天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 第40回関西学生春季室内選手権水泳競技大会
 【水泳部(競泳)】

第40回関西学生春季室内選手権水泳競技大会

1日目結果(3月3日)

天理大学水泳部は二つの大会新記録を樹立しました。
男子50m平泳ぎに出場した最相  旭(さいそう  あさひ、体育3年)は27秒55という素晴らしい記録で優勝。
本大会の大会新記録を打ち立てました。
4月に開催される日本選手権の参加標準記録を突破しました。

また女子4×100mフリーリレーでは、昨年同大会で優勝した天理大学水泳部が打ち立てた大会記録3分50秒08を更新し、
3分48秒53という大会新記録で二連覇しました。
メンバーは、轟  明日香(とどろき  あすか、体育2年)、岸部  暉(きしべ  あきら、体育2年)、
澁谷芽実(しぶや  めいみ、体育3年)、城間小桃(しろま  こもも、体育1年)。

2日目結果(3月4日)

 2日目は男女4×100mメドレーリレーから始まりました。アベック優勝を勝ち取りました。
女子は自己記録更新には及びませんでしたが、ライバルの武庫川女子大学を抑え、圧倒的な勝利、大会新記録4分10秒38で優勝しました。
メンバーは、岸部  暉(きしべ  あきら、体育2年)、澁谷 芽実(しぶや  めいみ、体育3年)、
杉原  優佳(すぎはら  ゆうか、体育2年)、西野  美妃(にしの  みき、体育2年)

男子も昨年に続き、この種目を2連覇しました。
メンバーは、相浦  優大(あいうら  まさひろ、体育2年)、最相  旭(さいそう  あさひ、体育3年)、
上野  隆登(うえの  りゅうと、体育3年)、中村  圭哉(なかむら  けいや、地域1年)

前日の男子50m平泳ぎで優勝、大会新記録で日本選手権出場を決めた最相  旭は100m平泳ぎに出場しましたが、
1分00秒16の記録で2位に留まりました。
また全レース終了後に行われた同種目のチャレンジレースに出場し、59秒53という素晴らしい自己新記録で
日本選手権への出場を決めました。

大会名

第40回関西学生春季室内選手権水泳競技大会

大会日程

2018年3月3日ー2018年3月4日

場所

京都アクアリーナ

コメント

昨年秋からの鍛錬期を経ての結果です。
今回の試合で自己記録更新は数多く、努力が報われたと感じる試合でした。
今後とも水泳部へのご声援、ご指導を宜しくお願い申し上げます。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ