くずし字が読めなくても大丈夫。写真撮影の経験を積んで調査現場の即戦力に。 2024.07.08 人文学部歴史文化学科在学生の方へ在学生保護者の方へ # 歴史学コース# 歴史学実習

皆さんもよく知っているように、AIの発達には目を見張るものがあります。日本史の分野も同様で、くずし字がAIによって解読されるようになってきました。これから日本史を学ぼうという皆さんにとって、くずし字が読めなくてもAIがかわって読んでくれる時代になってくるでしょう。日本史を学ぶハードルが少し低くなってきたわけです。

しかし、AIは、このうえなくわがままです。AIにくずし字を読んでもらうためには、文書の所在を確認し、整理して、さらにデジタルで写真を撮らなければなりません。どんなにAIが進んでも、みなさんが作業する部分はとても多いのです。

歴史学コースでは、史料実習の授業を通して、くずし字の解読、目録の作成、データの入力などのノウハウを身につけると同時に、作業を通して附属図書館の近世史料の公開に協力しています。

加えて、課外でおこなっている文書整理などで、文書を撮影する経験を積めるようにしています。撮影の技術は奥が深く、近年では専門領域として確立し始めていますので、ここでの作業は初歩の初歩でしかありません。しかし、各地で行われている調査では、手間のかかる文書の撮影にはそれなりのニーズがあります。くずし字が全部読めなくても、撮影のスキルを身につけておけば、調査現場での即戦力になれます。

歴史学コースの研究室では、パソコンとデジタルカメラを直接つないで撮影しています。また、低反射アクリル板を利用し、きれいに撮れるように工夫しています。『天理市杣之内町山口文書調査報告書』での解説や口絵などは、このようにして撮影した写真を利用しました。この夏に発行予定の古文書報告書では、お借りした史料の全部を学生が撮影しました。

歴史学コースで古文書を一緒に撮影してみませんか。(幡鎌一弘)

関連リンク

ページ先頭へ