第300回トーク・サンコーカン「古代アンデスの土器づくり」 関連施設附属天理参考館

講演趣旨

古代アンデスで土器製作が始まるのは紀元前1800年頃です。その遅さにもかかわらず、各地でユニークな造形の土器がつくられました。そのため、古代アンデスの土器研究では、造形や図像の分析が中心となっていました。しかし近年では、土器製作に関する学際的な研究成果が多く発表されるようになっています。本講演では、ペルー北海岸に焦点を当て、窯などの製作址(せいさくし)を紹介しながら、土器製作がどのように行われていたかを紹介します。

日時 2023年2月23日(木・祝) 午後1時30分~2時30分
講師 荒田 恵(天理参考館学芸員)
場所 天理参考館 2階ホール
定員 30名

【事前申込制】受付開始:2023年2月1日(水)午前9時30分~

講演会の申込み方法はこちら

天理参考館ホームページはこちら

鐙型注口壺(ジャガーとサボテン) ペルー北海岸/クピスニケ様式 形成期中期(前1200年頃~前800年頃)

関連リンク

ページ先頭へ