天理大学

  1. HOME
  2. 留学・国際交流
  3. 天理大学の国際交流について
  4. 海外実習・研修・派遣プログラム
天理大学の国際交流について

海外実習・研修・派遣プログラム

 学んでいる言語が話される国で様々な体験をする。言葉だけでなく、食べるものも着るものも、考え方まで異なる、そういう文化の中で暮らすのは刺激に満ち た経験です。さらにその言語を学び、留学に挑戦して、語学力を発揮できる仕事に就く。そのような将来の進路へのターニングポイントとなる様々なプログラム を天理大学は提供します。

海外語学実習

 外国語学科の英米語専攻、中国語専攻、韓国・朝鮮語専攻では、語学能力を実践の場で磨く機会として、2年次に全員が必須授業の一環で、各言語の使用国で約3週間、語 学のトレーニングを受けるとともに現地での体験を通して国際人としての感覚を身につけることを目的に「海外語学実習」を実施しています。



異文化実習

 地域文化学科のアジア・オセアニア研究コース、ヨーロッパ・アフリカ研究コース、アメリカス研究コースでは、語学・文化を体感するため、提携大学での語学研修や学生と の交流、美術館・博物館や史跡を巡っての研修、ホームステイなど各言語コースそれぞれに特色あるプログラムを組んでいます。

国際スポーツ交流実習

 全学部・大学院生を対象に、競技能力の有無にかかわらず「スポーツが好き」、「スポーツに関することを学びたい」、「みたい、体験したい」、その気持ちを持つ学生達の参加を求めて います。これまでカンボジアと、協定校のドイツ(マールブルク、ケルン)で開催しています。 ドイツにおけるスポーツ交流実習は、ケルン体育大学を訪ね施設見学、実践的ワークショップをした後、マールブルク大学へ移動し、ここで1週間の実習を行い ます。午前中には初めてのドイツ語研修。午後は大学施設や市と市民の協力で、GPSを活用したスポーツツーリーングなどさまざまなスポーツ体験と交流をします。 

日本語教員養成課程海外実習

 急速にグローバル化が進む今日、外国人のために日本語を科学的に教えられる人材の需要が日々高まっております。本学では日本語教育に必要な、知識、技術そしてコミュニケーション能力を体系的に高められる機会を提供しています。実習先は国内はもとより、ニューヨーク、パリ、台湾の三箇所ともパートナーシップを結んでおり、海外の現場で外国人学生に日本語を教える経験も積むことが出来ます。

天理日仏文化協会半年研修プログラム

  本学の分校「エコールド・パリ」でのフランス語講座を受講し、語学力に磨きをかけ、その後に日本語学校でのインターンシップにも挑戦できる半年研修プログラムです。
 今年度の天理日仏文化協会半年研修プログラムの研修生を下記の通り募集いたします。
 
研修先 : 天理日仏文化協会(フランス共和国・パリ市:本学パリ分校)
研修名 : エコール・ド・パリ・プログラム  
募集人数: 3名(予定)
期 間 : 半年間(2020年9月後半~2021年3月後半)
待 遇 : 研修先機関での授業料免除、宿泊施設の斡旋
資 格 : 派遣時 2年次生以上(学部・学科・専攻・コースは問いません)
申込先 : 国際交流センター室(3号棟1階)
申込期限: 2020年8月10日(月)
提出書類: (1)本学所定の「日仏半年研修願」、「日仏半年研修計画書」
(2)小論文:「フランス研修で何を学ぶか」(1,500字以上,書式は自由)
(3)フランス語および英語の学習履歴(機関、期間、到達レベル 書式は自由)
問い合わせ: 天理大学 国際交流センター室 
 
※新型コロナウイルスの感染拡大や世界情勢等の影響により、本プログラムが中止・延期となる場合があります。

ふるさと会海外研修基金

 天理大学の同窓会組織「ふるさと会」では、天理大学生の海外雄飛を支援するため、基金を設けて皆さんの海外研修を推奨しています。
卒業論文のための現地調査や資料収集はもちろん、ぜひそこへ行ってみたい、どうしても自分の目で確かめてみたいものがある、一度海外を体験してみたいと思っている人には、格好の研修制度です。あなたもぜひ応募してみませんか。

在外公館派遣員制度

南アフリカ、現地スタッフと共に
 世界中の在外公館(日本大使館、総領事館など)に民間青年を派遣し、主に来訪者の便宜供与にあたるなど、公館事務を側面からサポートする制度です。外務 省の委嘱を受けて社団法人国際交流サービス協会が「在外公館派遣員」の募集・選考を行っています。合格すれば、休学して在外公館に2年間派遣されることに なります。天理大学では、過去38名の派遣員がのべ24カ国の公館で活躍してきました。
(過去の派遣実績については、下の表をご参照ください。)
赴任期間赴任国
1989年~1991年セネガル、韓国
1992年~1994,95,96年タイ、韓国、香港、ソビエト
1994年~1996年カンボジア
1995年~1997,98年カザフスタン、ウズベキスタン
1996年~1998年ドイツ
1997年~1999年スリランカ
1998年~2000年中国
2000年~2002年ブラジル
2001年~2003年タイ、南アフリカ、ロシア、フィンランド
2003年~2005年グアテマラ
2004年~2007、08年タイ、ブラジル、モザンビーク
2005年~2007年コスタリカ
2006年~2008年東ティモール、トルクメニスタン
2007年~2009年タイ
2008年~2010年東ティモール
2009年~2011年 ベラルーシ
2010年~2013年韓国
2011年~2014年ウズベキスタン
2012年~2015年ボツワナ、タイ
2013年~2016年ギニア、ジブチ、メキシコ、韓国
2014年~2017年ロシア、ウズベキスタン、パキスタン
2015年~2016年、18年ガボン、ボツワナ、マラウイ、パキスタン
2016年~2017年、18年コロンビア、チリ、ドイツ
2017年~2019年オーストリア
このページの先頭へ