天理大学

国文学国語学科

国文学国語学科会 輪講紹介

中世輪講

中世輪講の特色

 中世とは国文学の時代区分で言うと、鎌倉、室町時代を指します。しかし、実際は平安末期も含まれています。
『平家物語』がありますからね。
ざっとどんな時代かと申しますれば、世の中が荒れていた頃です。現在もそうですが、戦乱、戦乱、戦乱。人が沢山死んだ事でしょう。そんな中生まれたのが、戦争自体を題材にした軍記物語であり、安らぎと極楽を求めた仏教説話であったのでしょう。とにかく暗い。やる気がすこーんと抜けてしまう、暗さとやるせなさ。そして血飛沫。
いいですね。

 こんな趣味を持った中世輪講は、今年も『平家物語』を読みます。卒業するまでに読破!を目標にもう四年目。果たして読み終えるのか。このペースでいくと確実に無理なので、激しく不安です。これを理由に卒業が延ばされる、なんて事は阻止せねば・・・。
このページの先頭へ