天理大学

  1. HOME
  2. 教育・研究
  3. 附属おやさと研究所
  4. 附設研究室
  5. 天理ジェンダー・女性学研究室
附属おやさと研究所

天理ジェンダー・女性学研究室

 1999年9月に開設された天理ジェンダー・女性学研究室(Center for Gender and Women’s Studies)は、『グローカル天理』において最新のジェンダー・女性学研究情報の発信と啓発に携わりながら、本学宗教学科ならびに天理教海外部の協力の下、国内外の「宗教とジェンダー」研究者の招致および受け入れが可能な、日本における数少ない研究機関として機能してきた。

 2002年3月には、アメリカを代表するエコフェミニストで倫理学者のカレン・ウォレン氏を招き、国内のジェンダー・宗教研究者とともに「エコフェミニズムの可能性」国際シンポジウムを開催した。宗教との関連からエコフェミニズムを捉え返すこの企画は、本邦初の試みである
 当研究室は、特にアジアにおける「宗教とジェンダー」研究に力を入れている。その一環として、2002年8月には、フィリピンの聖スコラスティカ大学学長のシスター・メアリー・ジョン・マナンザン氏を招き、研究所員と宗教学科教員を交え、懇談を行った。  2004年2月には、おやさと研究所特別研究報告会(天理ジェンダー・女性学研究室との共催)において、イギリスの著名なフェミニスト神学者、アーシュラ・キング氏の講演「ジェンダーと宗教研究」が実現した。(概要は『おやさと研究所年報』第11号、2005年を参照)。
このページの先頭へ