天理大学

国際学部教員・研究者情報

外国語学科英米語専攻

教授 木下民生(キノシタ タミオ) KINOSHITA Tamio
電子メール:
kinoshit
このページを印刷

基本情報

担当科目 英語A(Presentation)<B> 英語B(Presentation)<A> 英語D(Speaking)<B> 英米社会入門1 英語E(Writing)<B> 英語E(Presentation)<A> 論文作成法 論文作成法 英語H(Content Based English 2)<A> 英語H(Content Based English 2)<C> 英米語演習3<C> 英米語演習4<C>
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 非言語コミュニケーション 対人コミュニケーション
現在の研究課題 スピーチ・コミュニケーション教育 コミュニケーション・スタイル
所属学会名 日本コミュニケーション学会(CAJ)、大学英語教育学会(JACET)、天理大学アメリカス学会
経歴 バージニア大学大学院スピーチ・コミュニケーション学科修士課程修了(MA in Communication Studies,1978年8月)、ウィスコンシン大学マジソン校大学院コミュニケーション・アーツ学科博士課程単位取得・博士論文執筆資格取得(1989年12月)。天理教海外布教伝道部翻訳課英語班にて翻訳・通訳・英語出版物編集担当(1976年4月〜1998年3月)。天理大学非常勤講師(1981年4月〜1984年3月)。米国ウィスコンシン大学マジソン校コミュニケーション・アーツ学科TA(学部のPublic Speakingコースを教える1987年1月〜1989年5月)。米国ウィスコンシン大学マジソン校工学部学部長室リサーチ助手(1990年8月〜12月)。TLTI (Tenri Language Training Institute) 英語科講師(1992年4月〜1994年3月)。奈良県警察本部英語講師(1992年5月〜1994年3月)。天理看護学院英語講師(1992年4月〜1996年3月)。天理教語学院伝道実習科翻訳・通訳コース長(1994年4月〜1998年3月)。天理大学非常勤講師(1996年4月〜1998年3月)。天理大学国際文化学部英米学科専任講師(1998年4月〜2001年3月)。天理大学国際文化学部英米学科助教授(2001年4月〜2003年3月)、天理大学国際文化学部ヨーロッパ・アメリカ学科英米語コース助教授(2003年4月〜2006年3月)、同准教授(2007年4月〜2008年3月)、同教授(2008年4月〜現在)。
メッセージ 英語修得を目指すみなさん、「国際化時代だから英語を学ばなければならない」といった義務的な英語の学習は身体によくありません。いつでもどこでも明るく陽気に、病みつきになるほど楽しく英語を学びましょう。そのためには、映画、ミュージカル、スピーチ、英語ニュース、演劇などに関連した好きな英語を溢れるほど聴いたり、読んだり、鑑賞したりしましょう。そしてどんどん音読したり演じたりして好きな台詞や歌詞やスピーチの断片を覚えましょう。まずは、DVDを活用して英語の字幕で好きな映画を鑑賞することから始めてみてはいかが?

研究活動詳細

著書

  • イアン・ティレル著『トランスナショナル・ネーション—アメリカ合衆国の歴史—』(日本語翻訳本)  原著 Transnational Nation: United States History in Global Perspective Since 1789 (by Ian Tyrrell)  (共著),明石書店,79頁 2010年05月10日
  • 『アメリカス世界のなかの「帝国」』所収「米国フェミニズムのバックラッシュ現象─その社会文化的諸相と両義性─」 (共著),天理大学出版部,216頁〜229頁 2005年11月26日
  • 『アメリカス学の現在』所収「アメリカのスピーチ・コミュニケーション教育─自己表現のためのプレゼンテーション能力の開発─」 (共著),行路社,182頁〜194頁 2003年12月01日
  • 『アメリカからアメリカスへ─欧米という発想を超えて─』所収「米国人の言語的・非言語的コミュニケーション行動─パブリック・スピーキングの伝統が息づく饒舌文化─」 (共著),創元社,208頁〜219頁 2000年03月20日

論文

  • 米国大統領の説得コミュニケーション・スタイル—ジョージ・W・ブッシュ大統領のレトリックを中心に— (単著),アメリカス研究 第12号,51頁〜75頁 2007年11月17日
  • 現代社会における教育と家庭の活性化を目指して─夫婦・家族コミュニケーションの必要性─ (単著),『天理教とキリスト教の対話II─教育・家族・宗教─』 天理大学出版部,89頁〜108頁 2005年10月26日
  • Toward the Vitalization of Education and Family in Modern Society: Need for Marital and Family Communication (単著),Tenrikyo-Christian Dialogue II: Religion, Education, and the Family Tenri University Press,77頁〜95頁 2005年01月26日
  • Socialization through Dependence and Independence: A Comparison of Two Countries (単著),天理大学学報 第196輯,141頁〜155頁 2001年02月26日
  • アメリカ合衆国におけるスピーチ教育─その現状と学問領域としての歴史的変遷過程─ (単著),アメリカス研究 第5号 天理大学アメリカス学会,133頁〜149頁 2000年11月25日
  • 感情表出しないアメリカ人男性—アメリカ人対人コミュニケーションの隠れた次元— (単著),アメリカス研究 第4号 天理大学アメリカス学会,127頁〜144頁 1999年11月25日
  • A Study of Oral Communication Patterns of Americans and Japanese (単著),天理インターカルチャー研究所論叢 第8号,93頁〜111頁 1999年04月01日
  • アメリカ人の知られざる言語構造─オーラル・コミュニケーション不安と回避の構造─ (単著),『アメリカス研究』第2号219-240頁、天理大学アメリカス学会 1997年11月

その他

  • 新聞エッセイ「アメリカ式説得コミュニケーションの光と影」 (単著),奈良新聞「新西洋事始メ」連載(1),6面 2009年05月08日
  • 新聞エッセイ「語学の根底は聞くこと—聞く耳もつ話し手に—」 (単著),奈良新聞連載コラム「語学への誘い(4)」,16面 2007年03月10日
  • 口頭発表:"Organ Transplantation and Tenrikyo's Challenge in the Future" (Section: Tenrikyo and Its Response to Medical Technology) (単独),天理教海外部主催の国際シンポジウムTenri Forum 2006: New Frontiers in the Mission (於 天理) 2006年07月17日
  • 口頭発表:"Marital Communication and Marital Satisfaction" (Section: Husband and Wife) (単独),天理教海外部主催の国際シンポジウムTenri Forum 2006: New Frontiers in the Mission (於 天理) 2006年07月16日
  • 英語翻訳"Toward the Vitalization of Education and Family in Modern Society: Need for Marital and Family Communication" 木下民生著「現代社会における教育と家庭の活性化を目指して—夫婦・家族コミュニケーションの必要性—」の英語翻訳。 (単著),Tenrikyo-Christian Dialogue II: Religion, Education, and the Family Tenri University Press,77頁〜95頁 2005年01月26日
  • 口頭発表:「古代ギリシャのレトリック再発見─コミュニケーション教育の源流を訪ねて─」   (単独),日本コミュニケーション学会 第33回全国年次大会 (於 北星学園大学) 2003年06月22日
  • 口頭発表:“Toward the Vitalization of Education and Family in Modern Society: Need for Intimate Marital and Family Communication” (単独),天理国際シンポジウム2002:天理教とキリスト教の対話II─教育・家族 ・宗教─ (於 天理大学) 2002年09月28日
  • エッセイ「もとフェミニストリーダーの告白」 (単著),THE AMERICAS TODAY No.41 天理大学アメリカス学会,1頁 2001年09月15日
  • 翻訳:『扇動的かつ破壊的なカルトの脅威─蔓延するマインド・コントロール─』 (監修・共著),フィリップ・ジンバルドー著 全国霊感商法対策弁護士連絡会発行 1995年03月
  • 映画日本語字幕:アメリカ教育映画『ザ・ウェーブ』 (監修・共著),天理教宗教事情調査研究所発行(英語オリジナル版:アメリカNBC放送制作教育映画 The Wave) 1994年04月
  • 翻訳:『創造的協調のための機会─人間・科学・工業技術のより一層の協調と理解のために─』 (単著),ジョン・G・ボリンジャー著 アメリカ・ウィスコンシン大学マジソン校工学部学部長室発行 1990年10月
  • 口頭発表:"Talkative or Quiet?:Oral Communication Patterns between Japan and the U.S."  (単独),"Top Papers Session in Intercultural Communication Research" in the Annual Convention of the Eastern Communication Association, Philadelphia, USA 1990年04月21日

教育活動詳細

教育内容・方法の工夫

  • 課外で英語を聞き、読み、音読させる訓練  2000年04月-現在まで
  • 日本語のプレゼンテーション能力・スピーチ能力養成のための指導  1998年04月-現在まで
  • 英語の授業における英語スピーチ訓練と英語劇の導入  1998年04月-現在まで

教育方法・教育実践に関する発表、講演等

  • 天理中学校における「英語交流会—英語劇のクラスマッチ」審査と英語劇の模範演技披露  2011年11月08日
  • 天理高校進路ガイダンス  2011年09月28日
  • 教校学園高校における出張授業  2011年05月28日
  • 天理中学校における「英語交流会—講演と英語活動」  2011年02月10日
  • 天理中学校における「英語交流会—英語劇のクラスマッチ—」審査と英語劇の模範演技披露  2010年11月15日
  • 天理中学校における「英語交流会—英語詩朗読のクラスマッチ—」審査と英語詩朗読の模範演技披露  2010年07月07日
  • 天理中学校における「英語交流会—講演と英語活動—」  2010年02月05日
  • 県立高田高校における出張授業  2009年12月04日
  • 県立桜井高校における出張授業  2009年11月17日
  • 講演「アメリカ式説得コミュニケーション—オバマ大統領の説得スタイルを中心に—」  2009年06月13日
  • 小学校英語教育の実践指導  2009年04月10日
  • 「英語交流会—英語スピーチ」の審査と模範英語スピーチ披露  2008年11月07日
  • 「英語交流会—英語ミュージカル」の審査と模範ミュージカル披露  2008年07月09日
  • 豊井ふるさと寮における信条教育講和  2008年04月12日
  • 「英語交流会—英語劇」の審査と模範英語劇上演  2007年11月09日
  • 講演「英語は世界を見る窓—国際人を目指して英語を楽しく学ぼう—」及び英語交流会  2007年02月09日
  • 公開授業「グローバル時代を生き抜く英語戦略」  2006年11月22日
  • 公開授業「日本人とアメリカ人のコミュニケーション・パターンの相違」  2005年06月15日
  • 講座「グローバリゼーション時代の英語学習のヒント」  2004年11月19日
  • 大学体験授業「10倍楽しく英語を学ぶ方法」  2004年10月22日
  • 公開授業「10倍楽しく英語を学ぶ方法─国際人になるための不可欠な条件─」  2004年06月14日
  • 講演「国際化時代を生きる英語教育の方略─病みつきになるほど楽しく英語を学ぶヒント─」  2004年02月11日
  • 講座「グローバリゼーション時代の英語学習のヒント」  2003年11月18日
  • 講話「国際人ようぼくを目指して」  2002年12月18日
  • 模擬授業「国際化時代の英語教育」  2002年11月13日

その他教育活動上特記すべき事項

  • カナダ留学アドバイス・留学手続き援助及び留学中の支援  1999年04月-現在まで

学会・社会活動等

一般活動

  •  天理やまと文化会議委員 1999年04月-2003年03月
  •  日本英語検定協会英検英語面接官 1998年07月-現在まで
  •  天理教海外部英語翻訳委員 1998年04月-現在まで
  •  天理大学アメリカス学会評議員 1996年11月-現在まで
  •  天理教教会本部教会長資格検定講習会英語講師 1996年09月-現在まで

講演・公開講座等

  • 天理大学梅田サテライト語学講座英語講師 社会貢献として一般に公開されている梅田サテライト語学講座「英語会話初級」クラスを春学期と秋学期に担当し、社会人や主婦などを相手に英語会話と国際コミュニケーションの面白さを教える。,天理大学,天理大学梅田サテライト 2012年04月10日-2012年12月11日
  • 講演「アメリカ式説得コミュニケーションの光と影」 公開講座「ヨーロッパ・アメリカ学への招待—新西洋事始メ」における講演。アメリカ人が説得コミュニケーションが得意である歴史的背景を古代ギリシャの修辞学の伝統に遡って検証し、アメリカの小・中・高・大学で実践されているスピーチ教育の内容を紹介し、日本人もこのスピーチ教育に学んでいかにすれば相手を説得できるかについて実践的処方箋を展示した。,天理大学・奈良新聞社共催,天理大学 2009年05月02日
  • 「はやま国際交流の森」における講師及び企画・進行 高校生・大学生を対象に「世界の文化と遊び」をテーマに開催された「はやま国際交流の森」における講師、天理大学代表並びに企画・開催・司会進行コーディネーター ,奈良県立青少年野外活動センター・天理大学国際文化学部,奈良県立青少年野外活動センター 2005年12月17日-2005年12月18日
  • 「はやま国際交流の森」における英語講師及び企画・進行 高校生・大学生を対象に開催された外国語合宿「はやま国際交流の森」における英語講師、天理大学代表並びに企画・開催コーディネーター,奈良県立青少年野外活動センター 協賛:天理大学国際文化学部,奈良県立青少年野外活動センター 2005年10月15日-2005年10月16日
  • 「人を説得するコミュニケーション戦略—対人関係における非言語的要素の働き—」 天理市建設業協会研修会における経営者と管理職対象の講演。会社の経営者が社員や従業員と良きコミュニケーションを維持し、相手を説得する具体的方策を提示。,天理市建設業協会,天理市男女共同参画プラザ 2005年10月07日
  • 英語講演 "Strategies for Acquiring Oral Communication Competence in English: For English Teachers and High School Students in the 21st Century" (「オーラル・コミュニケーション能力養成の方策─21世紀を生きる英語教師と高校生のために─」) 「平成16年度高等学校外国語学習指導研究会」における奈良県下高校英語教師に対する英語講演。グローバル社会におけるオーラル・コミュニケーション能力の重要性を説き、21世紀の高校の英語教員がいかにすればこの能力を習得し、生徒に効率的に指導することができるかに関して英語で講演した。,奈良県教育委員会・奈良県高等学校教科等研究会英語部会主催,県立五条高等学校 2004年11月26日
  • 「はやま国際交流の森」における英語講師及び企画・進行 小学生・中学生・高校生を対象に開催された英語合宿「はやま国際交流の森」における英語講師、天理大学代表並びに企画・開催コーディネーター,奈良県立青少年野外活動センター・天理大学国際文化学部・奈良県企画部文化国際課,奈良県立青少年野外活動センター 2004年09月25日-2004年09月26日
  • 天理大学公開講座「人を説得するコミュニケーション—非言語的要素のふしぎな働き—」 他者を説得するために必要なコミュニケーション要素を非言語学的見地から検証し、具体的な説得様式と方略を提示した。,天理大学・天理市教育委員会,天理市文化センター 2003年09月13日
  • 「はやま国際言語の森」における英語講師及びイベント企画 高校生・大学生・社会人を対象に開催された外国語合宿「はやま国際言語の森」における英語講師及びイベントの企画・進行役を務める。,奈良県立青少年野外活動センター.天理大学国際文化学部,奈良県立青少年野外活動センター 2003年08月28日-2003年08月29日
  • 「学社融合推進事業—はやま言語の森—」における英語講師 高校生・大学生・社会人を対象に開催された外国語合宿「学社融合推進事業─はやま言語の森─」における英語講師及び全体の企画・進行,奈良県立青少年野外活動センター・天理大学国際文化学部,奈良県立青少年野外活動センター 2002年11月16日-2002年11月17日
  • 「アジア・太平洋地域世界文化遺産保護協力事業諮問会議」のスピーチ及び共同声明作成 「アジア・太平洋地域世界文化遺産保護協力事業諮問会議」における日本側代表の各種スピーチ英語翻訳及び英語共同声明作成スタッフを務める。,文化庁、ユネスコ・アジア文化センター文化遺産保護協力事務所,奈良県新公会堂 2000年02月29日-2000年03月03日
このページの先頭へ