天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 第19回外国人留学生スピーチ大会で天理大学生が1位を獲得
 【日本研究コース】

第19回外国人留学生スピーチ大会で天理大学生が1位を獲得

 12月1日、第19回外国人留学生スピーチ大会が奈良女子大学記念館講堂で行われ、天理大学国際学部地域文化学科日本研究コースのディミトリ アディマス パルグナ マイトレア(1年生・インドネシア)さんが「夏のアジア大会を手伝って」の演題で出場し、見事、1位(優秀賞)を獲得しました。

今回の大会は奈良地域留学生交流推進会議設立30周年記念事業の一環として開催され、県内の8大学(短大を含む)から、それぞれ代表1名が参加しました。

登壇したディミトリさんは、第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)のサッカー中継で、NHKのクルーの通訳を行った経験を、観客に語りかけるようにジェスチャーを交えながら、明るい笑顔で伝えました。他大学の出場者も、自分の思いや考えを流暢な日本語で語る非常にレベルの高いスピーチ大会の中、ディミトリさんが見事1位を獲得しました。本学の学生が1位を獲得したのは8年ぶりです。

当日、大会会場には、インドネシアからの本学留学生が中心となって応援に駆けつけ、ディミトリさんに盛大な声援を送りました。
 
 

ディミトリさんインタビュー

 「今までスピーチ大会に出たことがなく、先生に勧められ戸惑いましたが、思い切って参加しました。原稿を書くのは難しかったですが、先生にアドバイスをもらいながら何回も推敲を重ねました。大会は、どの大学生のスピーチもレベルが高く不安でした。しかし、会場に来てくれた友達の応援もあり、最善を尽くすことができました。表彰式で1位と言われた時は、驚きましたがとても嬉しかったです。今後またスピーチ大会があったら参加したいです。」

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

教職員の新刊案内

シラバスを見る

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

附属おやさと研究所

学校法人天理大学

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ