天理大学

文学部

人文科学の知とこころを極める。

新着情報

2020.11.19
New【教職員のメディア出演・講演情報】NHKラジオ「筒井順慶と明智光秀」にて天野忠幸 准教授の講演が放送されます(2020/12/6)
2020.11.18
【教職員のメディア出演・講演情報】奈良テレビ放送「ゆうドキッ!」に幡鎌一弘教授が出演します(2020/11/25)
2020.11.16
【歴史文化学科 歴史学研究コース】自主勉強会「古文書を読む会」を再開しました。
2020.11.10
【歴史文化学科 歴史学研究コース】大学史料の撮影を通して年史編集室に協力しました。
2020.11.02
【教職員のメディア出演・講演情報】本学 文学部歴史文化学科 天野忠幸 准教授の解説が読売新聞に掲載されました。
2020.10.30
【歴史文化学科 歴史学研究コース】『月刊大和路ならら』の連載「新大和人物志」に岩宮隆司非常勤講師が寄稿しました。
2020.10.28
【歴史文化学科】高大連携企画として西の京高校で特別講義を行いました。
2020.10.27
【歴史文化学科 歴史学研究コース】天野忠幸准教授が分担執筆した『大航海時代へ—マルコ・ポーロが開いた世界—』が刊行されました。
2020.10.26
【教職員のメディア出演・講演情報】関西城郭サミット2020in飯盛城「飯盛城跡調査研究の到達点」にて天野忠幸 准教授が講演を行います(2020/11/22)
2020.10.26
【教職員のメディア出演・講演情報】NHKBSプレミアム「英雄たちの選択スペシャル、プロが選ぶ“最強”の戦国武将」にて天野忠幸 准教授の解説が放映されます(2020/10/31)
2020.10.23
【歴史文化学科 歴史学研究コース】歴史文化学科天野忠幸准教授が天理参考館・天理図書館創立90周年特別展で講演します。
2020.10.23
【国文学国語学科】天理大学客員教授 中江有里氏からのメッセージ
2020.10.20
【歴史文化学科】公開講座「「大和学」への招待—王寺の歴史と文化—」を開催しました。
2020.10.16
【歴史文化学科 歴史学研究コース】歴史文化学科天野忠幸准教授が分担執筆した本が2冊刊行されました
2020.10.15
【教職員のメディア出演・講演情報】天理参考館・天理図書館90周年特別展「大航海時代へ —マルコ・ポーロが開いた世界—」特別展記念講演会「戦国日本、西洋を知る」において、天野忠幸 准教授が講演を行います(2020/11/11)
2020.10.15
【教職員のメディア出演・講演情報】一乗谷朝倉氏遺跡資料館講座「織田信長と松永久秀」において、天野忠幸 准教授が講演を行います(2020/11/28)
2020.10.09
【歴史文化学科 歴史学研究コース】幡鎌一弘教授が校訂に加わった『西宮神社御社用日記』第4巻が刊行されました。
2020.10.07
【教職員のメディア出演・講演情報】NHK徳島放送局「あわとく 忠義の武将はなぜ悪人に?」にて天野忠幸 准教授の解説が放映されます(2020/10/9)
2020.10.05
【教職員のメディア出演・講演情報】本学 文学部歴史文化学科 天野忠幸 准教授の解説が読売新聞に掲載されました。
2020.09.29
【歴史文化学科 歴史学研究コース】『月刊大和路ならら』の連載「新大和人物志」に幡鎌一弘教授が寄稿しました。

文学部の特色

天理大学文学部では、国文学国語学科と歴史文化学科の2学科を設けています。豊かな文化財や史跡が残る大和に位置し、世界的に名高い天理図書館、天理参考館(博物館)の豊富な文献・資料を駆使した実証的・臨場的な教育・研究が大きな特徴となっています。また、両学科ともに特色あるカリキュラムを設け、精鋭の教授陣をそろえて少人数制によるきめ細やかな指導を行っています。

本学部には教職や司書、学芸員などの資格取得希望者が多く、県の内外に、教員や学芸員などを多数輩出しています。卒業後は、学びをさらに究めるために大学院に進学する学生もいます。
  • 歴史遺産と、国宝級の蔵書・史料に恵まれた学びの環境
  • 世界が注目する天理図書館
  • 世界の歴史を旅する天理参考館(博物館)
  • 少人数制によるきめ細やかな指導

文学部の教育目標

恵まれた歴史的文化環境のもとで、天理図書館・参考館の豊富でかつ貴重な文献・資料を活用し、わが国の言語文化と、歴史や民俗に対する専門的知識を修得します。さらに、国文学、国語学、歴史学、考古学、民俗学という伝統的な学問体系を継承しつつ、複眼的な思考や発想を導き出せる感性豊かな教養を獲得します。
  • 自ら企画・調査し、発表できる能力の養成
  • 文化財を調査・記録する能力の養成
  • 明確で豊かな日本語の表現能力、対話能力の養成

受け入れ方針と養成する人材像

文学部では、
  • 文学や歴史が好きな人
  • 古い書物や日本語に関心をもつ人
  • 野外調査や博物館・史跡巡りに興味のある人
を求め、4年間の教育をとおして、
  • 自ら企画・調査・考察した内容を、的確で効果的に発表できる人材
  • 専門的な知識や技術を活かし社会で活躍できる人材
  • 国際社会に通用する幅広い教養を備える人材
  • 文化財を調査・記録できる人材
  • 豊かな日本語の表現能力を持つ人材
に育てます。
(具体的な養成する人材像は、各学科・専攻でそれぞれ設定しています)

文学部の学科・専攻

このページの先頭へ