天理大学

  1. HOME
  2. ニュース・トピックス
  3. 第21回 国際宗教史宗教学会(IAHR)に参加。
 【宗教学科】

第21回 国際宗教史宗教学会(IAHR)に参加。

第21回 国際宗教史宗教学会(IAHR) 8月23日(日)~29日(土)

5年一度、世界の各地で開催される第21回国際宗教史宗教学会(IAHR)が、ドイツのエアフルトで開催されました。

天理大学・宗教学科からは、澤井義次教授及び岡田正彦教授が参加し、それぞれパネル発表をしました。

会期中は、世界中から1,400人近い宗教研究者が集い、各所でさまざまな意見交換や交流が行われました。

澤井義次
Panel Chair: Yoshitsugu Sawai, Toshihiko Izutsu and Oriental Religious Thought | Thursday, August 27, 3:30-5:30 p.m.
Panel Chair: Gregory Alles, Naturalizing Rudolf Otto? | Yoshitsugu Sawai, A Semantic Perspective on Otto’s Theory of Religion | Thursday, August 27, 9-11 a.m.
 


岡田正彦
Panel Chair: Masahiko Okada, Buddhism, Science, and Ideology in Modern Japan | Thursday, Aug 27 | 9-11 a.m.

クラブ・サークル

広報誌『はばたき』

シラバスを見る

動画で見る天理大学

情報ライブラリー

学術情報リポジトリ

iCAFé_

附属天理図書館

附属天理参考館

災害復興支援について

天理大学の自己点検・評価活動

寄付のご案内

このページの先頭へ