天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 大野 世界選手権で「金」 —男子73キロ級
 【大学院体育学研究科】

大野 世界選手権で「金」 —男子73キロ級

大野将平(大学院体育学研究科在籍)が、柔道・世界選手権で2年ぶり2回目の優勝!

2015年世界柔道選手権カザフスタン・アスタナ大会 男子73キロ級(8月26日)において、本学柔道部出身の大野将平(旭化成・天理大学大学院体育学研究科在籍)が2年ぶり2度目の優勝を飾った。 決勝では、男子73キロ級で大野と五輪代表を競う、ロンドン五輪銀メダルで世界選手権2連覇を狙った中矢力(ALSOK)に優勢勝ちした。今大会の日本男子では金メダル第1号となった。


穴井隆将天理大学柔道部監督(体育学部講師)の話
オリンピックに向けて、決勝で勝ったことに意味がある。決勝までの苦しい戦いの中でも、自身もテーマにしていた「がまん」に徹して勝負にこだわったことが今回の勝因だった。これから1年、精神面で自分自身をどこまで追い込めるかが大事で、その先にオリンピックの金が現実として見えてくる。大野も優勝後浮かれる様子もなく「これからも鍛えてほしい」と言ってきたので、私の経験も踏まえてサポートしていきたい。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ