天理大学

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 国際学部
  4. 地域文化学科日本研究コース

日本研究コース(留学生対象)

2017年4月新設

日本について学びたい、日本で働きたい、日本での学びを生かして母国で活躍したい…など、さまざまな留学生の志望に対し、新たな「日本学」を提供します。

目指すのは、日本・日本語についての大学からの発信(=学び)と、世界各国から集まった留学生の視点(=研究)のセッションです。

受け身的に学ぶだけでなく、多様な文化背景を持つ仲間同士、または他学科・他専攻・他コースの日本人学生との議論を通じて「新たな日本の本質」「新たな奈良の魅力」を探りたい。そのプロセスが、卒業後社会で活躍するための力になります。

日本を学び、奈良を学ぶ。その魅力や成長の謎を解き明かす。それが将来の力となる。

あらゆる日本語能力に対応した日本語教育を展開

留学生への日本語教育のパイオニアとしての伝統を誇る本学では、日本語初心者から上級者まで柔軟に対応した教授法と、多様なクラスが用意されています。「日本語教員養成課程」もあり、卒業後の進路として日本語教員への道も開かれています。
 

日本文化や社会を学び、未来に生かす

日本の歴史や現代日本について広く教養を身につけるばかりでなく、日本的組織の特性などを経営学的な視点からも学ぶことで、将来、日本の会社で働いたり、また、日本人とビジネスを行う場合にも参考となるような知識を習得します。
 

「ナラロジー」=歴史豊かな奈良をグローバルな視点から学ぶ

奈良は日本という国の歴史の始まりの地として知られていますが、本コースでは、単に歴史的に奈良を見るだけではなく、現代の奈良も含め、グローバルな視点から見なおす試みとして「ナラロジー」という新たな科目名称の下、地域研究として学習します。
 
 

発展日本語A(会話)

大学院進学や、日本企業でのビジネスを目指す人のために、実践的なレベルの日本語会話を教授します。これ以外にも「入門」「基礎」などさまざまなレベルを用意しており、日本語初心者は「あいうえお」から学ぶこともできます。

ナラロジー研究入門

「奈良」は日本の王朝が始まった地であり、シルクロードの品々が集結した国際都市、そして革新を重ね栄え続けるイノベーション都市でもあります。こうした「永遠の国際都市」の本質を探り、世界各地の地域振興に役立てます。

異文化体験活動

奈良を中心に日本各地を訪れ、「日本という異文化」を体感します。城郭・寺社など歴史に触れる体験、伝統芸能など文化に触れる体験、また現在の日本経済や政治、文化について学ぶ体験など、さまざまな機会を用意します。

授業でマンガの制作体験

授業(日本コミュニケーション文化概論 2~4年次)で、プロの漫画家が指導して、マンガ作品を制作します。優秀作品は、「モーションコミック」(動画)の作品として公開されます。

2018.03.20

第1回天理大学マンガ大賞授賞作品がモーションコミックに

記事の続きを読む

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ