天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 硬式野球部 阪神大学野球リーグ秋季リーグ戦第4節
 【硬式野球部】

硬式野球部 阪神大学野球リーグ秋季リーグ戦第4節

大阪体育大学に2連勝で勝ち点3を獲得 優勝に大きく前進する

  本学硬式野球部は、今シーズンの大きな山場であった第4節・大阪体育大学(大体大)戦(9月23日・24日万博公園野球場)に2連勝して勝ち点3を獲得。優勝へ大きく前進した。
 第1戦は、天理・森浦大輔(体育1・天理)、大体大・門前という、リーグ内屈指の好投手同士の対決となった。結果は4-3で天理が接戦を制した。この試合のキーマンは、2回裏の先制3点本塁打と、8回裏の勝ち越しの犠飛を打って全得点の4打点を挙げた山本柊作(体育4・天理)外野手。そして大体大・内藤に3点本塁打を浴びるも、それ以外は危なげなく投げきり、今季3勝目を挙げた森浦大輔投手であった。

  第2戦は、激戦のシーソーゲームとなったが、試合のポイントは、天理1点ビハインドで迎えた8回表。先頭の北川が相手の意表を突くセーフティバントで出塁したのを皮切りに、一挙6安打6得点の猛攻で試合を決定づけた。投げては、先発・八木玲於(地域文化2・敦賀)、中継ぎ・中川一斗(体育4・玉野光南)、リリーフ・桜木健次郎(体育2・愛工大名電)とつないで9-4で逃げ切った。
 
  第5節・大阪産業大学戦で2連勝すれば、ほかの試合結果によっては優勝となる可能性もある。次節の戦いから目が離せない。

第2戦 -天大ナインたちの活躍の様子-

監督・選手コメント

○藤原忠理監督
 開幕から6連勝して数字的にはいいが、内容としては目指している野球からはまだまだ修整しないといけない点がある。ただ、その中でも結果を出していることは、チームとして力が付いている証拠だと思う。
  2戦目の勝因は、点は取られるが1点ずつしか与えず、ビッグイニングを相手に作らせていないこと。選手にも、ピンチのときに1点を失うことを怖がらずに、一つひとつのアウトを取って最少失点で終わろうと言っている。野球は9イニングのゲームで、その中で試合を組み立てることを選手も随分分かってきてくれている。
 春の全国大会を経験してチームの意識も変わり、あわてずに試合を運べるようになった。全国でもまれたことが自信になっている。先を見て選手のレベルを上げながら戦っていきたい。
 
○新キャプテン荻野翔大郎選手(体育3・社)
 試合は思い通りにいかない場面も多かったが、終盤になるにつれ、ここぞというところで選手一人ひとりの執念が出たからこそ勝つことができた。しっかり、自分たちの野球をして勝っていきたい。
 
○4番で大活躍の田中秀政選手(地域文化3・明徳義塾)
 (第2戦で4打数3安打2打点3得点と活躍)
 第2戦はシーソーゲームで負けている回もあったが、落ち着いて自分たちの野球をすれば絶対に追いつけると思ってプレーをしていた。今日はタイムリーも打てたが、先頭打者としてチャンスメイクができて良かった。秋のリーグ戦では、狙い球が自分の打てるゾーンに来たのを一発で仕留められている。次節も全力で勝ち点を取りに行きたい。
 

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ