天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. メキシコの大学生とスペイン語によるオンライン交流会を開催
 【スペイン語・ブラジルポルトガル語専攻】

メキシコの大学生とスペイン語によるオンライン交流会を開催

スペイン語・ブラジルポルトガル語専攻では、天理大学の協定校である、メキシコのプエブラ栄誉州立自治大学の学生とオンラインによる交流会を、6月から7月の毎週金曜に開催しました。

この企画は、コロナ禍によって海外留学が制限される中、海外の学生との交流を通して、少しでもコミュニケーション能力を高めるとともに、異文化理解を深めることを目的に行われたものです。

プエブラ栄誉州立自治大学(プエブラ大学)からは、同校の山本明子准教授(本学卒業生)のもとで日本語を学ぶ学生を中心に2〜5名が、また本専攻からはスペイン語を専攻する3年生の2〜4名が参加しました。

教員による趣旨説明のあと、プエブラ大学の学生は日本語で、本専攻の学生はスペイン語で、それぞれ自己紹介。その後、学生同士のフリートークに移りました。はじめはお互いが緊張しぎこちなかったものの、会話が進むにつれてすぐに打ち解けた雰囲気になりました。

趣味や好きな食べ物、週末の過ごし方といった軽い話題から、お互いの国のイメージやコロナ禍の中で感じたこと、また卒業後の進路についてなど、幅広いテーマに会話は発展し、予定していた時間を大幅にオーバーするほど、内容の濃い充実したオンライン交流会となりました。

参加した学生のコメント

「これまでのオンライン授業でZoomには慣れていたのですが、はじめはすごく緊張してほとんど話ができませんでした。でも、プエブラの学生さんたちが日本語で一生懸命話そうとする姿に刺激を受けて、私も徐々にスペイン語で会話ができるようになっていきました。
交流会の後半は、スペイン語での会話がスムーズになりました。お互いの好きな料理やお菓子、音楽などを知ることができたり、日頃感じていることを語りあうことができたりと、とても面白いかったです。予習をしっかりとして次の機会にも挑みたいと思います。」


スペイン語・ブラジルポルトガル語専攻では、Zoomを活用したスペイン語によるオンライン交流会を春学期に計5回開催。夏休み明けからも継続的に実施していく予定です。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演・講演情報・教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ