天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 新たにドイツ、スイスで「海外インターンシップ」実習生受け入れの覚書を締結
 

新たにドイツ、スイスで「海外インターンシップ」実習生受け入れの覚書を締結

 本学は、飯降学長が建学の精神に基づき提唱する3つの柱「宗教性」、「国際性」、「貢献性」の一つである「国際性」をさらに推進するために、「海外インターンシップ」(全学部開放科目、2〜4年次)実習生の受け入れ先の拡充に取り組んでいる。このたび、山田常則副学長一行は、ドイツ、スイス、天理大学パリ分校を訪問し、5月7日に、ドイツ・ミュンヘンの柔道場と、5月9日にスイス・フリブールのスポーツセンターと新たに「スポーツ型海外インターンシップ」実習生受け入れの覚書を交わした。
 今回新たに締結した施設と実習内容は以下の通り。

■ミュンヘン(ドイツ)

施設 TSV Munchen-Grosshadern Judohalle
研修内容 柔道・合気道・エアロビクスの指導、事務所の業務と道場の管理
期間と受け入れ人数 希望に応じて調整

■フリブール(スイス)

研修内容 ・ヴィラ-ル・シュル・グランヌ市のスポーツセンターで行われている柔道・合気道・サッカー・バスケットボールなどの指導
・スポーツセンター事務所の業務と管理
・ミートショップでの販売と製造
期間と受け入れ人数 希望に応じて調整

本学の海外インターンシップ受け入れ先の拡充について

 外国語教育に長年の実績を持つ本学は、国内でのインターンシップに加え、以下の3パターンの「海外インターンシップ」実習生受け入れ先の拡充に取り組んでいる。

1.「短期語学実習+海外インターンシップ」
(主に国際学部生対象、約1カ月滞在、実施中)
過去の実績:
天理大学分校「エコール・ド・パリ」での短期フランス語講座受講とインターンシップ実施
「天理大学ニューヨークキャンパス」での英語講座受講とインターンシップ
2.「スポーツ型海外インターンシップ」
(主に体育学部生対象、約2週間滞在)
※今回新たにインターンシップ実習生受け入れの覚書を締結
3.「交換・認定留学+海外インターンシップ」
(主に国際学部生対象、約半年〜1年滞在、実施中)
過去の実績:タイへの留学+マツダ・エンジニアリング(在バンコク)
※インドネシア、タイ、ドイツ、米国の日系企業などで実習生受け入れ了承済み

関連リンク

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ