天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 阪神大学野球春季リーグ優勝報告
 【硬式野球部】

阪神大学野球春季リーグ優勝報告

  阪神大学野球春季リーグで4季ぶり10回目の優勝を果たした硬式野球部が、5月24日、永尾教昭学長に優勝報告を行った。
 
 藤原忠理監督から優勝報告を受けた永尾学長は、試合を決めた7回裏の攻撃について質問。藤原監督は、緊迫した攻防の中でのベンチワークなど、試合を決めたポイントを説明した。
 
 また松尾勇部長が、6月5日から開催される「第66回全日本大学野球選手権大会」出場についての報告を行い、永尾学長から、「全国大会でも普段通りの実力を発揮して優勝を目指してほしい」と、激励の言葉が贈られた。
 
 なお野球部は、今後、並河健天理市長、奈良県庁を表敬訪問する予定。
 
※「第66回全日本大学野球選手権大会」での天理大学硬式野球部の初戦は、6月6日(火)東京ドームの第2試合(対東海大九州)
※現在、天理大学から応援ツアーを計画中です。詳細が決まり次第、ホームページにて告知いたします。
【阪神大学野球春季リーグ表彰選手】
最優秀選手賞 森浦大輔(体育1・天理)
最優秀投手賞 中川一斗(体育4・玉野光南)
首位打者賞  荻野 翔大郎(体育3・社)
ベストナイン 加藤聖也(体育3・金光大阪)
       荻野 翔大郎(体育3・社)
       西山浩基(体育4・天理)
優秀放送賞  天理大学
 

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ