天理大学

国文学国語学科

国文学国語学科会 輪講紹介

萬葉輪講

うちの先生はこんな人。

 我が万葉輪講を指導して下さるのは川島二郎先生。
 川島先生という人物はなかなか謎多きお方でありまして…独身でいらっしゃることや、なぜかカラオケには絶対に行かない事や、ピアノがお上手なことなど、先生と密接な関係にある私達輪講員にさえその理由を教えてくださいません。(まあ独身とかは私たちが広めてるんやけど)そんな神秘的でクールな先生ですが万葉集に対してはものすごい情熱を発揮します。もともと万葉集に興味のなかった私も、その情熱に惚れました。
 上代文学に興味のある人はもちろん、ないっていう人もぜひ万葉輪講に入ってみませんか?私は輪講のおかげで「大学生活、バイトも遊びも趣味も勉強も!頑張ってる」って胸をはっていえます。とにかく一度遊びに来てくださいね。コーヒーでも飲みながら仲良くしましょう。

こんな活動しています!

 万葉輪講は週に一度、万葉集や古事記等、奈良時代以前の作品を毎年一つ取り上げて先生と一緒にある程度まで読み、その後課題を決め、それについて学生が自らの力で調べ、輪講の中で発表します。そうして上代への理解と知識をさらに深めていこうとする研究会です。
 先生を始め、個性的な先輩方と一緒に受ける講義はとても楽しく、堅苦しいイメージもまったくありません。
上代で卒論を書こうと思っている方や、少しでも 興味が湧いた方は、一度、研究室を覗いてみてくださいね。

輪講旅行

 年二回、春と夏に楽しい輪講旅行もあります。
 また不定期で京都などに遠足にも行きます。
このページの先頭へ