天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 永尾学長、ドイツ出張
 【学長室ニュース】

永尾学長、ドイツ出張

 2月16日から23日まで永尾学長はドイツに出張した。随行者は、言語教育センター森本智士准教授と、体育学部塚本順子教授。
 まず、本学学生とのスポーツ交流実習が行われているケルン体育大学を訪問し、視察後イェンス・クライネルト副学長(Dr. Jens Kleinert)らと懇談した。
 次いで、同様に実習が行われているマールブルク大学を訪問し、元マールブルク大学宗教博物館長マルティン・クラーツ博士と対談。本学創設者・中山正善天理教二代真柱との交流に始まる、天理とマールブルクの歴史や、今後の友好親善の方向性について話が弾んだ。続いて、宗教博物館の天理教コーナー展示物を視察した。
 期間中には、マールブルク市トーマス・シャピース市長(Dr. Thomas Spies)同席のもと、同市庁舎にてゴールデンブック※の記帳が行われた(その模様は翌日の現地新聞にも紹介された:写真)。
 
※ゴールデンブックとは…マールブルク市を訪れる要人だけが記載できる芳名録のこと。
 

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ