天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 柔道五輪3連覇の野村忠宏さんと2015世界柔道金メダルの大野将平選手が本学を表敬訪問
 【体育学部・体育学研究科体育学専攻】

柔道五輪3連覇の野村忠宏さんと2015世界柔道金メダルの大野将平選手が本学を表敬訪問

8月29日の全日本実業個人選手権をもって現役を引退した、アトランタ、シドニー、アテネオリンピックの柔道60キロ級金メダリストの野村忠宏(ミキハウス、天理大学体育学部1997年卒)さんと、2015世界柔道で個人73キロ級と団体戦で金を獲得した大野将平選手(旭化成、天理大学大学院体育学研究科在籍)が、9月9日、穴井隆将柔道部監督(体育学部講師)の案内で本学を表敬訪問し、飯降政彦学長に引退と金メダル獲得の報告をした。

飯降政彦学長からお二人に労いと激励の言葉

お二人の挨拶(下に要旨)の後、飯降学長から野村さんには、「オリンピック3期連続で金メダルを獲得する偉業を成し遂げられ、天理柔道の名前を世界中に広め、校名発揚の上に頑張ってくださったことに全学を代表してお礼を申し上げる。今後は、野村選手に続く後輩を育てていただき、天理柔道のみならず日本柔道を世界に広める役割を果たしてほしい」と労いと期待の言葉を贈った。大野選手には、「2年ぶり2回目の金獲得は自分の心を鍛えた成果であり、これからも精進してリオを始め東京オリンピックを目指して、野村選手に続く選手になってほしい」と激励の言葉を贈った。その後、お二人に花束と記念品を贈呈した。
  • 野村忠宏さんあいさつ
野村柔道を育ててもらった天理大学に感謝

8月29日の全日本実業個人選手権をもって、長い現役生活から引退をすることになった。私の父が天理高校の柔道部監督だったこともあり、長年天理柔道とは深い関係でお世話になった。私も天理中学校、天理高校、天理大学、そして卒業後も母校の天理大学で天理柔道を学ばせていただき、その中でオリンピック3回連続の金メダルも獲得できた。けがで苦しんだが、ここまで柔道選手として自分の思いを貫いて、とことん柔道と向き合って、最後は笑顔でやり切った。天理で柔道を学び、天理柔道で世界を取って、最後は負けたけれど、大きな拍手と温かい言葉で現役引退を一緒に喜んでもらえて、すごく素敵な、素晴らしい現役としての柔道人生を送れたと思う。本当に自分の柔道、野村柔道を育ててもらった天理大学に感謝している。

  • 大野将平選手あいさつ
リオの金メダル獲得に向けて、日々努力

個人と団体と2つの金メダルを持って帰ることができて本当にうれしく思っている。最初に世界柔道で優勝したのが大学4年のときで、今は旭化成に所属しながらも天理大学の道場で稽古をさせてもらい感謝している。今回は優勝したが、来年のリオオリンピックの代表選考は気が抜けない状況が続くので、今後さらに気を引き締めて、最終目標であるリオの金メダル獲得に向けて、日々努力をしていきたい。今後とも応援よろしくお願いしたい。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ