台湾における俳句の受容と展開を通して—」THCI論文 (単著),『台湾日本語文学報』第25号,pp.53-77 2009年06月
  • 「『おくのほそ道』における句文配置の関係—象潟・金沢を中心に—」 (単著),『台湾日本語文学報創刊20号記念号』,pp.93-112 2005年12月
  • 「自筆本『おくのほそ道』の章段意識—自筆本、曾良本を中心に—」 (単著),『邁向廿一世紀的日本研究国際会議論文集』,pp.211-227 1998年12月
  • 「自筆本『奥の細道』の貼り紙についての検討—三角形構成説の可能性—」 (単著),『弘前大学国語国文学』第20号,pp.77-96 1988年03月

その他

  • 口頭発表「山本孕江「熱帯圏」考—『ゆうかり』における台湾句と台湾素材の研究—」 (単著),2019年大葉大學應日系國際學術研討會「創新日語教學與研究」,pp.70-83 2019年05月
  • 口頭発表「「本島人」俳句作家としての王碧蕉(I)—『ゆうかり』デビューから昭和15年までの足跡—」(pp.150-158) (単著),2018年中國文化大學外國語文學院日本語文學系國際學術研討會—持続可能な社会のための日本語教育と日本研究を模索して—,pp.150-158 2018年05月
  • 口頭発表「日本動漫作品中「時間回溯」文本的構造分析:以死與再生、反復、選擇為線索」 (単著),「第8回日台アジア未来フォーラム 並びに東呉大学マンガ・アニメ文化国際シンポジウム 主題:グローバルなマンガ・アニメ研究のダイナミズムと新たな可能性」 , pp.199-210 2018年05月
  • 口頭発表「台湾における日本ロボットアニメの受容と現在-『重甲機神Baryon』から見る台湾劇場版アニメ制作の将来性-」 (単著),輔仁大学「2017 年度輔仁大学日本語文学科•台湾日本語文学会国際学術シンポジウム」 2017年12月
  • 口頭発表「台湾の大学教育における日本サブカルチャーの講義および研究一社会との連携を考えつつ一」 (単著),輔仁大學/台灣日本語文學會:2016 年度台湾日本語文学国際学術研討会「日本語文学研究と社会との連携」,pp.177-184 2016年12月
  • 口頭発表「日本統治期の台湾俳句における「季」の諸問題ー大正・昭和期を中心にー」 (単著),2016年中國文化大學外國語文學院日本語文學系國際學術研討會─日本相關之教育與研究:語言・文學・異文化交流─,pp. 138-146 2016年05月
  • 口頭発表「台湾における日本サブカルチャーの翻訳・伝播・表象—文化は翻訳され、そして広がる—」 (単著),輔仁大学:東アジアと同時代日本語文学フォーラム「文化翻訳/翻訳文化」,pp. 283-293 2015年11月
  • 口頭発表「大正後期における台湾俳句界の動向をめぐる研究—ホトトギス系台湾俳誌『ゆうかり』の創刊とその時代—」 (単著),中國文化大學日本語文學系主催國際學術研討會—〈日本に関する教育と研究—言語と文学、そして文化その他〉—,pp. 24-29 2015年05月
  • 口頭発表「諏訪素濤と「台湾趣味」の俳句—『虎尾蘭』に収録された人事関係の句を対象として—」 (単著),中國文化大學主催「超域的日本語教育學」國際學術研討會,pp. 149-159 2013年05月
  • 口頭発表「作品の精読に働く思考力の向上を目指す「日本近代文学」の授業—中国文化大学日文系で教える日本文学の授業実践報告—」 (単著),東呉大学日文系「創系四十週年紀念2012年日語教學國際會議」,pp.383-397 2012年04月
  • 寄稿「世界に広がる俳句」 (単著),『台湾俳句 ゆうかりぷたす』第2号,pp.75-87 2011年05月
  • 口頭発表「明治期の俳句作品に見る台湾の動物に関する一考察—蚊・水牛・守宮・蚊喰鳥を中心に—」 (単著),中國文化大學「日本語・日本文學・日本文化學」學術交流研討會 2010年11月
  • 研究ノート「『相思樹』小考—台湾最初の俳誌をめぐって—」 (単著),『日本台湾学会報』第11号,pp.233-246 2009年05月
このページの先頭へ