天理大学

国文学国語学科

国文学国語学科 専任教員紹介

川島 二郎 〈教授〉 上代文学担当

萬葉集、その中でも歌聖と呼ばれる柿本人麻呂を中心に研究しています。人麻呂は「いろは歌」の作者とされるなど伝説や伝承の霧に包まれた歌人ですが、なんとかして真実の姿に迫りたいと思っています。

仁尾 雅信 〈教授〉 中古文学担当

様々な女性とのロマンを謳歌した光源氏、しかし、彼は本当に女性の心をゲットしたのでしょうか。紫式部は何を私たちに語りかけたかったのでしょうか。一緒にタイムスリップして、平安王朝絵巻を味わいましょう。

佐藤 愛弓 〈准教授〉 中世文学担当

 変革期であった中世は、それまでの価値観が通用しなくなり、人々はどのように生きるべきかを問い直しました。そこから説話や軍記が生まれます。みなさんも変革期の作品を読みながら、価値観を問い直してみませんか。

西野 由紀 〈准教授〉 近世文学担当

江戸時代の作品を構成する要素は、ことばだけではありません。たとえば、井原西鶴は自身で挿絵を描いた作品を残しています。ことばの表現だけでなく、さまざまな要素にも目をくばりつつ、解釈の可能性を探ってみましょう。

北川 扶生子  〈教授〉 近代文学担当

まったく異なる文化がぶつかり合う中から生まれた近代日本の文学には、読み出したらやめられないおもしろい作品がたくさんあります。誰もが知っている古典から、隠れた名作まで、その魅力にぜひ触れてみてください。

吉田 茂晃 〈教授〉 国語学担当

「国語学」というと堅苦しく聞こえますが、要は日本語について調べたり考えたりする学問で、とても身近なものです。卒論で漫才のツッコミを分類したり、ラップを調べたりする学生もいて、興味が尽きません。

浜田 秀 〈教授〉 国語学担当

人と人とが出会う時、そこには必ずことばがあります。「今日は」から始まって、「おや」「ええ」「ふーん」も、この短い文章も、すべてはことばの産物です。皆さんがこの世界にチャレンジすることを期待しています。

関連リンクセット

このページの先頭へ