天理大学

  1. HOME
  2. 教育・研究
  3. 私立大学研究ブランディング事業

私立大学研究ブランディング事業

新着情報

2020.01.24
New【社会連携】「TENRIスポーツフェスタ」を開催
2019.12.25
【私立大学研究ブランディング事業】「動スル?プロジェクト」特設ウェブサイト公開のお知らせ
2019.12.24
【社会連携】硬式野球部公開練習
2019.12.19
マップを見て、走りだそう。天理大学生がランニングマップを作成・配布
2019.12.18
【お知らせ】奈良マラソン2019に「ゆるラン教室」のメンバーが出場
2019.11.28
【社会連携】「第一回ホスピタルフットボール大会」 スポーツで病室の子どもたちとつながろう
2019.11.14
【社会連携】ホッケー部公開練習
2019.11.13
【ソフトボール部】ソフトボール部がティーボール教室でボランティア
2019.11.07
【地域連携】バドミントンの楽しさを知り、健康を意識する機会に
2019.11.06
【お知らせ】健康関連体力を知り、運動への意識を高めよう
2019.11.05
【地域連携】天理市及びコカ・コーラボトラーズジャパン株式会社とスポーツ振興及び健康づくりの連携に関する協定を締結
2019.10.02
【社会連携】ラグビー部公開練習を開催
2019.09.13
【社会連携】天理大学で「柔道公開練習」開催
2019.09.10
【社会連携】ことばでスポーツを支えたい。本学学生が、世界柔道2019に通訳ボランティアとして参加
2019.07.04
【社会連携】“一手一つ”のプレーを。私立大学研究ブランディング事業“UNITY OF MINDS” MATCHを開催
2019.06.28
【私立大学研究ブランディング事業】“UNITY OF MINDS” MATCHを開催
2019.06.20
【お知らせ】「ゆるラン教室@天理大学 」始まる
「動スル?プロジェクト」の特設ウェブサイトはこちら

天理大学スポーツブランドを活かした地域のスポーツ・健康づくり研究拠点の形成

事業概要

天理大学と天理市地域が中心となって、習慣的にスポーツと運動に参加する人や関心のある人、すなわちスポーツを「する」「観る」「支える」人を“増やす”ための研究を通じて、人々が心身ともに豊かな生活を送ることができる研究拠点の形成を目指します。
 この事業を通して、子どもの体力向上、中高年者の健康増進、高齢者の介護予防、地域福祉の推進に向けてスポーツや運動実践を通じた健康づくりを進めていきます。

年次計画

進捗状況

実施体制

本研究事業の<1.学内の実施体制>、<2.自己点検・評価体制>、<3.外部評価体制>、<4.学外との連携体制>は下記の通りとなります。

研究紹介

本研究事業では、「天理大学スポーツブランドを活かした地域のスポーツ・健康づくり研究拠点の形成」を目的とし、天理市地域が中心となってスポーツを「する」「観る」「支える」人を増やすことで、心身ともに豊かな生活を送ることができるような生涯スポーツライフ社会の実現を目指します。そのために、次の2つの研究チーム、6つの研究ユニットを組織し、相互に連携しながら研究活動を行い、最終目標の達成を目指していきます。

資料

関連リンク

このページの先頭へ