天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 倉持史朗准教授の著書が出版されました。
 【人間関係学科社会福祉専攻】

倉持史朗准教授の著書が出版されました。

このたび、社会福祉専攻 倉持史朗准教授の『監獄のなかの子どもたち—児童福祉史としての特別幼年監、感化教育、そして「携帯乳児」』(六花出版)が出版されました。 

本書は、倉持准教授が2016年度・社会事業史学会(2016年5月・石巻専修大学)において「吉田久一研究奨励賞」を受賞した論文をもとに、研究書として刊行したものです。
本書では、近代日本の監獄(刑務所)における非行・犯罪少年処遇とそれに関する福祉・教育的改革の方向性について検討しました。また、母親の罪によって監獄(刑務所)で生まれ育つ「携帯乳児」とよばれる乳幼児の存在について、初めてその実態と問題性を明らかにした貴重な研究書でもあります。
 

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ