【授業紹介:地域の暮らしと看護】 2024.05.30 看護学科医療学部 # 看護学科# 授業紹介

【地域の暮らしと看護】では、実際に地域を歩いて、どんな場所に病院やスーパーがあるのか、その場所は安心して生活できるのかを事例を通して確認する地区踏査を実施しました。

 学生は、グルプワークにより、何を見るか、どこに行くか事前に考え、実際の場所に行きます。いつもは通り過ぎてしまう場所を、意図して歩くことで、様々な発見がありました。あいにくの雨でしたが、学生は五感を使い「この段差は危ない」、「駅の近くに住んでいたら電車の音が気になるかも」などとグループで話しながら、多くの収穫と共に大学に戻りました。 (医療学部 看護学科 梶谷薫 助教)

関連リンク

ページ先頭へ