天理大学

国際学部教員・研究者情報

言語教育研究センター

准教授 鈴木陽二(スズキ ヨウジ) SUZUKI Yoji
電子メール:
y-suzuki
このページを印刷

基本情報

担当科目 韓国・朝鮮語レベルA1<2コマ登録> 韓国・朝鮮語レベルA2<2コマ登録> 韓国・朝鮮語レベルB1<2コマ登録> 韓国・朝鮮語レベルB2<2コマ登録> 韓国・朝鮮語科指導法1 韓国・朝鮮語レベルE1 韓国・朝鮮語レベルF1 韓国・朝鮮語レベルF3 韓国・朝鮮語レベルC1<2015年度以降> 韓国・朝鮮語レベルC2<2015年度以降> 韓国・朝鮮語レベルD1<2015年度以降> 韓国・朝鮮語レベルD2<2015年度以降>
シラバスを見る
(受講対象者別)
現在の専門分野 朝鮮語学
現在の研究課題 朝鮮語文法
所属学会名 朝鮮学会、朝鮮語教育研究会、日本言語学会
経歴 文学修士(1987年8月)延世大学校大学院 朝鮮学会 編集委員及び幹事
メッセージ 同じ漢字語圏に暮らす私たちに日本語話者にとって、文章構造が酷似している韓国・朝鮮語は、最も学び易い言語の一つだと思います。一度、ハングルの世界をのぞいてみませんか?

研究活動詳細

論文

  • 現代韓国・朝鮮語における終結態表現について (単著),天理大学、『天理大学学報』(第66巻 第1号),P13〜P33 2014年10月26日
  • 専修語の理想的な授業を目指して ー専修韓国・朝鮮語クラスの現状を踏まえてー (単著),天理大学言語教育研究センター 『外国語教育』(第40号),P49〜P59 2014年03月31日
  • 韓国・朝鮮語学習の初期段階における文字と発音の教授法に関する一考察 (単著),天理大学言語教育研究センター 『外国語教育』(第39号),P33〜P48  2013年03月15日
  • 韓国語と日本語の再帰代名詞比較研究(韓国語) (単著),『朝鮮学報』第130輯 朝鮮学会 54頁 1989年01月

その他

  • エッセイ 日韓ことわざにみる動物ー丑(うし)の場合 (単著),天理大学言語教育研究センター「Clear Sky」(第14号),P12〜P14 2016年03月31日
  • エッセイ 日韓文化比較ことわざにみる動物ー戌(いぬ)の場合 (単著 ),天理大学言語教育研究センター「Clear Sky」(第13号) , P15〜P17  2015年03月31日
  • エッセイ 日韓文化比較ことわざにみる動物ー虎の場合ー (単著),天理大学言語教育研究センター「Clear Sky」(第12号),P12〜P14 2014年03月31日
  • 外国語になった日本語(韓国) (単著),天理大学言語教育研究センター「Clear Sky」(第11号),P13〜P15 2013年03月31日
  • ことわざからみる韓国・朝鮮文化 (単著),天理大学言語教育研究センター「Clear Sky」(第9号),P17〜P19  2011年03月31日
  • 翻訳:閔賢植「開化期のハングル本『易言』の研究」 (単訳),朝鮮学報 第186輯 朝鮮学会,P1〜P39 2003年01月26日
  • 翻訳:禹快済「伝統文化の理解と韓・日両国関係」 (単訳),朝鮮学報 第178輯 朝鮮学会,P181〜P205  2001年01月26日
  • 翻訳:李東夏著「韓国現代文学二つの類型」 (単訳),朝鮮学報 第174輯 朝鮮学会,P109〜P131  2000年01月26日
  • ハングル文化事情 (単著),センター通信 第58号 天理大学語学教育センター,3頁 1999年07月25日
  • 口頭発表:「天理教教義文献翻訳に関する一考察」-「みかぐらうた」-の場合 (単独),第49回朝鮮学会大会(於 天理大学) 1998年10月04日
  • 翻訳:山本久仁夫・中島秀夫共著『おさしづ研究(下)』 (共訳),天理教海外布教伝道部 天理教海外布教伝道部・天理教韓国翻訳委員会(共同翻訳者)総頁389 1997年01月26日
  • 翻訳:姜信杓「東アジアからの声を」 (単訳),『新・スポーツ文化の創造にむけて』ベースボール・マガジン社 小椋 博監修 天理やまと文化会議編 総頁256中9頁担当 1996年09月20日
  • 翻訳:山本久仁夫・中島秀夫共著『おさしづ研究(上)』 (共訳),天理教海外布教伝道部 天理教海外布教伝道部・天理教韓国翻訳委員会(共同翻訳者)総頁371 1995年06月26日
  • 翻訳:南基心「二重主語構文再考」 (単訳),『朝鮮学報』第126輯 朝鮮学会 17頁 1988年01月

教育活動詳細

作成した教科書、教材、参考書

  • 韓国・朝鮮語(基礎・応用編)  2013年04月-現在まで
このページの先頭へ