天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 西の京高校生徒39名 考古学・民俗学専攻にて民俗学実習を体験
 【歴史文化学科考古学・民俗学専攻】

西の京高校生徒39名 考古学・民俗学専攻にて民俗学実習を体験

民具整理の作業を説明
 6月10日、奈良県立西の京高等学校地域創生コース3年生39名が3名の先生方とともに、天理大学文学部考古学・民俗学専攻を訪れ、「民俗学実習」の授業を受講した。授業のテーマは「民具の整理・保存・活用」。考古学実習室に用意した背負い籠や絵馬、柄杓などの民具に実際に触れてもらい、整理の方法——実測・写真撮影・記録を体験してもらった。
 また、民具がどのように保存・活用されているのか、天理大学附属天理参考館を訪れ、実際の展示を見ながら理解を深めた。専攻教員の他、考古学・民俗学専攻の学生も、高校生の皆さんに展示の解説を行い、学生にとってもよい学びの機会となった。
民具の実測
 なお西の京高等学校地域創生コースと天理大学考古学・民俗学研究室は、数年前から安井眞奈美教授が妖怪についての出張授業を行うなどして交流を深めてきた。専攻では、今後も民俗学と考古学のおもしろさを活かした、高校生向けの体験型実習を考えていく。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ