臨床心理専攻(現・心理学科)の卒業生による講演会 2024.05.30 臨床人間学研究科臨床心理学専攻心理学科人文学部大学院

5月26日に臨床心理専攻の卒業生による講演会が奈良県天理市で開催されました。

講演「子どもが生き生きと過ごすためのいくつかのお話」
講師 古田和美氏(かおる~こころとからだの相談室~代表 公認心理師・臨床心理士)
(講師より)子どもは視野が狭く、経験値が少ないため目の前だけを見がちですが、大人よりも純粋で、「たった一つのこと」を求めて生きています。学校関係の現場(小・中・高)における経験から、子どもが生き生きと過ごすための幾つかのお話をします。

当日は、「ひきこもり」や「うつ」に関心のある方を中心に、その支援に携わっている公認心理師・臨床心理士がたくさん集まりました。
本学で心理学を学ぶ大学生、大学院生も学生スタッフとして参加し、交流を深めていました。
このように、本学では、在学中から、現場で活躍する公認心理師・臨床心理士と親しく関わる機会が豊富に用意されています。
そうした人脈が進学や就職につながることも少なくありません。
本学ではこのような活動をこれからも進めていきます。

関連リンク

ページ先頭へ