天理大学

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 人間学部
  4. 人間関係学科臨床心理専攻

臨床心理専攻

公認心理師(国家資格)養成にも対応予定

  2015年9月9日、「公認心理師法案」が成立しました。この法案が施行されることで、公認心理師という、念願の心理職の国家資格が誕生します(2017年予定)。  
 
 国家資格の創設により、これまで以上に、教育・医療・福祉・司法などの各領域で心理職のニーズが高まると予想されます。
 
 本学の臨床心理専攻および大学院臨床人間学研究科は、これまで多くの優れた臨床心理士を輩出してきましたが、公認心理師養成のためのカリキュラム(2017年初頭公表予定)にも対応する教育体制を整備する予定です。
 

「こころの悩み」へのまなざしを深める。

臨床心理専攻の教育目標

天理大学人間関係学科臨床心理専攻授業風景
  • 自ら問いをたてて考える力、主体的に学ぶ態度を養い、実践に役立つ人材を育てる
  • 他者理解のための専門的知識を習得し、さまざまな心の問題を抱える人たちがよりよく生きることを支援する能力を養う。
天理大学臨床心理専攻では、人が抱えるさまざまな悩みや課題を、臨床心理学の視点、特に心理療法の視点から探究し、人がよりよく生きるための心理的支援について学びます。そうした視点は、知識を増やすだけでは身につきません。そこで本学では学生定員30人に教員6人という少人数教育を実践し、豊富な実習などを通して、体験的に「生きた知」として修得することを目指しています。そのなかで、自分自身のこころとの新たな出会いを促して学生一人一人の個性を伸ばし、社会で活躍できる人材を育てることを目標としています。

臨床心理専攻の特色

 天理大学臨床心理専攻は、箱庭療法の発祥の地として知られ、長い伝統の上に築かれています。特に、カウンセリング実習、箱庭制作を含むプレイセラピー実習など、学生が自ら体験し考える実習・演習を重視したカリキュラムを組んでいます。また、地域と連携した不登校支援や学校支援、さらに養護施設や司法施設でのボランティアなどを積極的に実施しており、学生は豊かな体験を積み、自ら主体的に考えていく機会を多くもつことができます。本学では、心理療法の専門家としての土台を学ぶだけではなく、社会のあらゆる場面で基本となる広い視野と他者とのコミュニケーション力を育むことを目指しています。

受け入れ方針と養成する人材像

本専攻は、

  • 人のこころに関心をもち、他者や自らを理解したいと考えている人
  • 人との関わりを大事にする人

を求め、

  • 豊かな感性をそなえ、自分で主体的に考えて行動できる人
  • こころのケアにかかわる分野で活躍できる人

に育てます。

このページの先頭へ