天理大学

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 人間学部
  4. 人間関係学科社会福祉専攻

社会福祉専攻

活力ある福祉社会を担う人に。

 本専攻では、プロの援助者養成をめざし、誰でもが幸せに生きる社会の実現に向けて、自分に合った方法と技が見つけられるようなカリキュラムを準備。少人数制を活かし、理論学習だけでなく、工夫を凝らした実践教育に力を入れています。具体的には、実習教育や援助技術演習などの科目において、できる限り個別指導やグループ活動を取り入れた多様な授業を行っています。

社会福祉専攻の特色

1学年のクラス定員が30名

 ひとりの社会人として、また社会福祉のプロフェッショナルとして成長するためには、少人数制のきめ細かい教育現場のもとで学ぶことが必要です。

 天理大学では、教員1人に対する学生数が約6名で、社会福祉教育を行う大学の中でも非常にユニークな少人数制教育を徹底しています。

安定した国家試験合格率の実績

 少人数制の教育、教員とコミニケーションの取りやすい環境。そして、ともに支えあう仲間との研究や学習活動は、国家試験で安定した実績を生み出します。

●平成24年・社会福祉士国家試験合格率(63.2%)→近畿圏3位(私学1位)
●平成24年・精神保健福祉士試験(合格率100%) →全国第1位

本学では国家試験対策はすべて専任教員が行い、無料で対策講座を受けることができます。
※多くの大学では、専門学校などによる有料の国家試験対策を学生に受講をするように勧めています。

教育目標、受け入れ方針と養成する人材像

社会福祉専攻の教育目標

  • 社会福祉のプロフェッショナルとしての「判断力」や「ネットワーク形成力」などの諸能力の養成
天理大学社会福祉専攻では、人がよりよく生きることを援助するために必要な全般的な知識を学び、援助される人を中心としたサービスを提供する基本姿勢を身につけさせます。さらに、必要な技術や生活上の諸問題を全体的にとらえて、実践力を身につけた福祉社会の実現に貢献できる人材の育成をめざしています。

受け入れ方針と養成する人材像

 本専攻は、
  • プロフェッショナルとしての対人援助者をめざす人
  • 知的探求心の旺盛な人
を求め、4年間の教育をとおして、
  • 社会福祉のプロフェッショナルとして福祉施設・機関・病院等で活躍できる人
  • 人間関係の基礎となるコミュニケーション能力を身につけた人
に育てます。
このページの先頭へ