天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 魯 ゼウォン教授 著書「海峡都市・下関市の生活世界」が2020年3月発行。
 【教職員の新刊案内】

魯 ゼウォン教授 著書「海峡都市・下関市の生活世界」が2020年3月発行。

学文社、2020年3月発行、3200円+税

本州の最西端に位置し、南の関門海峡を挟んで九州と相対し、西には周防灘(瀬戸内海)、東には響灘(日本海)の三方を海に囲まれ、朝鮮半島・中国大陸に近い「下関市」を研究対象に、この地理的特性ゆえに形成されてきた固有の都市的世界—その生活世界—に着目し、「交流・連携」「在日コリアン」「まちづくり」の3つの分析視点から社会学的実証研究を試みる。下関市が将来にわたって「持続可能な都市」となるための方途・活路を解明する。魯教授は、韓国との交流・連携、朝鮮通信使、在日コリアンの生活世界を執筆し、これらが人口減少時代における地域再編の新たな地域資源となることを主張する。

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

メディア出演・講演情報・教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ